DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

エレクトロニック・ブレイン・リンク(電子的脳連動)&リモート・ニューラル・モニタリング(遠隔神経監視)[ ELECTRONIC BRAIN LINK & REMOTE NEURAL MONITORING (EBL & RNM) ]

脳と衛星監視[暴行と拷問](BRAIN AND SATELLITE SURVEILLANCE, ASSAULT AND TORTURE 17 June 2010)
ワシントンD.C.の合衆国裁判所で訴え(訴訟)の証明(証拠)を提出した[John St. Clair Akwei vs NSA, Ft. Meade, MD, USA](Civil Action 92-0449)

[4:エレクトロニックブレインリンクテクノロジー(国家安全保障局信号諜報機関(情報機関)の電子的脳連動技術)]

※関連リンク
http://www.angelfire.com/pro2/dchakrab/ebl_rnm.htm(原文英語)
※(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)■http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

■国家安全保障局のシギント(諜報活動)はリモート(遠隔)検出と識別ができる、また人々の生体電気フィールド(生体電界)を監視できる

※シギント(SIGINT:signal intelligence)は、通信、電磁波、信号等を媒介とした諜報活動のこと。
※ヒューミント(HUMINT:human intelligence)は、人間やメディアを媒介とした諜報活動のこと。人的諜報。合法活動や捕虜の尋問等も含み、スパイ活動のみを指すわけではない。外交官や駐在武官による(または入国審査を正々堂々通過しての)活動をリーガル(Legal―合法員)、国境線を密かに越える・身分を偽るなど何らかの違法な手段で不法に入国しての活動をイリーガル(Illegal―非合法員)と呼ぶ。なお、リーガルであってもその活動・手法が不法なものであると見做された場合は、ペルソナ・ノン・グラータが言い渡される事がある。
■ヒューミントを行う日本の機関:公安警察(警視庁公安部、各県警察本部警備部等)、法務省公安調査庁、陸上自衛隊中央情報隊(隷下の『現地情報隊』が行う。)ほかである
※ペルソナ・ノン・グラータ (Persona non grata) とは、外交用語の一つ。ラテン語で「好ましからざる人物」の意。ここから転じて慣用的に「歓迎されざる人物」を指すこともある。外交関係に関するウィーン条約や領事関係に関するウィーン条約で明記されている。

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%88(シギント)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88(ヒューミント)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF(ペルソナ・ノン・グラータ)

■国家安全保障局の信号諜報活動は、30~50hzの誘発電位デジタル的符号解読による、(人間の)脳の遠隔で非侵襲的監視情報を独占できる(状況にある)、脳からは、5ミリワット(1W=1000mW)の電磁放射である、脳が創り出す連続的に変化する(連続的に変化する磁束を含む)電気的パターンにおける神経(細胞)活動

※evoked potentials:誘発電位
※milliwatt:電力消費量の単位としてよく用いられる。 1W = 1,000 mWである。千分の1ワット
※neuronal activity:神経活動、神経細胞活動、ニューロン活動、神経活性、ニューロン活性
※magnetic flux:磁束

■この磁束は一定の30~50hzを出し(30~50hzリフレッシュレート)、5ミリワットの電磁波(EMF)に自制した、脳からの電磁放射(排出)の「誘発電位」と呼ばれるスパイク(波形の尖頭)やパターンである

■脳内の、全ての思考、(脳内)反応、運動指令(運動出力)、聴覚性事象、および視覚イメージ(映像)は、誘発電位通信または誘発電位一式がある

■脳が現在の思考(電流:被験者の脳の映像と音響)にデコード(暗号解読)できることによる電磁界放射(排出)

■国家安全保障局のシギント(諜報活動)は、諜報活動員への情報を送信する通信システムのように電磁界送信される脳刺激を用いている(それだけでなく神経系メッセージでもある)また、被験者が非知覚レベルにおける隠された(秘密の)操作の脳への送信でもある

