DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[15:眼疾患]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[15:眼疾患]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■マイクロ波被爆(照射)の視覚弊害(疾患)は、眼疾患を発生させることで知られている
 
■嚢下白内障は、マイクロ波によって特に引き起こされる。
 
※subcapsular cataract:嚢下白内障
 
■以前、嚢下白内障は、(薬治(薬物治療)協会を除き、フェノチアジン(最初の抗精神病薬/1952年)は、より少ない白内障の有病率を現に持っていたことを別にすれば)みかけ上の障害人口よりも統合失調症で著しくより一般的でした
 
※phenothiazine:(化合物) フェノチアジン, フェノチアジン系化合物, フェノサイアジン, フェノチアジン系の
※ フェノチアジン系:1952年にはじめて用いられた最初の抗精神病薬であるクロルプロマジンを含む群である。代表的な薬物としてはクロルプロマジン(商品名:コントミン、ウインタミン)、レボメプロマジン(商品名:ヒルナミン、レボトミン)、チオリダジン(商品名:メレリル)、フルフェナジン(商品名:フルメジン、デポ剤としてフルデカシン)、プロペリシアジン(商品名:アパミン、ニューレプチル)、ペルフェナジン(商品名:ピーゼットシー、トリホラン、トリオミン)などがあげられる。側鎖によって細分類されることがある。
 
 
■職業被爆(職務上の照射)の少ないグループに予期されたように、統合失調症患者は一般的人口よりも全てのタイプの白内障発症率がより少ない
■しかし統合失調症(患者)の白内障はクロマプロマジン(統合失調症治療薬/フェノチアジン系)の高い薬物用量(服用)と関連付けられた
 
■マイクロ波被爆は、網膜症と実験によって(実験的に)生じる網膜障害とともに職業的(職業からおこる)に関連付けられた
 
※retinal:網膜の, (βカロチン誘導体の視物質アルデヒド体) レチナール
 
■統合失調症患者の網膜症は、チオリダジン(統合失調症治療薬)やフェノチアジン(最初の抗精神病薬/1952年)による一般性とともに関連付けられた
 
※thioridazine:(統合失調症治療薬/フェノチアジン・ピペリジン系) チオリダジン
※phenothiazine:(化合物) フェノチアジン, フェノチアジン系化合物, フェノサイアジン, フェノチアジン系の
 
■統合失調症の視覚弊害(疾患)に関連する薬物の全ては、比較的古く、一般的に入手可能で、大衆的な医療補助または患者特性(用途向け)の判断基準の優先があるだろう
 
■フェノチアジン(最初の抗精神病薬/1952年)系は、統合失調症で除外することができないとともに直接の団体で、かなり広範囲に(実用/利益)利用されていた
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
広告

Written by denjihajapan

2010/02/11 @ 00:59

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中