DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

Archive for 1月 2010

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[7:ニューロトランスミッター2]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[7:アセチルコリン]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■コリン作動性神経破壊は記憶と注意力を損なう:顕著な統合失調症の特徴、アセチルコリン変化(変質)を示されるにもかかわらず、全体的な増加または減少のいずれかの証明は決定的ではありません(不確定)
 
※コリン作動性:神経線(繊)維のうち,神経伝達物質がアセチルコリンであるもの
※Cholinergic System:コリン作動性神経
※アセチルコリン:塩酸塩は,C7H16ClNO2 (mw181.66).(CH3)3N(Cl)-CH2CH2O-OC-CH3.神経伝達物質の一つ.副交感神経節前,節後,交感神経の節前,運動神経などに分布する.脳にも広く分布.刺激で分泌されてレセプターに結合し,速やかに加水分解されて活性を失う.アセチルコリンエステラーゼ阻害剤は猛毒
 
■同様に不確定(であること)は、アセチルコリンへのマイクロ波のかけねなしの影響(効果)です
 
■マイクロ波はアセチルコリン・エステラーゼの活性を不活性にし、スコポラミン抗コリン作用効果を無効(無効)にする
 
※アセチルコリン・エステラーゼ(acetylcholinestrase):アセチルコリンを特異的に加水分解して失活させ、その興奮伝達作用を終了させる。阻害されると神経麻痺(まひ)を起こす。
※スコポラミン(scopolamine anticholinergic):アセチルコリンのムスカリン受容体への結合を競合的に阻害する。これにより虹彩括約筋の弛緩による散瞳、眼内圧の上昇、レンズ調節の麻痺、心拍数の上昇、消化管の緊張や運動の抑制などを引き起こす。眼内圧を上昇させるため緑内障患者での使用は禁忌。ブチルスコポラミン臭化物の注射液(商品名・ブスコパン注射液など)は、消化管の運動を抑えるので、消化管のX線及び内視鏡検査の前処置によく使われる。
 
■しかしながら、深刻(激しい)なネズミへのマイクロ波被爆(照射)は、ソディウム(ナトリウム)に依存するコリン摂取・アセチルコリン合成における転送速度制限ステップ(段階)を減少させ、前頭皮質は特に、パルスまたは連続波を受ける線条体に従う(結果が生じる)
 
※線条体(striatum):終脳の皮質下構造であり、大脳基底核の主要な構成要素のひとつである。線条体は運動機能への関与が最もよく知られているが、意思決定などその他の神経過程にも関わると考えられている。
 
■しかし唯一、脈拍(脈動)は、海馬のコリン摂取で減少した。
海馬と線条体は大脳辺縁系の構造体(統合失調症患者の病気の原因で顕著な脳神経構造(組織))です。
 
■この神経構造(組織)は、マイクロ波生態効果(影響)にも難解に関連している。
 
■マイクロ波被爆(照射)の海馬シータリズム(4-7Hzの脳波)の増幅は、組織学的と解剖学的な変更(改変)の報告とともに観測される
 
※theta wave:(4-7Hzの脳波) シータ波
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/01/25 at 23:19

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[6:ニューロトランスミッター1]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[6:ドーパミン・セロトニン・GABA]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■統合失調症とマイクロ波照射の両方が脳内ドーパミン変更(変化)にかかわります
 
※ドーパミン(dopamine):脳内の神経伝達物質
 
■多くは長い間、陽性の統合失調症の症状は、特異なドラッグ効果に基づくドーパミン増加を結果として考えられてきた
 
■しかしながら、陰性症状の統合失調症は、ドーパミン代謝物、ドーパミン受容体、およびドラッグ研究が示すドーパミンの減少が調査結果である
 
※メタボライト(metabolite):代謝物
 
■行動変化において、ドラッグ研究成果、および酸素変更(改造)に基づいて、マイクロ波照射もまたドーパミン減少を示している
 
■他の神経伝達物質の変更(改造)は、マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の両者とも一致する。
 
