DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

Archive for 3月 2011

エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ]

脳と衛星監視[暴行と拷問](BRAIN AND SATELLITE SURVEILLANCE, ASSAULT AND TORTURE 17 June 2010)
ワシントンD.C.の合衆国裁判所で訴え(訴訟)の証明(証拠)を提出した[John St. Clair Akwei vs NSA, Ft. Meade, MD, USA](Civil Action 92-0449)

[4:エレクトロニックブレインリンクテクノロジー(国家安全保障局信号諜報機関(情報機関)の電子的脳連動技術)]

※関連リンク
http://www.angelfire.com/pro2/dchakrab/ebl_rnm.htm(原文英語)
※(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)■http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

■国家安全保障局のシギント(諜報活動)はリモート(遠隔)検出と識別ができる、また人々の生体電気フィールド(生体電界)を監視できる

※シギント(SIGINT:signal intelligence)は、通信、電磁波、信号等を媒介とした諜報活動のこと。
※ヒューミント(HUMINT:human intelligence)は、人間やメディアを媒介とした諜報活動のこと。人的諜報。合法活動や捕虜の尋問等も含み、スパイ活動のみを指すわけではない。外交官や駐在武官による(または入国審査を正々堂々通過しての)活動をリーガル(Legal―合法員)、国境線を密かに越える・身分を偽るなど何らかの違法な手段で不法に入国しての活動をイリーガル(Illegal―非合法員)と呼ぶ。なお、リーガルであってもその活動・手法が不法なものであると見做された場合は、ペルソナ・ノン・グラータが言い渡される事がある。
■ヒューミントを行う日本の機関:公安警察(警視庁公安部、各県警察本部警備部等)、法務省公安調査庁、陸上自衛隊中央情報隊(隷下の『現地情報隊』が行う。)ほかである
※ペルソナ・ノン・グラータ (Persona non grata) とは、外交用語の一つ。ラテン語で「好ましからざる人物」の意。ここから転じて慣用的に「歓迎されざる人物」を指すこともある。外交関係に関するウィーン条約や領事関係に関するウィーン条約で明記されている。

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%88(シギント)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88(ヒューミント)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF(ペルソナ・ノン・グラータ)

■国家安全保障局の信号諜報活動は、30~50hzの誘発電位デジタル的符号解読による、(人間の)脳の遠隔で非侵襲的監視情報を独占できる(状況にある)、脳からは、5ミリワット(1W=1000mW)の電磁放射である、脳が創り出す連続的に変化する(連続的に変化する磁束を含む)電気的パターンにおける神経(細胞)活動

※evoked potentials:誘発電位
※milliwatt:電力消費量の単位としてよく用いられる。 1W = 1,000 mWである。千分の1ワット
※neuronal activity:神経活動、神経細胞活動、ニューロン活動、神経活性、ニューロン活性
※magnetic flux:磁束

■この磁束は一定の30~50hzを出し(30~50hzリフレッシュレート)、5ミリワットの電磁波(EMF)に自制した、脳からの電磁放射(排出)の「誘発電位」と呼ばれるスパイク(波形の尖頭)やパターンである

■脳内の、全ての思考、(脳内)反応、運動指令(運動出力)、聴覚性事象、および視覚イメージ(映像)は、誘発電位通信または誘発電位一式がある

■脳が現在の思考(電流:被験者の脳の映像と音響)にデコード(暗号解読)できることによる電磁界放射(排出)

■国家安全保障局のシギント(諜報活動)は、諜報活動員への情報を送信する通信システムのように電磁界送信される脳刺激を用いている(それだけでなく神経系メッセージでもある)また、被験者が非知覚レベルにおける隠された(秘密の)操作の脳への送信でもある

■電磁界脳刺激は脳内の誘発電位誘引(イベントトリガー)への複合的な方法でコード化した電磁信号パルスにより行われ、それにより脳内の神経回路で音響と映像イメージ形成している、電磁界脳刺激は人々の脳の状態を変更することもでき、運動制御にも影響を与える(悪影響を及ぼす)

