DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

ヘイトクライム

leave a comment »

■ヘイトクライム(Hate crime、あるいはBias crime)とは、ある人種、民族、宗教、性愛の有様など、「異なる集団に対する偏見・差別・蔑視」感情などが元で起こされる犯罪行為、とくに暴行、脅迫、殺人などの暴力犯罪を指す。
 
■一部の国々では、ヘイトクライムはその他の犯罪よりもより重い刑を課す法改正が行われ運用されているが、日本ではそのような立法は行われていない。 それは、一つには、暴力行為、特に殺人で相手に対する冷酷・憎悪が伴わないことなど刑法上の動機の定義上ありえないことから特定の「憎悪」を加重処罰する合理性に欠けるからであるとされる。これに対して刑法の故意とは当該結果の発生を予見しながら認容し、当該実行行為に及ぶことにすぎず、相手に対する憎悪などは故意の要件ではないことから、故意とは別に特定の、主観的超過要素を構成要件とする犯罪としてヘイトクライムを規定することも可能であり、またその成立に主観的超過要素を要求する犯罪は刑法ではいくつか存在していることなどから重罰規定の合理性は存在するという反論もある。しかし、前述のように、殺人に伴う数ある主観的要素のうちヘイトクライムのみを抜き出して重い刑を科すことの合理性、およびその成立範囲の不明確さの問題もあり現在のところ日本では、そのような立法は行われていない
 
■また、社会学的なヘイトクライム重罰規定に対する批判として、ヘイトクライム重罰規定の条件となるのは差別・偏見に基づく憎悪であることが一般的で、「冷酷・憎悪」一般を問うものではなく、社会的立場に基づく主観的超過要素である。よってヘイトクライム重罰規定は動機のポリティカル・コレクトネスによるものであるとして保守派やリベタリアンおよび一部の人権論者などからの批判が存在する。
 
■ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness, PC)は、言葉の表現や用語に人種・民族・宗教・性差別などの偏見が含まれていない公平な表現であることを指す。1980年代に多民族国家アメリカにて始まった、「用語における差別・偏見を取り除くために政治的(Political)な観点から見て正しい(Correct)用語を使う」、という意味で使われる言葉である。またこれらの「偏った用語を追放し中立的な表現を使用しよう」という運動のみでなく差別是正全体を指す事もある。この運動は日本にも持ち込まれ、いくつかの用語が修正されるに至った。ポリティカル・コレクトネスは名詞形で、形容詞形は「ポリティカリー・コレクト」(politically correct) となる。また、日本語では「政治的に正しい」と訳される場合がある
 
[記事引用:wikipedia]
 
※関連リンク
■テクノロジー犯罪被害ネットワーク(http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
 
広告

Written by denjihajapan

2009/10/09 @ 02:15

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中