DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[4、コインテルプロの計画]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■あばかれた計画

■その計画は、自らFBIを調査する市民の委員会と呼ぶ左翼の急進論者グループが、メディア、ペンシルバニアのFBIフィールドの事務所に押し入り、いくつかの調査書類を手に入れ、新聞(通信)社にこの情報を引き渡すことで計画をあばく1971年まで首尾よく秘密保持されていた(多くの報道機関は最初はその情報を出版するのを断った)

■その年の内に、フーバー長官は、「中央集権化されたコインテルプロは終わった、あらゆる未来のカウンターインテリジェンス・オペレーションズ(諜報機関の作戦の科学的研究)はひとつひとつ事例ごとに処理するつもりだ」と宣言した

■更にそれ以上の文書は、NBCの通信員(特派員)カール・スターン、社会主義労働者党、多くの他団体(他のグループ)によるFBIに対して提起した個々の訴訟(訴訟ごと)の最中(過程)に明らかにされた、1976年には、合衆国上院議員の諜報活動に関する政府オペレーション(操作/科学的作戦研究)の研究のための特別委員会による、より重要な調査が行われだした(一般には、アイダホ州のフランク・チャーチ上院議員が議長のため「チャーチ委員会」として述べられる)

■しかしながら、ドキュメントの何百万というページがリリースされていないままであり、多くのリリースされたドキュメントが部分的、あるいは完全に改ざんされた、特別委員会の最終の報告書によれば、コインテルプロははっきりと厳しく非難された

■用いられたテクニックの多くは、たとえ標的にされる者全てが暴力的な活動にずっと関与していたとしても耐え難いものでしょう、
しかしコインテルプロは、危険視されるグループの成長(危険な団体の成長)と危険視される着想(アイディア)の普及を妨げることは国家の安全を守り暴力を防ぐであろうとのセオリー(理屈/空論/仮説/学説/理論)で、それをはるかに超える(はるかにしのぐ)、憲法修正第一条の言論と連合の権利行使を妨げることを直接的に狙った洗練された(極めて複雑に設計された)自警団員オペレーションを行った

※vigilante:自警団員

■チャーチ委員会は、1936年から1976年をつうじ、エージェント(代理人:スパイ/調査員/捜査員など)たちは「無政府主義者(アナーキスト)や革命家」を集め追放し、次に(富/名声を)築き上げる責任を課せられた、1920年代をつうじ、第一次世界大戦にさかのぼって政治的な抑圧の目的(意図)に政府機関をつかう歴史を文書化した

[ 記事引用:wikipedia.org ]

広告

Written by denjihajapan

2012/12/14 @ 15:07

カテゴリー: 電磁波テロリズム