■電磁界脳刺激は脳内の誘発電位誘引(イベントトリガー)への複合的な方法でコード化した電磁信号パルスにより行われ、それにより脳内の神経回路で音響と映像イメージ形成している、電磁界脳刺激は人々の脳の状態を変更することもでき、運動制御にも影響を与える(悪影響を及ぼす)

※neural circuit:神経回路

■双方向の電子的脳連動(エレクトロニックブレインリンク:EBL)は、聴覚皮質(耳を解さない)への音響(聴覚)送信や視覚皮質(視神経と眼を介さず、脳内に浮かぶ平面(2D)スクリーンとして映像(イメージ)が出現する)にかすかな映像(イメージ)送信がおこなわれている間、遠隔監視される神経視聴覚情報により行われた

■双方向のエレクトロニックブレインリンク(EBL:電子的脳連動)は、中央情報局(CIA)/国家安全保障局(NSA)の人員のための究極の通信システムとなっている、リモートニューラルモニタリング(RNM:遠隔神経監視※脳内生体電子情報遠隔監視である)は、究極の監視システムとなっている、合衆国インテリジェンスコミュニティ(情報機関により組織される機関)の限られたエージェント(捜査官)により用いられる

※リモートニューラルモニタリング:脳内の生体電子の情報を遠隔監視する

■遠隔神経監視(RNM)は、それぞれ特定の脳領域の共振(共鳴)周波数のデコード(符号解読)を必要とする、その周波数は、そのためその特定の脳領域の情報に押し付ける(強いる)のために適切に(振幅/周波数)変調される

※resonance frequency:共鳴周波数、共振周波数、共鳴振動数

■周波数は様々な脳領域が3~50hzの一様でない多様な応答をする、国家安全保障局の信号諜報活動(機関)のみが、この周波数帯で信号を変調する

An example of EMF Brain Stimulation:
————————————————————————————————————————————–
Brain Area:Bioelectric Resonance Frequency:Information Induced Through Modulation
————————————————————————————————————————————–
Motor Control Cortex:10hz:Motor Impulse Co-ordination
Auditory Cortex:15hz:Sound which bypasses the ears
Visual Cortex:25hz:Images in the brain, bypassing the eyes
Somatosensory Cortex:9hz:Phantom Touch Sense
Thought Center:20hz:Imposed Subconscious Thoughts
————————————————————————————————————————————–

■この変調情報は、潜在意識から知覚まで強度を変化させ脳の中に入れることができる

■それぞれの人の脳は、生体電子共鳴/生体電子同調の周波数の一意のセット(独自一式)を持っている、他の人の聴覚皮質の周波数で、ある人の脳へ音響(聴覚)情報を送信することでは、その音響(聴覚)情報の知覚はなされないだろう

■Ft.Meade、国家安全保障局のKinnecomeグループと接触をもち双方向の遠隔神経監視(RNM)の存在により、原告は遠隔神経監視(RNM)を聞きおよんだ、彼らは原告をひどく悩ませる(嫌がらせの)ために、遠隔神経監視(RNM)・立体(3D)音響を脳に指揮(演出)するものを用いた

■彼らは、原告に対し双方向の遠隔神経監視(RNM)通信をもって、原告を普通に生活できなくする(無能力にする)ために遠隔神経監視(RNM)を用い、また、過去12年の彼らの原告に対する活動について当局に向かうことから原告を妨げる(妨害する)

■Ft.MeadeのKinnecomeグループは、約100名で1日24時間おこなっている(24時間体制でおこなっている)、彼らはまた脳盗聴される人々も有し原告を孤立させたままにするとともに原告はコンタクト(交信)状態にある

■この件は、これまで遠隔神経監視(RNM)に対しひどく悩まされていた民間人(市民個人)で、国家安全保障局職員の情報(諜報)操作(工作)の方法を悪用する(虐待に用いる)ことに反対する訴訟(訴えること)をすることができた最初のことである

※関連リンク(REMOTE NEURAL MONITORING)
http://www.greatdreams.com/RNM.htm(RNM)
http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring.pdf(RNM)

[記事引用:sincerely, john finch]

広告

Written by denjihajapan

2011/03/18 @ 01:29

カテゴリー: テクノロジー犯罪