※ニューロトランスミッター(neurotransmitter):神経伝達物質
 
■脳組織検死分析・脳脊髄液・およびドラッグ研究で統合失調症患者のセロトニン減少が発見される
 
※脳脊髄液(cerebrospinal fluid、CSF)とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体である。弱アルカリ性であり、細胞成分はほとんど含まれない。略して髄液とも呼ばれる。脳室系の脈絡叢から産生される廃液であって、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っている。一般には脳漿(のうしょう)として知られる。
※セロトニンはヒトを含む動植物に一般的に含まれる化学物質で、トリプトファンから生合成される。人体中には約10ミリグラムのセロトニンが存在しており、そのうちの90%は小腸の粘膜にあるクロム親和細胞(EC細胞とも呼ばれる)内にある。クロム親和細胞はセロトニンを合成する能力を持っており、ここで合成されたセロトニンは腸などの筋肉に作用し、消化管の運動に大きく関係している。ここで合成されたセロトニンの一部(総量の約8%)は血小板に取り込まれ、血中で必要に応じて用いられる。
残りの2%のセロトニンは中枢神経系にあり、これらが人間の精神活動に大きく影響している。日常生活から、うつ病や神経症などの精神疾患(無論全てではない)に至るまでセロトニンの影響が注目されるようになり、近年では、セロトニン系に作用する薬物を用いることによって、これらの疾病を治療することができるようになった。主な薬物に SSRI や SNRI があり、両者共シナプスから放出されたセロトニンの再吸収を阻害する事により、症状を改善する。片頭痛の原因の一つとして知られている(過剰分泌により発症すると見られている)。
※日本ではセロトニンはその効果の大きさから、疑似科学や代替医療の用語としてもしばしば登場する。幻覚を起こすリゼルギン酸ジエチルアミド (LSD) はセロトニンの作用を阻害する。
 
■ネズミのセロトニン代謝物の割合(比率)は、深刻(激しい)なマイクロ波照射(被爆)でセロトニン代謝回転速度(率)の増加を示す。
 
※turnover rate:代謝回転速度
 
■脳内セレトニンの減少は、長期的照射で起こる。
 
■生後から15日間のネズミのマイクロ波照射は、成体(大人になったネズミ)のセロトニンを減少させた。
 
■皮質シナプトソーマGABAの摂取と開放は、統合失調症患者で減少を報告されており、神経細胞のGABAと合成酵素を減少させました。
 
※GABA(γ-aminobutyric acid):抑制性の神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(ガンマ アミノらくさん)
※ギャバは、脳内に存在するアミノ酸の一種。神経の興奮を抑え、腎臓や肝臓の働きを活発にする働きがあり、血圧安定、精神安定に役立つといわれています。ぐっすり安眠すると脳内で生成されますが、睡眠障害などで生成が阻害されるとギャバは不足状態に。ギャバの多い食品をとれば脳内のギャバも増える。
※人工的な膜構造をシナプトソーム (synaptosome) という.単離されたシナプトソームは適度な緩衝液に浸せば,約1時間にわたって,シナプス前終末としての機能を果たす
 
■GABA受容体結合(3H-ムシモールによる)は、マイクロ波照射されるネズミの新皮質(脳)で減少する
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 

Written by denjihajapan

2010/01/24 at 02:05

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[5:音刺激に対しての反応]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[5:音刺激に対しての反応]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■驚愕反射(症状観測用語:音刺激に対しての反応)の統合失調症患者は、定位反応(初めて見聞きするものに興味を示す)と通常喚起される皮膚電気活動が、低いまたは無応答(者)です。
※Startle response(驚愕反射):(症状観測用語)聴覚反応亢進音に対する反応の亢進驚愕反射
 音刺激に対し、驚いて跳び上がるもの、驚いて跳ね回ったり走り回る(時に発声を伴う)
※nonresponder(ノンレスポンダー):薬物などが奏功しない患者、非応答者
※orienting responses(定位反応):人間が(あるいは、ある程度学習能力をもった生物が)生まれてはじめて聞いたり見たり(知覚)する時に「あれ?なんだ?」と興味を示すこと(UR:unconditions response)
※electrodermal activity(皮膚電気活動):電極から誘導される電気活動
 
