DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

電子メールの遅配

leave a comment »

電子メールの配送が、ここ2週間特に遅れている。メッセージを送ってから相手の元に届くまでに何時間もかかるのだ。この突然の遅れの原因は、政府の情報機関による新しい監視プログラムのせいではないかという憶測が飛び交っている(2001)
 
 
■米国をはじめとする各国政府は、電子通信の監視は、テロリズムとの闘いの一要素だと語っている。そしてブッシュ大統領は24日、メディア各社に対して、情報収集の方法については「明らかにしない」つもりだと述べた
 
■いくつかのISPが、自社のネットワーク・アーキテクチャーに変更を加え、すべてのメールが通過しなければならない単一の点検ポイントを設定した可能性もある
 
■メール監視が影響しているという説についてだが、もし政府が電子メールを監視しようとするなら、一番ありうる方法は、カーニボーやエシュロンといった情報収集システムによる電子通信の傍受だ、連邦当局はカーニボーという盗聴プログラムの存在を認め、システムの働き方すら詳細を公開している。いっぽう、エシュロンについては今後も語らないはずだ
 
※『DCS1000』という名称でも知られるカーニボーは、電話の盗聴のしくみに似ている。一般に「パケットスニッファー」と呼ばれる市販の製品を用いてデータの盗聴を行なう
 
※インターネット上を移動する情報は「パケット」という小さな塊に分けて処理される。こうした小さなデータの塊が送信されるときに、パケットスニッファーはデータをつかまえる。悪意あるハッカーや情報機関はパケットスニッファーを用いてデータを盗聴する。逆にネットワークの管理者は、ネットワークのパフォーマンスを分析するためにパケットスニッファーを利用する
 
■エシュロンによる監視もメール遅配の原因ではなさそうだと、フォーノCTOは述べる。エシュロンは主に衛星を基盤にした通信ネットワークで送られる電話やファックス、電子メールから、カーニボーと同種のパケットスニッファーを使用して情報を収集する
 
※アシュクロフト司法長官は、議会に対し、警官や捜査官が電話の盗聴、強制捜査、資産の差し押え、テロリスト容疑者の拘留を行なう権限を拡大する法案の可決を促したのだ
※議員の多くは何らかの法的手段の強化が必要だという点では同意しているが、その過程で市民的自由を踏みにじりたくはない、と主張する
 
■「過去の経験が教えてくれるのは、テロリズムに対抗する今日の武器が、明日は法を守る米国民に対する武器になるかもしれないということだ」と、ミシガン州選出のジョン・コニヤーズ下院議員は述べている
 
[記事引用:WIREDVISON]
広告

Written by denjihajapan

2009/11/13 @ 20:48

カテゴリー: 情報セキュリティ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中