DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[16:類似性]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[16:類似性]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■東ヨーロッパの標準規格や環境配慮と神経衰弱症候群で基底とされる10µW/cm2のロシアの職業上(職務上)のマイクロ波の標準規格
 
■報告される症状は、頭痛・眩暈(めまい)・易刺激性(過敏/興奮)の増加・食欲低下・眠気・疲労感の増加・発汗・集中または記憶困難(障害)・うつ(抑制/抑圧)・情緒不安定・dermatographism・甲状腺腫脹・長期にわたる指の振戦(筋肉の収縮/緩和・ふるえ)です
 
■人の脳波のデルタ波増加で顕著な、短期記憶(機能)障害・集中力抑制(阻害)・易刺激性(過敏/興奮)・憂慮・前頭部痛・翌日の仕事を阻害するような脱力感などのアメリカの研究
 
■このシンドローム(症候群)は、多くの統合失調症患者の症状と一致します
 
■1975年、環境保護機関の測定(調査)は、1µW/cm2以上の日常的な被爆(照射)は人口の1%以下、高い被爆(照射)エリアは100-200µW/cm2と同程度に高く照射できたことを示した
 
■携帯電話は200mWパワー出力に達することができる
 
■統合失調症やこれらのレベルに劣る(低い)微弱なマイクロ波の関連性、いずれも1975からの考慮すべき(電磁)被爆変化とともに、適切に研究された慢性(的電磁)被爆ではないとはいえ、不明な点は、ここに批評されたこれら相互関係を別にすれば統合失調症への環境マイクロ波(電磁波)の結びつきです
 
■にもかかわらず、製造(捏造)されたシステムは標準規格を満たすかもしれないが、原因は増殖しており、多くの状況で標準規格を上回っただろう、特に携帯電話使用に増加している
 
■潜在的な有害(有毒)効果は 携帯電話のリポート(報告)においてや基地局近接のリスク増加、認知されたヒートシール装置による過度の被爆(照射)がある
 
■皮膚科学的電磁波過敏シンドローム(症候群)は、ロシア人により認知された神経衰弱に似たタイプと同様によく患者により報告される
 
■そのよなシンドローム(症候群)は未確定とされる(が、刺激(影響)細胞効果は、より低いロシア規格の重大な7つの体制です)
 
■統合失調症患者の神経発生仮説は現在支持されるが、これらは、それに分類される人口での神経変性過程のエビデンス(検証結果)です
 
■筋萎縮性側索硬化症(ALS)のような神経変性疾患、アルツハイマー患者とパーキンソン症(運動系障害)は電磁界被爆(照射)に関連される
 
※amyotrophic lateral sclerosis:(ASL:運動ニューロンが選択的に冒される神経変性疾患) 筋萎縮性側索硬化症
※parkinsonism:(パーキンソン病様の運動系障害を指す) パーキンソニズム, パーキンソン症
 
■筋萎縮性側索硬化症(ALS)のための、リスク増加を示しているデータは相対的に強い、一方アルツハイマー患者のデータは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のためのものよりも比較的弱い。また、パーキンソン症は、わずかな評価データとただ関連されるだけである
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
広告

Written by denjihajapan

2010/02/12 @ 01:50

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中