■マイクロ波職業的被爆(照射)は、ガルヴァニック皮膚応答(心理物理的刺激による感情の喚起に皮膚の電気抵抗が低下)を抑制(阻害)する
 
※GSR[galvanic skin response]皮膚電気反応:ガルヴァニック皮膚応答
心理物理的刺激によって感情が喚起されるときに皮膚の電気抵抗が低下すること。超心理学では、ESPの刺激によってこれが見られるとされ、実験で使用されている。イタリアの生理学者のガルヴァーニにちなんで命名された。
 
■少しまたは驚愕反射(症状観測用語:音刺激に対しての反応)の無い統合失調症患者もいます。
 
■マイクロ波照射(被爆)されるネズミは、(無変調)連続波とパルス波の下で驚愕反射(応答)の減少を示す、雌のネズミの出生前の状態にあるネズミの(マイクロ波)被爆は驚愕(反射)を減少する、ネズミはマイクロ波照射(被爆)でそれほど戦わなくなり、聴覚(音響)効果のパルスマイクロ波を(意図的に)回避する(避ける)
 
※無変調連続波(CW:continuous wave)信号が変化しないため通信機器の測定が簡単な構成でできる。
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/01/24 at 00:11

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[4:デルタ脳波・脳波同調]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[4:EEG delta waves・EEG entrainment]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■旧ソビエトとアメリカの人体(人間)へのマイクロ波被爆(照射)は、デルタ波または遅い波(徐波)の脳波(図)の増加を報告する。
 
※脳波(図)(EEG:Electroencephalogram)ヒト・動物の脳から生じる電気活動
※デルタ波:周波数が 1 Hz から 4 Hz で高振幅の脳波であり、徐波睡眠 (slow-wave sleep) と関連付けられている。デルタ波はノンレム睡眠時のステージIV で最も頻繁に検出され、計測される脳波の50%以上になる。
※障害:健康な成人の覚醒時には、デルタ波の活動の大部分は一般的に計測されない。しかし、複数の研究において、陶酔やせん妄状態の成人や、認知症や統合失調症と診断された成人において、デルタ波が増加していることが示されている。
※ノンレム睡眠「Non-Rapid Eye Movement:Non-REM」いわゆる深い眠りを指す。脳の温度は下がり、体は弛緩して心拍のテンポも遅くなり、眼球は上転してほとんど動かない、「脳も体も休んでいる」状態。さらにノンレム睡眠にも深い時期と浅い時期がある。このノンレム睡眠の深さは睡眠の質とも関係しており、熟睡感に影響すると考えられている。
■ローエンドのマイクロ波聴覚スペクトルとハイエンドスペクトルのパルス周波数での深刻な人体の被爆(放射)、デルタ波の脳波(図)の増加を(徴候を)示す。
 
※無変調連続波(CW:continuous wave)信号が変化しないため通信機器の測定が簡単な構成でできる。
 
■旧ソビエトと東ヨーロッパのマイクロ波の職務上の照射(職務的被爆)批評は、脳波(図)のデルタ波増加を観測する
 
 ・携帯電話でも人間のデルタ波は増加する
 ・ウサギとネズミのマイクロ波イラジエーション(照射:分析のための放射線照射)は、同様にデルタ波をもたらす
  ※irradiation:イラジエーション(1)治療・材質改善・分析などのため、放射線などで照射すること
 ・毎日3時間、1ヶ月のマイクロ波パルスと2ヶ月の連続波照射で、ウサギのデルタ波の増大を引き起こす
 
