DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[7:ニューロトランスミッター2]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[7:アセチルコリン]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■コリン作動性神経破壊は記憶と注意力を損なう:顕著な統合失調症の特徴、アセチルコリン変化(変質)を示されるにもかかわらず、全体的な増加または減少のいずれかの証明は決定的ではありません(不確定)
 
※コリン作動性:神経線(繊)維のうち,神経伝達物質がアセチルコリンであるもの
※Cholinergic System:コリン作動性神経
※アセチルコリン:塩酸塩は,C7H16ClNO2 (mw181.66).(CH3)3N(Cl)-CH2CH2O-OC-CH3.神経伝達物質の一つ.副交感神経節前,節後,交感神経の節前,運動神経などに分布する.脳にも広く分布.刺激で分泌されてレセプターに結合し,速やかに加水分解されて活性を失う.アセチルコリンエステラーゼ阻害剤は猛毒
 
■同様に不確定(であること)は、アセチルコリンへのマイクロ波のかけねなしの影響(効果)です
 
■マイクロ波はアセチルコリン・エステラーゼの活性を不活性にし、スコポラミン抗コリン作用効果を無効(無効)にする
 
※アセチルコリン・エステラーゼ(acetylcholinestrase):アセチルコリンを特異的に加水分解して失活させ、その興奮伝達作用を終了させる。阻害されると神経麻痺(まひ)を起こす。
※スコポラミン(scopolamine anticholinergic):アセチルコリンのムスカリン受容体への結合を競合的に阻害する。これにより虹彩括約筋の弛緩による散瞳、眼内圧の上昇、レンズ調節の麻痺、心拍数の上昇、消化管の緊張や運動の抑制などを引き起こす。眼内圧を上昇させるため緑内障患者での使用は禁忌。ブチルスコポラミン臭化物の注射液(商品名・ブスコパン注射液など)は、消化管の運動を抑えるので、消化管のX線及び内視鏡検査の前処置によく使われる。
 
■しかしながら、深刻(激しい)なネズミへのマイクロ波被爆(照射)は、ソディウム(ナトリウム)に依存するコリン摂取・アセチルコリン合成における転送速度制限ステップ(段階)を減少させ、前頭皮質は特に、パルスまたは連続波を受ける線条体に従う(結果が生じる)
 
※線条体(striatum):終脳の皮質下構造であり、大脳基底核の主要な構成要素のひとつである。線条体は運動機能への関与が最もよく知られているが、意思決定などその他の神経過程にも関わると考えられている。
 
■しかし唯一、脈拍(脈動)は、海馬のコリン摂取で減少した。
海馬と線条体は大脳辺縁系の構造体(統合失調症患者の病気の原因で顕著な脳神経構造(組織))です。
 
■この神経構造(組織)は、マイクロ波生態効果(影響)にも難解に関連している。
 
■マイクロ波被爆(照射)の海馬シータリズム(4-7Hzの脳波)の増幅は、組織学的と解剖学的な変更(改変)の報告とともに観測される
 
※theta wave:(4-7Hzの脳波) シータ波
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/01/25 @ 23:19

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中