DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[10:血液脳関門]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[10:血液脳関門]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■血液脳関門の浸透性分子と細胞エビデンス(検証結果)は、統合失調症患者の血液脳関門の機能障害の考慮を提示する
 
※Blood Brain Barrier:血液脳関門(けつえきのうかんもん、英語: blood-brain barrier, BBB)とは、血液と脳(そして脊髄を含む中枢神経系)の組織液との間の物質交換を制限する機構である。これは実質的に「血液と脳脊髄液との間の物質交換を制限する機構」=血液髄液関門 (blood-CSF barrier) でもあることになる。ただし、血液脳関門は脳室周囲器官(松果体、脳下垂体、最後野など)には存在しない。これは、これらの組織が分泌するホルモンなどの物質を全身に運ぶ必要があるためである。
 
■非熱マイクロ波の血液脳関門の浸透性の変質は、一貫して(観測)認められ、それは飲作用(細胞外液を取り込むエンドサイトーシスのことで、細胞外液を満たした小胞(エンドソーム)を形成)の結果と考えられます。
 
※飲作用(ピノサイトーシス)は細胞外液を取り込むエンドサイトーシスのことで、細胞外液を満たした小胞(エンドソーム)を形成する。食作用とは異なり、食細胞以外の細胞でも発達した機構の一つであり、細胞外液を細胞質に取り込むことで、細胞に必要な水溶性の栄養分を取り込む、細胞の生存に必須の機構だと考えられている。ピノサイトーシスの機構によって、液体だけでなくやや大きめの対象を取り込む機構も知られており、これはマクロピノサイトーシスと呼ばれる。
※エンドサイトーシス (Endocytosis):細胞が細胞外の物質を取り込む過程の1つ。細胞に必要な物質のあるものは極性を持ちかつ大きな分子であるため、疎水性の物質から成る細胞膜を通り抜ける事ができない、このためエンドサイトーシスにより細胞内に輸送される。エキソサイトーシスとは反対の現象であり、これとは逆に細胞膜の一部から小胞を形成する。エンドサイトーシスは、取り込む物質の種類やその機構の違いから、食作用(しょくさよう、phagocytosis)と、飲作用(いんさよう、pinocytosis)とに大別される。
 
■変質は、ヒートショックプロテイン(放射線照射によるストレスタンパク質)のリン酸化によるによる誘導が提唱され、ヒートショックプロテイン(ストレスタンパク質)抗体は、統合失調症患者の血液脳関門の機能障害のエビデンス(検証結果)の中の一つである
 
※Heat shock proteins(HSP:ヒートショックプロテイン)とは熱、放射線照射、過剰なホルモン、ウィルスなどの感染、重金属や化学物質に曝されるなどの刺激に対して細胞内に誘導されるストレス蛋白と呼ばれる一群の蛋白質の総称
※抗体 [Antibody(ies)]脊椎動物の体内には免疫とよばれる自己を守る仕組み(生体防御)が備わっている。その免疫に働く物質の中で、抗原によって血清中にできる高分子物質を抗体という。
 
■研究は短期照射・熱マイクロ波レベルの利用で効果(影響)を示さない、それは、手順または熱マイクロ波の血液脳関門研究(行為の)出版物で批評され、約40度の脳温度で減少する血液脳関門の浸透性だが2度(上昇/42度)で浸透性が非常に増加することにより複雑である
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/02/04 @ 16:48

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中