DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービス

leave a comment »

 
■ユネスコでは、電磁波がテロリストに使われる可能性を取り上げる会議が昨年開催された。また、『非殺傷兵器に関する欧州シンポジウム』では2009年に初めて、「プライバシーを侵害するような遠隔捜査と、行動に影響させる応用例」をとりあげた、非殺傷兵器の社会的意味に関するセッションが行なわれた。自分は標的になっていると信じる人たちが、少しずつ公認を得てきているのだ。(WIRED引用)
 
 
■これを新しいビジネスチャンスとする人々もいる。すでに相当数の企業が進出し、「技術的監視対策」(TSCM)や、電子ハラスメントの診断調査などを提供している。こうした企業のサービスでは、通常の盗聴器の探知に加えて、「頭痛、目への刺激、めまい、吐き気、肌荒れ、顔のむくみ、虚弱、疲労、関節や筋肉の痛み、耳鳴り」を引き起こす可能性のある、マイクロ波によるひそかな攻撃をチェックできる。(WIRED引用)
 
社団法人 日本ユネスコ協会連盟
http://www.unesco.jp/
 
■日本語で「国際連合教育科学文化機関」を意味するユネスコ(UNESCO)は、国際連合の専門機関として、共に生きる平和な地球社会の実現をめざし、官民協力によるさまざまな活動を行っています。
 
日本ユネスコ国内委員会(文部科学省)
 
■日本ユネスコ国内委員会は、「ユネスコ活動に関する法律」(昭和27年法律第207号)に基づき、文部科学省内に置かれる特別の機関で、教育・科学・文化等の各分野を代表する60名以内の委員で構成されています。
 
■【国内委員会とは】
「国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)憲章」第7条に示す「国内協力団体」として、ユネスコ加盟国が、教育、科学及び文化の事項に携わっている自国の主要な団体・者をユネスコの事業に参加させるために設立するもので、我が国では、「ユネスコ活動に関する法律」第5条に基づき昭和27年(1952年)に設置されました。
広告

Written by denjihajapan

2009/09/16 @ 03:25

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中