■マイクロ波のデルタ波増加は、未治療の統合失調症患者と医療(薬)をほどこされた統合失調症患者の脳波(図)で広く有名なデルタ波増加と致した(相当した)
 
※脳波(図)(EEG:Electroencephalogram)
 
■デルタ波は精神病エピソードと特に一致(相当)し、まずすぐに幻聴(症状)が生じる
 
■電磁界の脳波同調化(entrainment)は、生理学的な脳の周波数(1-40Hz)の中(範囲内)で、そのように変調された搬送波(キャリア波)又は、これら極低周波(ELF)のどちらか一方で特に生じる
 
※エントレインメント(entrainment):ある自律的リズムが、他の振動に強制的に同調させられること
 
■マイクロ波の脳波同調化(entrainment)又は、照射(被爆)周波数への変更は、猫とネズミで証明された
 
※エントレインメント(entrainment):ある自律的リズムが、他の振動に強制的に同調させられること
※frquency modultion(FM):(通信) 周波(数)変調、(特に)周波変調放送
 
■低周波照射または磁気の脳波同調化(entrainment)は、ウサギ・猿・人間(の脳)に認められている(観測されている)
■デルタ波を発生させる同調化(entrainment)の能力(許容量)に加えて、効果は統合失調症の基礎を作り上げる、それは、非殺傷兵器の関連性(関心)です
 
※non-lethal weapon:ノンリーサル・ウェポン、非殺傷兵器
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 

Written by denjihajapan

2010/01/19 at 23:26

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[3:P300]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[3:P300]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■電気生理学的な聴覚事象は、P300(注意の集中度の評価:複数の感覚刺激により出現する陽性電位)と潜在的に増加した統合失調症での減少(の素性)を関連付けた。
 
※P300とは互いに識別可能な2種類以上の感覚刺激(聴覚・視覚・体性感覚・臭覚・味覚などなど)をランダムに呈示し、低頻度の刺激を選択的に注意させることによって、刺激後約250~500msecという長潜時で出現する陽性電位です。
(※P300:注意の集中度の評価:複数の感覚刺激により出現する陽性電位)
 
■幻覚症状の間中、脳磁図(MEG)の聴覚事象の応答は、妨害(干渉)音の応答と同様に減少される。
 
■幻覚症状と類似(聴覚事象)または外部音、マイクロ波パルスは、ネズミとウサギの潜在的増加傾向と電気生理学的な誘起電位振幅を減少する
 
※evoked potential:誘起電位
 
■マイクロ波パルスによる聴覚効果は、聴覚刺激と類似する脳反応を引き起こす。
 
※Acoustic Stimulation:音響刺激試験
 
※関連リンク
http://kokoronokoe3.ninja-web.net/MyHome5+1/tokkyodennjiha.htm
 (特許:生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御装置)
 
■人間の聴覚閾値(しきい値/許容限界)は、高周波(無線周波数)放射(被爆)での聴覚トーン(音)のため増加する
 
■統合失調症(患者)の聴覚P300(注意の集中度の評価)低下は、有害な信号と質の悪い予後(病気の経過に関する見通し)に関連している
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/01/18 at 02:21

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[2:ワーキングメモリー]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[2:ワーキングメモリー]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■統合失調症患者の前頭前野の(大脳)皮質の機能障害は、この領域の「ワーキングメモリー」が中心的役割であるとともに、多くの統合失調症患者の症状に重要であると熟考される。
 
※working memory:認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程に関する理論的な枠組みである。作業記憶、作動記憶とも呼ぶ。ワーキングメモリの理論的構造や脳のどの部分が関与しているかという研究が多数行われている。一般には、前頭皮質、頭頂皮質、前帯状皮質、および大脳基底核の一部がワーキングメモリ機能に関与すると考えられている。ワーキングメモリの研究は主に動物を使った切除実験とヒトにおけるイメージング実験の成果に基づいている。ワーキングメモリの研究は世界中で盛んに行われている。ワーキングメモリに関する研究成果は、自閉症や注意欠陥多動障害(ADHD)への理解を深め、指導方法を改善に導いた。また、人工知能研究にも応用されている。
・ネズミのワーキングメモリーのパフォーマンス(性能)は、マイクロ波被爆で欠損する(不十分になる)。※迷路で検証
 
