DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

電磁波による個人の特定について

leave a comment »

※関連リンク
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20021103/f1105.html(2002年の記事)
 
電圧の変化パタ-ンが個人個人で異なっていることが最近の研究で明らかになった。
電磁波のパタ-ンを感じ取ることが出来れば、それが誰なのかを判断することが出来る
 
■ソニー・ユビキタス技術研究所の滝口清昭研究員によれば、人間が歩く際に発する電磁波には個人個人で独自のパタ-ンがあり、犬が、この電磁波の違いを感じ取ることが出来れば飼い主と他人を区別することが出来るという。
 
■実は、電磁波というのは、その元となっている電圧の変化と同じパタ-ンで現われる。この電圧の変化パタ-ンが個人個人で異なっていることが最近の研究で明らかになった。つまり、電磁波のパタ-ンを感じ取ることが出来れば、それが誰なのかを判断することが出来ると考えられるのだ。
 
■では、人間が感じている『気配』の正体も電磁波である可能性はないのか?しかし、平沢教授によれば、人間から発生する電磁波は非常に微弱なため、電磁波に敏感な犬などの動物ならともかく、人間が感じ取るのは不可能だという。しかし滝口研究員によれば、人間が歩く際の電圧の変化であれば『人体アンテナ現象』によって離れた場所にいる人にも全く同じ状態で伝わるという。しかも、人間は体に伝わった微弱な電気を感じることができるという。
 
※東京大学生産技術研究所(滝沢研究室)
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/cgi/teacher.cgi?prof_id=takiguci&eng=
[記事引用:NTV]
広告

Written by denjihajapan

2009/10/31 @ 23:45

カテゴリー: 応用研究

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中