DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[5:音刺激に対しての反応]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[5:音刺激に対しての反応]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■驚愕反射(症状観測用語:音刺激に対しての反応)の統合失調症患者は、定位反応(初めて見聞きするものに興味を示す)と通常喚起される皮膚電気活動が、低いまたは無応答(者)です。
※Startle response(驚愕反射):(症状観測用語)聴覚反応亢進音に対する反応の亢進驚愕反射
 音刺激に対し、驚いて跳び上がるもの、驚いて跳ね回ったり走り回る(時に発声を伴う)
※nonresponder(ノンレスポンダー):薬物などが奏功しない患者、非応答者
※orienting responses(定位反応):人間が(あるいは、ある程度学習能力をもった生物が)生まれてはじめて聞いたり見たり(知覚)する時に「あれ?なんだ?」と興味を示すこと(UR:unconditions response)
※electrodermal activity(皮膚電気活動):電極から誘導される電気活動
 
■マイクロ波職業的被爆(照射)は、ガルヴァニック皮膚応答(心理物理的刺激による感情の喚起に皮膚の電気抵抗が低下)を抑制(阻害)する
 
※GSR[galvanic skin response]皮膚電気反応:ガルヴァニック皮膚応答
心理物理的刺激によって感情が喚起されるときに皮膚の電気抵抗が低下すること。超心理学では、ESPの刺激によってこれが見られるとされ、実験で使用されている。イタリアの生理学者のガルヴァーニにちなんで命名された。
 
■少しまたは驚愕反射(症状観測用語:音刺激に対しての反応)の無い統合失調症患者もいます。
 
■マイクロ波照射(被爆)されるネズミは、(無変調)連続波とパルス波の下で驚愕反射(応答)の減少を示す、雌のネズミの出生前の状態にあるネズミの(マイクロ波)被爆は驚愕(反射)を減少する、ネズミはマイクロ波照射(被爆)でそれほど戦わなくなり、聴覚(音響)効果のパルスマイクロ波を(意図的に)回避する(避ける)
 
※無変調連続波(CW:continuous wave)信号が変化しないため通信機器の測定が簡単な構成でできる。
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
広告

Written by denjihajapan

2010/01/24 @ 00:11

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中