DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

電磁兵器と人権

ELECTROMAGNETIC WEAPONS AND HUMAN RIGHTS (the 5th Symposium)
[1、序文と献辞]

※関連リンク
http://www.non-lethal-weapons.com/(原文英語)
http://www.slavery.org.uk/WalterPaper.htm(原文英語)

■Martin Luther King博士による序文:我々の安全を約束し(我々の)自由の見返りを尋ねる者、それらを警戒(注意)しなければならない、自由の(ための)代価は多分に不確実なものであろう部分、それでいて完全な安全のための代償は残酷(非道)であることを我々は認識しなければならない

■本稿(論文)は、Miss Jelena W. Blinnikova-Wjasemskaja.に捧げられた、このロシアの科学者や軍事レーダーとバイオジェネレータの専門家は、2007年8月モスクワの彼女のアパートのキッチンの床で死んでいるのを発見された、彼女はヨーロッパの人権裁判所により専門家の証人として招待されていた、ロシアの94都市において、年間で2000人の物理学者が、EMF兵器・RF兵器の人々への効果について(道徳的な)科学的調査を行っていた、彼女が亡くなる少し前、彼女に向けられた電磁照射や3~5cmsと20cmsの波長をともなう彼女のアパートや超音波についての苦情を訴えていた

※ultrasound:超音波

■本稿は、Peter Helwigや他の多くの被害者の記憶にもある、48歳のワインダーやベルリンのCNCカッターもまた、電磁と音響照射の苦情を訴え、2008年9月に彼のアパートで自殺に至らされた(追い込まれた)

[記事引用:By Walter Madliger, Switzerland, Andreas Friedberger and Swetlana Schunin, Germany.]

広告

Written by denjihajapan

2011/05/30 @ 21:42

カテゴリー: テクノロジー犯罪