DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

衛星通信

leave a comment »

 
■通信衛星(communications satellite)は、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)等と略される。その出力が大きく、使用目的が衛星からの直接放送であるものを特に放送衛星(BSまたはDBS)という
 
■現在では、ほとんどの通信衛星は静止軌道(正式には地球同期軌道)または準静止軌道を用いるが、最近は低軌道・中軌道の衛星コンステレーションを用いた通信システムの例もある。また、ロシアでは、高緯度地域という地理的条件により、モルニヤ軌道の通信衛星を用いる例もある。軌道の特性についての説明は人工衛星の軌道を参照のこと。通信衛星は光ケーブルを用いた海底ケーブルと相補的な技術を提供するものである
 
■受動型通信衛星、能動型通信衛星、静止通信衛星、低軌道衛星などがある
 
■利用する電波の周波数を自由に選べ、また衛星の構造が単純なので故障もしにくいという長所がある
[記事引用:WikiPedia]
 
広告

Written by denjihajapan

2009/10/14 @ 15:47

カテゴリー: 応用研究

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中