※neural circuit:神経回路

■双方向の電子的脳連動(エレクトロニックブレインリンク:EBL)は、聴覚皮質(耳を解さない)への音響(聴覚)送信や視覚皮質(視神経と眼を介さず、脳内に浮かぶ平面(2D)スクリーンとして映像(イメージ)が出現する)にかすかな映像(イメージ)送信がおこなわれている間、遠隔監視される神経視聴覚情報により行われた

■双方向のエレクトロニックブレインリンク(EBL:電子的脳連動)は、中央情報局(CIA)/国家安全保障局(NSA)の人員のための究極の通信システムとなっている、リモートニューラルモニタリング(RNM:遠隔神経監視※脳内生体電子情報遠隔監視である)は、究極の監視システムとなっている、合衆国インテリジェンスコミュニティ(情報機関により組織される機関)の限られたエージェント(捜査官)により用いられる

※リモートニューラルモニタリング:脳内の生体電子の情報を遠隔監視する

■遠隔神経監視(RNM)は、それぞれ特定の脳領域の共振(共鳴)周波数のデコード(符号解読)を必要とする、その周波数は、そのためその特定の脳領域の情報に押し付ける(強いる)のために適切に(振幅/周波数)変調される

※resonance frequency:共鳴周波数、共振周波数、共鳴振動数

■周波数は様々な脳領域が3~50hzの一様でない多様な応答をする、国家安全保障局の信号諜報活動(機関)のみが、この周波数帯で信号を変調する

An example of EMF Brain Stimulation:
————————————————————————————————————————————–
Brain Area:Bioelectric Resonance Frequency:Information Induced Through Modulation
————————————————————————————————————————————–
Motor Control Cortex:10hz:Motor Impulse Co-ordination
Auditory Cortex:15hz:Sound which bypasses the ears
Visual Cortex:25hz:Images in the brain, bypassing the eyes
Somatosensory Cortex:9hz:Phantom Touch Sense
Thought Center:20hz:Imposed Subconscious Thoughts
————————————————————————————————————————————–

■この変調情報は、潜在意識から知覚まで強度を変化させ脳の中に入れることができる

■それぞれの人の脳は、生体電子共鳴/生体電子同調の周波数の一意のセット(独自一式)を持っている、他の人の聴覚皮質の周波数で、ある人の脳へ音響(聴覚)情報を送信することでは、その音響(聴覚)情報の知覚はなされないだろう

■Ft.Meade、国家安全保障局のKinnecomeグループと接触をもち双方向の遠隔神経監視(RNM)の存在により、原告は遠隔神経監視(RNM)を聞きおよんだ、彼らは原告をひどく悩ませる(嫌がらせの)ために、遠隔神経監視(RNM)・立体(3D)音響を脳に指揮(演出)するものを用いた

■彼らは、原告に対し双方向の遠隔神経監視(RNM)通信をもって、原告を普通に生活できなくする(無能力にする)ために遠隔神経監視(RNM)を用い、また、過去12年の彼らの原告に対する活動について当局に向かうことから原告を妨げる(妨害する)

■Ft.MeadeのKinnecomeグループは、約100名で1日24時間おこなっている(24時間体制でおこなっている)、彼らはまた脳盗聴される人々も有し原告を孤立させたままにするとともに原告はコンタクト(交信)状態にある

■この件は、これまで遠隔神経監視(RNM)に対しひどく悩まされていた民間人(市民個人)で、国家安全保障局職員の情報(諜報)操作(工作)の方法を悪用する(虐待に用いる)ことに反対する訴訟(訴えること)をすることができた最初のことである

※関連リンク(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)
http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

[記事引用:sincerely, john finch]

広告

Written by denjihajapan

2011/03/18 at 01:29

カテゴリー: テクノロジー犯罪

エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ]

脳と衛星監視[暴行と拷問](BRAIN AND SATELLITE SURVEILLANCE, ASSAULT AND TORTURE 17 June 2010)
ワシントンD.C.の合衆国裁判所で訴え(訴訟)の証明(証拠)を提出した[John St. Clair Akwei vs NSA, Ft. Meade, MD, USA](Civil Action 92-0449)

