DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[13:血流量・心理療法]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[13:血流量・心理療法]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■深刻な精神障害(病)患者の研究で、精神障害や妄想疾患の相互関係とともに全体的な脳の血流量の増加が示されるが、にもかかわらず、慢性患者のおおくの研究では(脳)低灌流が示されている
 
※hypoperfusion:低灌流, 低潅流
 
※関連リンク
http://nenkai.pharm.or.jp/125/pc/ipdfview.asp?i=898(脳血流慢性低灌流ラットの記憶・意欲・情動特性とその基盤となる脳内変化)
 
■最初に増加するマイクロ波照射の誘導(引き起こされる)熱効果、しかし最終的に脳血流量は減少する。
細胞損傷と関連づけられてはいるが、
 
■特定領域の大脳血流は、幻覚症状のある間増加される、
しかし感覚的刺激(感覚上の刺激)と内因的(性)の言語イメージ療法(心理療法)は、幻覚症状の無い患者ほどではないが幻覚症状の患者の脳の局部を活性化する(反応促進する)
 
※verbal or imagery encoding
※endogenous verbal imagery
 
■特に統合失調症患者の前頭葉での脳の活性化変化は広く顕著である
 
■安静時、統合失調症患者は前頭葉の後頭部か脳全体のいずれかの相対関係で低いグルコース利用化の徴候を示す
 
■統合失調症患者の前頭前野の血流(量)は、この脳領域に特異的な処理(タスク)が行われている間は特に欠乏する(血流不足)
 
■全体的な血流量の増加を含む処理(タスク)間の統合失調症患者の脳灌流(臓器の内部に液体を流して回収する)、
または、制御するよりもより少ない優位脳半球活性とより非優位な脳半球活性の増加
 
※perfusion:(ある臓器や容器の内部に液体を流して回収すること) 灌流, 潅流, 灌流適用, パーフュージョン
※灌流(Perfusion):一般に灌流(Perfusion)とは,組織の毛細血管あるいはそれに準ずる機能血管系の血流を表わす医学用語で,必ずしも厳密な定義はない.この点,しばしば対比される組織拡散 (Diffusion)が物理学で定義される用語であることにおいて異なっている.脳の場合,従来より用いられてきた脳血流(cerebral blood flow, CBF)とほぼ同義に用いられることが多い
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
広告

Written by denjihajapan

2010/02/08 @ 21:25

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中