DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[14:テクノロジック・アサルト]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[14:テクノロジック・アサルト]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■マイクロ波による前頭部のコリン(アセチルコリン前駆物質)の取り込み不足は、迷路パフォーマンス・偶然性の陰性変異・前頭前野の欠損(欠乏)をともなう前頭部の精神神経症状でより多く一致する
 
※choline:(アセチルコリン前駆物質および分解産物) コリン
※アセチルコリン(Acetylcholine,ACh)は神経伝達物質であり、副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激をある種のシナプスを通して伝える役目を果たしている。
 
■脳領域のボリューム(容量)の欠損・ミトコンドリア・統合失調症患者の神経伝達物質(ニューロトランスミッター)に活性減少(不活性)の基礎を与える
 
■マイクロ波による欠損一致と、他の脳領域の脳活動の変化(シフト)は、テクノロジック・アサルト(技術的暴行)のメカニズム(仕組み)を持っているだろう(テクノロジックアサルトのメカニズムにできるだろう)
 
■知覚的処理が脳の左半球に通常は側方化されるとはいえ、ピッチ(音の高さ)識別・非言語・変性音は健康(状態)における脳の右半球を活性化する
 
■マイクロ波活性(化)は、非言語または変性音に類似のものであるだろう
 
■脳波(図)のデルタ波増加のマイクロ波メカニズムは、コーパス脳梁路疲労により提唱され、この両半球に渡る接続(半球間の結合)を利用できなくします。(固有の皮質脊髄とspinocortical路のデルタリズムの優位(支配)とともに)
 
※コーパス(corpus)とは、言語学において、自然言語処理の研究に用いるため、自然言語の文章を構造化し大規模に集積したもの。構造化では言語的な情報(品詞、統語構造など)が付与される。コンピュータ利用が進み、電子化データとなった。
※callosum:(解剖) 脳梁
※脳梁(のうりょう)とは、左右の大脳半球をつなぐ交連線維の太い束である。大脳の正中深く、すなわち大脳縦裂の底、側脳室の背側壁に位置し、左右の大脳皮質の間で情報をやり取りする経路となっている。ヒトの場合、約2億~3億5000万の神経線維を含む。
 
 
■統合失調症患者のコーパス脳梁機能傷害と脳領域の活動量(活性度)の減少は、異常な脳領域の活性化を得るかもしれません
 
■ガンマ波分布の(1つの)モデルは、デルタ波振幅と一過性の神経細胞(ニューロン)の組織化した状態の標準的開発で皮質代謝レート(率)に関連する
 
■再組織化状態は、テクノロジック・アサルト(技術的暴行)に該当するかもしれません
 
■陽性症状のマイクロ波生態効果(影響)ではあるが、陰性の統合失調症の症状と一致し、内部音声信号伝送の効果(影響)は、もっとも顕著な陽性の統合失調症の症状の(ための)基礎を与える
 
※internal voice transmission:内部音声信号伝送
 
※関連リンク
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003669203/en(差動パルス間隔・幅変調符号方式による音声信号の伝送)
(Voice Transmission by the Differential Pulse Internal and Width Modulated Code)
 
■やがて(現在)、この(症状)提示の不用意(明確な意図のない)な討議は、広範囲にわたる参考/照合などの詳細なしに、精神医学的(治療法)の偏見による妄想とされる
 
■内部音声は思考と類似であるため、おそらく指示的命令(指令)であろう、これらのテクノロジー(技術)は、それ自体により思考や進行中の行動(行為/ふるまい)を変更することが可能である(能力がある)
 
■やがて(現在)、注意(集中)力不足(欠損)や思考傷害(混乱)の陽性症状は、幻覚症状により説明される
 
■悪化(増悪)しているいずれ(両者)のこれら症状は、マイクロ波の障害(性)であろう
 
■アロギー(統合失調症の陰性症状における会話能力の低下)、情動が鈍くなる、アンヘドニア(無快感症)/非社交性、avolution/無感情、注意力(価値・美点・健康への意識障害)機能障害、幻覚症状、妄想/錯覚、陽性の思考障害(例えば、脱線、接線方向、非干渉性(意識混濁を伴う思考障害)、思考散乱など)奇怪(異様)な行動(ふるまい)、不適切な情動/発症/影響、ワーキングメモリー(脳活動のための一次記憶)、脳波同調能力(性能)
 
■マイクロ波マニピュレーション(操作)、その時に主要な陽性統合失調症患者の幻覚症状の原因説明をすることができた
 
■テクノロジック・アサルト(技術的暴行)の確信は、誇大妄想的な統合失調症の亜型(サブセット:症状の細分化/分類の患者)とともに最も一致する
 
■遺伝子(的)関連が少ないことを示すこの診断(法)のより多くの研究、後の兆候や前世紀に報告されたなかのこの(事象)の増加
 
■統合失調症(患者)は、この形態でより頻繁に報告された異常(変則)脳波とともに圧倒的に孤発性のようである
 
■最初の入院患者(承認)検証研究は統合失調症患者で辞退が指摘されたとはいえ、州ごとの診断法や「誇大妄想精神障害の適合の辞退」と、近年の批評(再調査)が統合失調症の発症率増加を示すとしても、人工統計の変化や診断上の特徴的なパターン形成は本当(正確な)の発症率の変化を疑問視する
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/02/10 @ 01:40

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中