[3:国家安全保障局の工作員たちが用いる遠隔神経監視(RNM)の能力(特性)]

※関連リンク
http://www.angelfire.com/pro2/dchakrab/ebl_rnm.htm(原文英語)
※(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)■http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

■それらは1940年代以来の合衆国の信号諜報活動ネットワークである

■国家安全保障局、Ft.Meadeは被験者の追跡と非侵襲的監視(脳の聴覚-視覚情報)に用いられる双方向(送受信)ワイヤレス(無線)遠隔神経監視(RNM)システムを有する場所(施設)である

※non-invasively:肉体の通常の状況を乱す外部からの刺激をともなわない

■(これは)被験者と身体的接触(物理的接触)を無しにすべてを行える

※physical contact:身体的接触、物理的接触

■遠隔神経監視は、監視と自国内諜報活動の究極の方法(最終測定方法)である

■話し言葉(話法)と立体サウンドとサブリミナル音響を、被験者の(脳の)聴覚皮質(耳を介さず)に届けることができ、映像(イメージ)を視覚皮質の中に届けることができる

■遠隔神経監視(RNM)は、被験者の知覚・ムード(一時的な心の状態や人の言動を左右するような感情)・運動制御を変更できる

■言語皮質/聴覚皮質の連動は、情報機関のための究極の通信システムになる

※speech cortex function:言語皮質機能

■遠隔神経監視(RNM)は、完全な聴覚-視覚・脳から脳への連動または脳からコンピュータへの連動を考慮する

[記事引用:sincerely, john finch]

 

Written by denjihajapan

2011/03/14 at 06:27

カテゴリー: テクノロジー犯罪

エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ]

脳と衛星監視[暴行と拷問](BRAIN AND SATELLITE SURVEILLANCE, ASSAULT AND TORTURE 17 June 2010)
ワシントンD.C.の合衆国裁判所で訴え(訴訟)の証明(証拠)を提出した[John St. Clair Akwei vs NSA, Ft. Meade, MD, USA](Civil Action 92-0449)

[2:国家安全保障局の電磁界脳刺激を用いる信号諜報活動]

※関連リンク
http://www.angelfire.com/pro2/dchakrab/ebl_rnm.htm(原文英語)
※(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)■http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

■国家安全保障局の信号諜報活動は、リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)&エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)に電磁界脳刺激を用いる

■電磁界脳刺激は、1950年代初頭のMKULTRAプログラムから開発が続けられており、「放射(線)/非電離電磁界」への神経学的な研究調査と生態電気の研究調査と開発が含まれる

※ionize:電離する、イオン化する

■結果として生じる秘密技術は、国家安全保障公文書館で「放射線諜報活動」と同様に分類され、「放射能や核爆発を含んでいない、自然環境の何気なく発せられる電磁波からの情報」と定義される

※National Security Archive:アメリカ国家安全保障アーカイブ (ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学のキャンパス内に施設を持つ、501(c)(3)条の免税資格を得た研究・アーカイブ組織)
※Radiation intelligence(or RINT) is military intelligence gathered and produced from unintentional radiation created as induction from electrical wiring, usually of computers, data connections and electricity networks.

■信号諜報活動は実行され、合衆国政府の他の電子戦(争)プログラムのように(同様の風習で)この技術の秘密を保持した

■国家安全保障局は、この技術にかんする入手可能な情報を絶えず監視し、一般国民に科学研究調査を与えなくする(さし押させる)
(これらは、この技術の秘密を保持するための国際情報機関の協定でもある)

