DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[8:ホルモン]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[8:ホルモン]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■コルチコトロピン(下垂体前葉ホルモン)ホルモン郡は、マイクロ波ストレスの媒介とマイクロ波の副腎皮質ホルモンへの影響を示す。
 
※corticotrophin:(下垂体前葉ホルモン) コルチコトロピン
※adrenal steroid:副腎皮質ホルモン
※下垂体(かすいたい)または脳下垂体(のうかすいたい)とは、脊椎動物の体に存在する器官のひとつで、多くのホルモンを分泌する内分泌器官。脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がのびてぶら下がっているように見えることからこの名がある。内分泌器官である下垂体には、血管が非常に発達しており、分泌されたホルモンが効率よく血流に乗って全身に運ばれるようになっている。下垂体前葉のホルモンの分泌を調節するホルモンは、視床下部から分泌されており、下垂体を通る血管のうちの一部は、視床下部を経由してから下垂体に入るため、視床下部の分泌調節ホルモンの刺激が効率よく下垂体前葉に伝わるようになっている。
一方、下垂体後葉ホルモンは、視床下部の神経細胞で産生され、神経細胞の軸索をとおして、運ばれる。この軸索は視床下部から下垂体後葉にまで達しており、ここで血管に放出される。
 
■衛星ステーション(人工衛星基地)オペレータ・マイクロ波被爆は、オキシコルチコステロイドとストレスホルモンの日周パターンシフト(移行)で、尿増加(頻繁にトイレ)のストレス反応を引き起こす(生じさせる)
 
※satellite station:人工衛星基地,宇宙(船)ステーション
 
■ネズミのマイクロ波被爆は、副腎髄質エピネフリン(アドレナリンの別名)とコルチコステロイド(副腎皮質ステロイド)消耗(欠乏)での副腎活性化をもたらす。
 
※corticosteroid:(ホルモン) 副腎皮質ステロイド, 副腎皮質ホルモン, コルチコステロイド, 副腎皮質ステロイドホルモン, (薬剤) 副腎皮質ステロイド薬, 副腎皮質ホルモン剤, 副腎皮質ステロイド剤, ステロイド薬
 
■雌のネズミのマイクロ波被爆は、コルチコステロン(生理的な電解質コルチコイド)とアクス(副腎皮質刺激ホルモン)を増加させた。
 
※corticosteroneコルチコステロン:(生理的な電解質コルチコイド)
※ACTH:アクス《副腎皮質刺激ホルモン》[adrenocorticotrophic hormone]
 
■統合失調症患者は、コントロールによるものよりもより少ないデキサメサゾン・コルチゾール抑制とともにコルチゾールが増加している、そして、コルチステロンの増加が報告されている。(コルチゾールは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されている。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている)
 
※コルチゾール (cortisol) は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン(hydrocotisone)とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年PTSD患者の脳のMRIなどを例として観察されている[要出典]。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。
※dexamethasone:(糖質コルチコイド;中程度の抗炎症作用) デキサメサゾン
※デキサメサゾンは、ステロイド系抗炎症薬 (SAID) のひとつ。炎症の原因に関係なく炎症反応を強力に抑制する。急性炎症、慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患などの際に使用される。副作用として副腎皮質機能不全、クッシング症候群などがある。
※corticosterone:(生理的な電解質コルチコイド) コルチコステロン
※コルチコステロンは主要な糖質コルチコイドであり、新陳代謝の制御、免疫反応などに関わっている。
 
■統合失調症患者は、アクス(副腎皮質刺激ホルモン)(のメタボリック症候群の特徴のような)増加とともに視床下部・下垂体・副腎系の過剰活動のようなものがある
 
※アクス(ACTH):副腎皮質刺激ホルモン
※メタボリックシンドローム(英: metabolic syndrome、代謝症候群)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいう。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なる。
 
■患者のコルチゾールは、睡眠抑制(阻害)で欠乏し、パラノイア(妄想症・病的な疑り深さ)と幻覚症状とともに相互に関係する。
 
※paranoia:偏執病、妄想(もうそう)症、パラノイア、病的な疑り深さ
 
■いくらかの陰性症候群の統合失調症患者は、メラトニン(睡眠と関連)の減少がある。
 
※melatoninメラトニン (melatonin, N-acetyl-5-methoxytryptamine):脳の松果腺から分泌されるホルモン。アミノ酸のトリプトファンからセロトニンを経て合成されるインドールアミン誘導体。ヒトにおけるメラトニンの血液中濃度は昼に低く夜に高いサーカディアン・リズム(概日リズム)を示し、睡眠と関連している。夜行性の生物の場合も同様なリズムを示す。脳の松果体の他、植物などにもごく微量であれば見出される。また、化学合成で製造できる。抗酸化物質として働き体内の酸化を押さえる。
 
■電磁界で、動物のメラトニンは減少する
 
■低い周波数や携帯電話使用の両者で人間のメラトニンの減少がある
 
■松果腺は、セロトニンにより、またより多くの減少によってもメラトニンを合成する。
 
■異常な脳波(図)とメラトニンの減少は、松果体のカルシウム沈着とともに関連づけられ、いずれも、より良い統合失調症(患者)の予後(病気の経過に関する見通し)も見せる未発達の社会(発展途上)において、より低い発生頻度(発症率)である
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/02/03 @ 14:43

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中