DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[2:ワーキングメモリー]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[2:ワーキングメモリー]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■統合失調症患者の前頭前野の(大脳)皮質の機能障害は、この領域の「ワーキングメモリー」が中心的役割であるとともに、多くの統合失調症患者の症状に重要であると熟考される。
 
※working memory:認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程に関する理論的な枠組みである。作業記憶、作動記憶とも呼ぶ。ワーキングメモリの理論的構造や脳のどの部分が関与しているかという研究が多数行われている。一般には、前頭皮質、頭頂皮質、前帯状皮質、および大脳基底核の一部がワーキングメモリ機能に関与すると考えられている。ワーキングメモリの研究は主に動物を使った切除実験とヒトにおけるイメージング実験の成果に基づいている。ワーキングメモリの研究は世界中で盛んに行われている。ワーキングメモリに関する研究成果は、自閉症や注意欠陥多動障害(ADHD)への理解を深め、指導方法を改善に導いた。また、人工知能研究にも応用されている。
・ネズミのワーキングメモリーのパフォーマンス(性能)は、マイクロ波被爆で欠損する(不十分になる)。※迷路で検証
 
・激しいマイクロ波パルス被爆によりネズミは、空間(的)記憶で欠損する(不十分になる)。※迷路で検証
 ※spatial memory:(海馬の機能) 空間記憶, 空間的記憶
■長期の継続的なマイクロ波被爆のネズミは、断続的応答のトレーニング不足の兆候を示す。期間を延長した(電磁)被爆でより多く明確に減衰する。他の研究では、継続またはパルスマイクロ波の(電磁)被爆でネズミの球状餌の補給不足を発見した。
■過剰なマイクロ波被爆で神経衰弱(症状)の苦情(訴え)が存在することをともなう、多様な人間による記憶困難(障害)の報告事例
■偶然(または必然)にも、業務上の1-10GHzからなる過剰なレーダー(電波探知)被爆(にさらされる)は、前頭葉の神経精神症状の徴候を示す
■電気生理学のワーキングメモリーの電気生理学的指標、随伴陰性変動(CNV)は、統合失調症での減少を最たるものとしいくつかの精神疾患で減少される。
 
※随伴陰性変動(CNV)は、統合失調症でもっとも減退(低下)するとともに、いくつかの精神疾患対象で減退(低下)される
※CNV(contingent negative variation:随伴陰性変動)は、一定間隔で一対の刺激を与え、第2刺激に対して一定の反応、例えば、ボタン押しなどをさせる予期的反応時間課題を行わせることにより第1刺激と第2刺激の間に見られるゆっくりとした陰性変動です。
 
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
広告

Written by denjihajapan

2010/01/17 @ 05:37

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中