■国家安全保障局は、遠くから人間の電気的活動を分析する独自の電子装置を持っている

■国家安全保障局のコンピュータで生成される脳機能マッピングは、全ての電気的活動を連続的に絶えず監視できる

※brain mapping(functional brain mapping):脳機能局在つまり脳の各部位がどのような働きをしているかを、あたかも脳を地図に見立てたかのように”マッピング”し、その結果から図などを作成することである。これにより脳の各部位ごとの機能を明らかにすることを目的とする。現在多くの脳機能マッピングは大脳皮質を対象としている。生物の中でも特にヒトについての脳機能マッピングは他と区別してヒト脳機能マッピングと呼ばれることがある。また脳の特定の部分ごとに大脳皮質マッピングなどと呼び分けたりもする。また臨床の場では術前脳機能マッピング、術中脳機能マッピングの呼び分けもある。

■国家安全保障局は、国家安全目的のため(数十万人の)個々の脳機能マッピングの記録と解読をする

■電磁界脳刺激もまた、軍によるブレイントゥコンピュータリンク(B2C:脳からコンピュータへの連動)(例えば:軍用戦闘機で)に秘密裏に用いられている

■電子的監視は脳の言語中枢内の電気的活動を意図するため、被験者の言語思考の中へ変換(翻訳)することができる

※speech center:言語中枢、皮質言葉中枢、言葉中枢、言語野、言語野中枢

■遠隔神経監視(RNM)は、脳の聴覚皮質(聴覚情報を受け取る皮質野)にエンコード・シグナル(伝達情報を符号化した信号)を送る(届ける)ことができる、したがって、直接的な脳への音声通信を可能にしている(耳を介さずおこなえる)

※encode:エンコード:(伝達文を)暗号に書き直す、符号化する、コード化する(主に光・音・煙・手(旗)などによって、特に遠方へ送られるあらかじめ定められた合図)
※auditory cortex:聴覚皮質(内側膝状体から聴覚情報を受け取る皮質野)

■妄想型統合失調症の特徴(特有)である聴覚性幻覚をシミュレーティング(模擬的に再現する)することにより、国家安全保障局の工作員たちは被験者(やその健康)を密かに衰弱させるためにこれを用いることができる

※paranoid schizophrenia:妄想型統合失調症
※auditory hallucination:聴覚性幻覚

■被験者とのどのような接点も無しに、被験者の脳の視覚皮質から電気的活動(の脳機能マッピング)を出力でき、ビデオモニタ上で被験者の脳からの映像を示すことができる

※visual cortex:視中枢、視覚皮質、視覚領、視覚領皮質、視覚野

■国家安全保障局の工作員たちは、監視対象の被験者の眼が見ているものを見る、また視覚的記憶も見ることができる

※visual memory:視覚記憶

■遠隔神経監視(RNM)は直接的に視覚皮質に映像(イメージ)を送る(届ける)ことができる(眼や視神経を介さずおこなえる)

■国家安全保障局の工作員は、監視対象の被験者の脳で(※脳プログラミングを目的とするレム睡眠にある間)不正(内密)に映像(イメージ)を提起することに用いることができる

※レム睡眠:Rapid eye movement sleep:REM sleep:急速眼球運動(Rapid Eye Movement, REM)を伴う睡眠である。睡眠中の状態のひとつで、身体が眠っているのに、脳が活動している状態である。身体的には骨格筋が弛緩状態にあり、急速眼球運動のほかは身体はほとんど動かないが、脳波はシータ波が優勢で覚醒時と同様の振幅を示す。外見的には寝ているのに、脳は覚醒状態にあるため、逆説睡眠とも呼ばれる。レム睡眠に対して、急速眼球運動を伴わない睡眠のことをノンレム睡眠または徐波睡眠(じょはすいみん)という。入眠時にはまずノンレム睡眠が現れ、続いて約1時間から2時間ほどでレム睡眠に移る。以後、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れ、レム睡眠はほぼ90分おきに20-30分続く。一晩の睡眠では4-5回のレム睡眠が現れる。夢を見るのはレム睡眠中であることが多く、この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%A0%E7%9D%A1%E7%9C%A0(レム睡眠)

[記事引用:sincerely, john finch]

Written by denjihajapan

2011/03/14 at 06:24

カテゴリー: テクノロジー犯罪

エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ]