・激しいマイクロ波パルス被爆によりネズミは、空間(的)記憶で欠損する(不十分になる)。※迷路で検証
 ※spatial memory:(海馬の機能) 空間記憶, 空間的記憶
■長期の継続的なマイクロ波被爆のネズミは、断続的応答のトレーニング不足の兆候を示す。期間を延長した(電磁)被爆でより多く明確に減衰する。他の研究では、継続またはパルスマイクロ波の(電磁)被爆でネズミの球状餌の補給不足を発見した。
■過剰なマイクロ波被爆で神経衰弱(症状)の苦情(訴え)が存在することをともなう、多様な人間による記憶困難(障害)の報告事例
■偶然(または必然)にも、業務上の1-10GHzからなる過剰なレーダー(電波探知)被爆(にさらされる)は、前頭葉の神経精神症状の徴候を示す
■電気生理学のワーキングメモリーの電気生理学的指標、随伴陰性変動(CNV)は、統合失調症での減少を最たるものとしいくつかの精神疾患で減少される。
 
※随伴陰性変動(CNV)は、統合失調症でもっとも減退(低下)するとともに、いくつかの精神疾患対象で減退(低下)される
※CNV(contingent negative variation:随伴陰性変動)は、一定間隔で一対の刺激を与え、第2刺激に対して一定の反応、例えば、ボタン押しなどをさせる予期的反応時間課題を行わせることにより第1刺激と第2刺激の間に見られるゆっくりとした陰性変動です。
 
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/01/17 at 05:37

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[1:要約・序文]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[1:要約・序文]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
■人間に内部音声(人工的に)を引き起こすマイクロ波技術の証拠資料参照の要約、マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の相互関係は再調査される。
 
■これらの相互関係は、広範囲にわたり認知障害も含まれます。
・電子生理学的活性
・驚愕反射の減少
・神経伝達物質の変化
・ホルモンの変質
・免疫の変質
・ミトコンドリア欠損
・疾患での有害な(病理)組織変化は脳領域を欠落させる
・幻覚(症状)変化は脳領域と眼疾患に複雑に関係する
 
■この障害(疾患)とあわせマイクロ波併発(関与)の適合(一致)を示す(指摘する)ようなマイクロ波生態効果と統合失調症(患者)の相互関係
 
■精神病でのマイクロ波手法を拒む(遮断)ための方法の開発は肝要(必須)であり、研究調査は提唱(提案)されます
 
■序文:マイクロ波は、音響と内部音声を(長く)発見・発達された科学技術で(人工的に)引き起こした。兵器適用の記述と特許の詳細
 
■遠隔(リモート)で適応可能とされるような技術と標的追跡用(ターゲット・トラッキング)技術の連動(一対)は、内部音声の苦情の効力と他の症状を統合失調症とともに調査分析(診断)されたことにより患者と密接な関係がある
 
■度々、それら音声の起源の患者理解は、遠隔伝送(遠隔送信:リモート・トランスミッション)によるものとされる、にもかかわらず構想は妄想(的)と検討されます(妄想として考えられる)、そしてしばしば、記述される内部音声特性(性能)のいかなる調査(検討/臨床)も無しに、診断は職務上の能力に依存し変化する重(症)度の精神障害であるとされる
 
■マイクロ波音声伝送(送信)の実証は、統合失調症とともにマイクロ波生態効果(影響)の相互関係の検査(試験/検討)を提案(提示)する、いずれも最も多くの幻覚症状普及を持っています
 
■これらの相互関係は、マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の間でハイレベルの適合(一致)は明らかで非常に多数で大規模(広範囲)です。
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/01/17 at 01:04

カテゴリー: 電磁波と生態