DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[1:要約・序文]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[1:要約・序文]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
■人間に内部音声(人工的に)を引き起こすマイクロ波技術の証拠資料参照の要約、マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の相互関係は再調査される。
 
■これらの相互関係は、広範囲にわたり認知障害も含まれます。
・電子生理学的活性
・驚愕反射の減少
・神経伝達物質の変化
・ホルモンの変質
・免疫の変質
・ミトコンドリア欠損
・疾患での有害な(病理)組織変化は脳領域を欠落させる
・幻覚(症状)変化は脳領域と眼疾患に複雑に関係する
 
■この障害(疾患)とあわせマイクロ波併発(関与)の適合(一致)を示す(指摘する)ようなマイクロ波生態効果と統合失調症(患者)の相互関係
 
■精神病でのマイクロ波手法を拒む(遮断)ための方法の開発は肝要(必須)であり、研究調査は提唱(提案)されます
 
■序文:マイクロ波は、音響と内部音声を(長く)発見・発達された科学技術で(人工的に)引き起こした。兵器適用の記述と特許の詳細
 
■遠隔(リモート)で適応可能とされるような技術と標的追跡用(ターゲット・トラッキング)技術の連動(一対)は、内部音声の苦情の効力と他の症状を統合失調症とともに調査分析(診断)されたことにより患者と密接な関係がある
 
■度々、それら音声の起源の患者理解は、遠隔伝送(遠隔送信:リモート・トランスミッション)によるものとされる、にもかかわらず構想は妄想(的)と検討されます(妄想として考えられる)、そしてしばしば、記述される内部音声特性(性能)のいかなる調査(検討/臨床)も無しに、診断は職務上の能力に依存し変化する重(症)度の精神障害であるとされる
 
■マイクロ波音声伝送(送信)の実証は、統合失調症とともにマイクロ波生態効果(影響)の相互関係の検査(試験/検討)を提案(提示)する、いずれも最も多くの幻覚症状普及を持っています
 
■これらの相互関係は、マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の間でハイレベルの適合(一致)は明らかで非常に多数で大規模(広範囲)です。
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
広告

Written by denjihajapan

2010/01/17 @ 01:04

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中