脳と衛星監視[暴行と拷問](BRAIN AND SATELLITE SURVEILLANCE, ASSAULT AND TORTURE 17 June 2010)
ワシントンD.C.の合衆国裁判所で訴え(訴訟)の証明(証拠)を提出した[John St. Clair Akwei vs NSA, Ft. Meade, MD, USA](Civil Action 92-0449)

[1:監視のために人々の電磁界フィールドを検出している]

※関連リンク
http://www.angelfire.com/pro2/dchakrab/ebl_rnm.htm(原文英語)
※(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)■http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

■(被験者の)生態電気フィールドは遠隔検出することができ、そのために被験者はどこでも監視される、

■特殊な電磁界の知識を有する国家安全保障局の暗号学者たちは、脳波からの誘発電位を遠隔で読み取ることができる

※NSA:National Security Agency:国家安全保障局
※evoked potentials:誘発電位

■これらは人の脳の状態と思考の中にデコード(暗号解読)することができる、被験者は(その時に)遠くから完全に監視される

■国家安全保障局の職員は、信号諜報活動・電磁界スキャニングネットワーク(EMF走査網)で国内のどのような者にもダイヤルアップ(信号通信接続)できる、そして、国家安全保障局のコンピュータは、一日24時間、人々の正確な位置特定と追跡をするだろう

※dial-up:ダイヤルアップ式, ダイヤル呼出し(遠方のコンピューターへのアクセスに電話回線を使う)
※SIGnals INTelligence:信号諜報活動

■国家安全保障局は、合衆国で誰かを見分け追跡できる(個人特定と追跡が可能)

※国家安全保障局(National Security Agency:NSA)は国防総省の諜報機関である、1952年11月4日に設立され、国家情報長官によって統括されるインテリジェンス・コミュニティーの中核組織のひとつであり、公式では海外情報通信の収集と分析を主任務としているが、組織の存在自体が長年秘匿させられた経緯などから、その実像には不明の部分も多い。英国の政府通信本部(GCHQ)、カナダの通信安全保障局(CSE)、オーストラリアの参謀本部国防信号局(DSD)、ニュージーランドの政府通信保安局(GCSB)と共にエシュロン(Echelon)を運用していると考えられている。

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80(アメリカ国家安全保障局)

※インテリジェンス・コミュニティーとは各国の政府が設置している情報機関によって組織されている機関。

※日本のインテリジェンス・コミュニティー:内閣情報会議とその下に設置されている合同情報会議を頂点とする議合制の体制である。内閣情報会議は年2回、合同情報会議は隔週で開催される。内閣情報会議は国内外の内閣の重要政策に関する情報を総合的に把握するため、また、合同情報会議は内閣情報調査室や外務省、防衛省、警察庁、公安調査庁など情報活動に関わる機関の調整などを行う。

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC(インテリジェンスコミュニティ)

[記事引用:sincerely, john finch]

 

Written by denjihajapan

2011/03/14 at 06:18

カテゴリー: テクノロジー犯罪

違法な犯罪衛星監視ネットワーク(An Illegal RNM(Remote-Neural-Monitoring)-EMP(Electromagnetic-Pulse) Criminal Satellite Surveillance Network)[脳波同調・脳波シミュレーション]

違法なRNM-EMP犯罪衛星監視ネットワーク[2:ヒューマンプログラミング]
An Illegal RNM-EMP Criminal Satellite Surveillance Network.(Original Message by Roger Lowe)

※関連リンク
http://www.scribd.com/doc/22848977/An-Illegal-RNM-Remote-Nueral-Monitoring-EMP-Electromagnetic-Pulse-Criminal-Satellite-Surveillance-Network(原文英語)

■脳の同調(脳波同調)を行う目的のハードウェアとソフトウェア、それに、催眠トリガー(催眠術の暗示:条件反射型の催眠術となるもの)は充分なお金とインターネットを介せば誰でも手に入れることができる

※Brainwave entrainment:brainwave synchronization
※entrainment:同調化, 同調, (非言語的コミュニケーション)

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/Brainwave_entrainment(Brainwave entrainment)

