DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[17:概要・結論]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[17:概要・結論]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■マイクロ波テクノロジーには、内部音声信号伝送の能力がある(マイクロ波技術は、内なる音声の信号伝送の能力がある)
 
■マイクロ波内部音声兵器は検討され、兵器は基礎技術の説明とともに参照された
 
■追跡技術の利用により、精神障害(病)における現在の継続症状(徴候)を維持できます
 
■同様の手法で頻繁におこる患者の苦情以来、妄想性障害と精神障害における、それらテクノロジーの関与を除外(不可能に)するために開発された方式(方法)は強制的なものです
 
■これはエビデンス(検証結果)を無視するよりはるかに非論理的で患者に失礼なものです
 
■マイクロ波の生態効果(影響)は、統合失調症(患者)の調査(治験)の主要な裏づけとともにハイレベルに一致します
 
■統合失調症とマイクロ波被爆(照射)の両方で、認知障害と随伴陰性変動の減少を含む電気生理学的信号の数、聴覚事象関連応答の減少と増加するデルタ波の脳波(図)などがある
 
※随伴陰性変動:(contingent negative variation/CNV)は、一定間隔で一対の刺激を与え、第2刺激に対して一定の反応、例えば、ボタン押しなどをさせる予期的反応時間課題を行わせることにより第1刺激と第2刺激の間に見られるゆっくりとした陰性変動です
※Auditory event-related responses:聴覚事象関連応答
 
■驚愕反応とガルバニック(電気にかかったような)皮膚反応は、両方の状態において減少が知られる(発見された)
 
■両方の状態での神経伝達物質(ニューロトランスミッター)レベルにおいて、減少と同様であることを示したドーパミンやGABAとともに、セロトニンの減少が知られる(発見された)
※ギャバはアミノ酸の一種で、私たちの脳や脊髄に存在する「抑制系の神経伝達物質」です。通常、何か不安や恐怖があると、脳内でノルアドレナリンが分泌され、緊張や注意を促します。しかし、それが過剰に分泌され、本来なら働かなくていい神経回路までが働きだすとパニックを起こしてしまうのです。ギャバは、神経細胞の興奮を抑え、本来なら働かなくてもよい神経回路にはその刺激が伝わらないように働きかけてくれる物質なのです。つまり、「脳を癒してくれる物質」といえます。
 
■両方の状況(状態)において、大脳辺縁系は苦しめられる
 
■メラトニン減少でのホルモン変化や副腎活性化は、両方の状態に共通です
 
■免疫機能・ミトコンドリア・血管脳関門は、両方の状況(状態)において類似性の変質(変化)が報告される
 
※血液脳関門:blood-brain barrier/BBB
 
■マイクロ波は、統合失調症患者のいくつかの脳構造で陥たことが(観測により)認められた有害な組織診断(組織学)を(誘導)引き起こす
 
■マイクロ波被爆(照射)は、それら幻覚症状で顕著なものに対応する脳構造を活性化する
 
■嚢下白内障は、両方の状態とともに関連づけられた
 
■網膜症(障害)は、広範囲に規程された抗精神病薬物療法(統合失調症治療薬)やマイクロ波被爆(照射)と関連づけられる
 
■マイクロ波音声信号伝送や脳波同調は、陽性症状(兆候)のための基礎(ベース)を与える(※病因となる)
 
■マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の間の、ほとんど包括的(網羅的)な適合(一致)は、全ての患者に適用されるものではないだろう、しかし、陰性症状のグループとともにもっとも一致(矛盾しない/首尾一貫)している
 
■統合失調症(患者)の症状をともなうマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)は、技術的因果関係(原因)の1つ音声信号伝送と関係させる(まきこむ)必要はない
 
 
 
■照射(被爆)の標準規格において、機能することへの潜在的中毒効果は近い状態で存在する
 
■どのような症候群も未確定とされるが、過敏症候群はマイクロ波にくらべより低い周波数帯で報告される
 
■神経変性疾患も、より低い周波数帯の照射(被爆)・特に筋萎縮性側索硬化症(ALS)とアルツハイマーとともに関連づけられる
 
■陽性の統合失調症の症状に似せる(まねる)音声信号伝送の潜在力(潜在能力)、そして、マイクロ波生態効果(影響)をともなう他の症状の適合(一致)は、少数の患者より多く関係するであろう技術的因果関係を示す
 
■医学界は、そのような因果関係(病因)の調査拒絶において怠慢です
 
■精神医学者は、この中で言及(照合)した基本的なもののように病気に冒されつつある患者の長期にわたる訴え(苦情)を能動的に無視をした
 
■マイクロ波に関する技術的因果関係(病因)のためのエビデンス(検証結果)は、数理的一致の状態を除くことができない適合(一致)同様の統合失調症患者の症状とともに実際に包括的に相互に関係する
 
■この仮説は、他のいかなる病因の手段(方法)より多く定義される、そして病因究明と同様に不可能(無視)にするための手法(方法)開発に調査権限をあたえるべきです
 
■率直な証明(証明指導)にもかかわらず、特定の事例に関して不足しており、調査(治験)は始めなければなりません
 
■もちろん仮説は、全ての事例に関係してはいないだろう、多因子の病因(因果関係)は医療(医薬)に共通のため、言及はしばしば「統合失調症」にしようとした
 
■内部音声暴行(突然襲い掛かる内なる声)への患者の討論主題は、幻覚症状や音声は彼らに送り届けられる(信号伝送)という確信とともにパラノイア(強迫妄想と聴覚性幻聴を特徴とする)のようなものがあるだろう
 
※paranoia:(強迫妄想と聴覚性幻聴を特徴とする精神疾患) 妄想性障害, 妄想症, パラノイア, 偏執症
※internal voice assault:内部音声暴行
 
■これは、ここに記録(文書)された相互関係のいくつかまたは全てを有している熟練(非未熟)した攻撃とともに、時々おこる事例の中で最もありえるでしょう     
 
 
 
■電磁放射から保護された部屋の内外での反応(応答)などの調査は、(問題に対して)関連します
 
■実践的考察(配慮)は、MRI(磁気共鳴画像法)と脳磁気図検査のためにすでに存在する保護された施設です
 
■幻覚症状の観察(知見)・聴覚反応(応答)に関連した事象、随伴陰性変動(CNV)または選ばれた患者における脳波(図)のデルタ波の指標はマイクロ波中断(中止)のためのより直接責任を負う要因(限定要素)のようであろう
 
■現存する施設は適切に保護されているかもしれないとはいえ、保護することは、適切に本気でとりくむ決意とレーダー波に有効(効果)でなければいけない    
 
■統合失調症での嚢下白内障と網膜症の疫学的研究も、(当面の問題との)関連性があるだろう
 
■白内障の特定のタイプは、マイクロ波が引き起こしたものであると知られており、薬物治療協会外で報告された
 
■患者の信号が他のマイクロ波生態効果(影響)に関連していることは、これら症状(徴候)のいくらか同時に起こる振る舞い(態度/挙動)であるだろう
 
Acknowledgements: Thanks are given to God for inspiration, and to Dr. Paul Canner for suggestions.
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/02/14 @ 22:21

カテゴリー: 電磁波と生態

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中