DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[3、コインテルプロの歴史]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■歴史

■コインテルプロは1956年に行われだし、「党閥主義(党派心)を増やし、混乱(崩壊)を引き起こし、離反に勝る」よう設計(意図)された、しかし、その計画は、社会主義労働者党(1961)の混乱(崩壊)を含め、クー・クラックス・クラン(1964)、イスラム(教の国民)、ブラックパンサー党(黒人開放)(1967)と、新生活社会の全体/反戦、地域社会、と宗教団体(1968)を含んだ政治運動にまで、まもなく拡大された

※defections:離反、従っていたものなどが、そむきはなれること「人心の―した政治」(国などを)捨て去ること、逃亡、亡命、変節、脱党、脱会
※factionalism:党閥主義(党派心)、党派(とうは)とは、指導部を戴いた、政治団体を指す
※the Communist Party U.S.A. (CPUSA):アメリカ合衆国共産党 (Communist Party of the United States of America)

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A(アメリカ合衆国共産党)

※Socialist Workers Party:社会主義労働者党(社会主義労働者党は、かつてのハンガリーの一党独裁政党)
※Black Panther Party:ブラックパンサー党(黒豹党、英: Black Panther Party, BPP)は、1960年代後半から1970年代にかけてアメリカで黒人民族主義運動・黒人解放闘争を展開していた急進的な政治組織

■上院(議員)のチャーチ委員会による後の調査は、コインテルプロは1956年に始まり、反体制グループの明らかな反対を続ける政府の力(支配力/権力)を制限する最高裁判決にともなうフラストレーション(イライラ・不満)というのが一部の理由であると述べた

※dissident:意見を異にする(人)、反体制(者)
※The Church Committee:チャーチ委員会、諜報活動に関する政府オペレーション(操作/科学的作戦研究)の検討(研究)のための合衆国上院特別委員会を意味する一般的用語、1975年にフランク・チャーチ(D-ID)上院議員により議長を務めた合衆国上院委員会のひとつ、諜報機関の合衆国上院特別委員会の先駆者(さきがけ)、委員会はウォーターゲート事件により明確な活動(特定の活動)が明らかにされたの後の中央情報局(CIA)と連邦捜査局(FBI)による違法行為のための諜報活動(非公式な諜報集会)を調査した

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81(フランク・チャーチ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6(ウォーターゲート事件)

■議会といくつかの裁判事件は、共産主義と社会主義グループに対するコインテルプロ作戦はFBI活動の法令制限(範囲)を越え、言論と結社の自由を保障する憲法を犯したと後に結論を出した

[ 記事引用:wikipedia.org ]

広告

Written by denjihajapan

2012/12/14 @ 15:02

カテゴリー: 電磁波テロリズム