■「LIDA」などの脳波の混合機、脳波をシミュレーション(模擬再現)する設備(装置)、音響ヘテロダイン(信号の混合で新たな信号ができる)する設備も特定のところで誰もが入手できる、しかし、このサイバー組織ストーカー行為の一連の装置も全国的に運営しているテロ・ネットワークの一部分でしかない

■私を取り囲むだけでなく私にこれら(遠隔神経監視・電磁パルスで盗聴を行う衛星ビームの(上の)ソフトウェア・プログラミングの混ざり合ったもの)を使用し催眠術の暗示(科学的催眠暗示)を用いる組織を見てきた

■人々はこの犯罪ネットワークのヒューマンプログラミング(人間への一連の命令編成/計画)能力範囲に誤った過小評価をもっている

■私の目の前で(私が)彼らに到達する以前に法的権力(権威)は操作された

■違法な人工衛星ネットワークを用いている犯罪者たちは計画(予定計画)でき、実直な人々が、眠っているとき(知らないとき)だけに限らず起きているときにも操作する

[記事引用:Roger Lowe/Sat Sep 23, 2006]

Written by denjihajapan

2011/03/06 at 01:59

カテゴリー: テクノロジー犯罪

違法な犯罪衛星監視ネットワーク(An Illegal RNM(Remote-Neural-Monitoring)-EMP(Electromagnetic-Pulse) Criminal Satellite Surveillance Network)[遠隔神経(脳)監視と電磁パルス]

違法なRNM-EMP犯罪衛星監視ネットワーク[1:組織犯罪]
An Illegal RNM-EMP Criminal Satellite Surveillance Network.(Original Message by Roger Lowe)

※関連リンク
http://www.scribd.com/doc/22848977/An-Illegal-RNM-Remote-Nueral-Monitoring-EMP-Electromagnetic-Pulse-Criminal-Satellite-Surveillance-Network(原文英語)

■先の言及どおり「(私は)サイバーストーカー犯罪組織に今だ悩まされている」

■この組織は違法な遠隔神経監視(RNM)盗聴ネットワーク(又はその一部)へのアクセスを有して(全部/又は一部の利用)おり、(他の多くの人々の生活とともに)私生活を破壊するために壁を通過する人工衛星技術(ほとんど知られていない)を用いている

■(この)電磁パルス・遠隔神経監視(の人工)衛星の傍受(盗聴)ビーム(信号電波/盗聴電波)技術は、人間の健康に良いものではないうえに多くの健康上の問題を作りだせる、私は電磁映像監視のいくつかのタイプと内臓(臓器)の異常によって(介して)示されることになり、(私の)生活の展望(期待)がいちじるしく損なわれる事はより深刻になった(行われていないと感じるよりはるかに長いであろうストーカー行為をされた時間の範囲に(当然)支払われるべきである)

■(長期に)電磁パルス・遠隔神経監視ビームを用い、彼らは突きつけ、放電(スパーク)し、私に怪我をさせる、(私の)各間接の骨の痛みの継続、そして脅迫(彼らの行うストーキングは「私と家族の皆を殺すために行っている」と話している)

■これは、ビーム(光/電磁波の粒子)がヘテロダインに用いられる(周波数の様々なタイプの)コンプトン反跳電子と呼ばれるものの一部を作ると思われる、それは人々の思考解析(読取ること)にも用いられはじめている

■私に組織ストーキングを行うこの犯罪組織は、ジョージア州、オーバーンの丘の上のドライブサークルにある(位置した)、彼らは(ジョージア州、コンヤーズで)違法にこのネットワーク(Satellite Surveillance Network)を使用する者による第二の組織も持っている(少なくとも2・3人はSimplex-grinnell Lp.で勤めている)、TYCO InternationalのCEOは、犯罪同様のこの遠隔神経監視(RNM)・電磁パルス(EMP)衛星監視ネットワークを用いて、300万以上を奪い取ったことを忘れてはならない

[記事引用:Roger Lowe/Sat Sep 23, 2006]

Written by denjihajapan

2011/03/06 at 01:54

カテゴリー: テクノロジー犯罪