DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[7、コインテルプロの方法(主な4つの手法)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■方法

■弁護士ブライアン・グリックの彼の著書「War at Home」(内戦/自国内戦争/地域内戦争であろう)によれば、FBIはコインテルプロの行われている間、4つ主だった方法(手法)を用いたとある

(1)潜入(組織/敵陣などへの潜入行動):
エージェントとインフォーマー(代理人/外交員/官庁の事務官/スパイ/捜査官/と密告者/情報提供者など)は、政治活動家の単なるスパイ行為(秘密の調査)をしていなかった、彼らの主だった目的(意図)は、信用を失わせ、混乱破壊させるためであった(評判を悪くし、交通・通信などを中断・途絶・不通にする、構造破壊)、まさに彼らの配備(存在)は、信頼を陰険な手段で傷つけ(名声/健康を)じょじょに害し、将来的に見込まれる支援者たちを突然怖がらせて(脅して)追い払うのに役立った、FBIと警察はこの(差し迫る危険・苦痛などや神に対する)恐れ(恐怖)を、本物の活動家(行動主義者)をエージェントとして、中傷し名声を汚すために巧みに利用(悪用/食い物に)した

※exploit:(使用人・労働者などを)(私的目的に)利用する、食い物にする、搾取する、(事態などを)巧みに利用する、悪用する、つけ込む

(2)外部からの心理戦:
FBIと警察は、そのほか無数の「卑劣な手段(汚い手)」を進歩的(革新的)運動の名声などを陰険な手段で傷つけ健康をじょじょに害するために用いた、彼らは、虚偽のメディア・ストーリー(メディアを媒介にした偽り/間違ったシナリオ)を策略し仕掛け、標的にされたグループ(個人を含むだろう)の名前で偽物(いんちき)のリーフレットとそのほかの出版物を出版した(ストーリー展開される情報操作であろう)、彼らは書簡(手紙、通信、往信/来信の両方、新聞などの記者の通信文、ニュース、記事)を(偽造)作り出し、匿名の手紙を送り、匿名の電話をしました、彼らは会合(ミーティング)やイベントに関する意図的(作為)な誤報(誤伝)を広め、政府職員により運営する偽りの運動グループを設置(設立)し、積極行動主義者(能動的に行動する者)にトラブルを引き起こす(原因の)ために、両親・雇用者(使用者)・家主(地主)・学校(の職員)・その他の人々を操る(操作)または暴力を振るった

※Psychological Warfare:心理戦
※dirty tricks:相手を疑うように設計された陰険なコマーシャルまたは政治的な振る舞い
※correspondence:文通(手紙による)通信、書簡(往信・来信のいずれも含む)(新聞・雑誌の記者からの)通信文、ニュース、記事

(3)ハラスメントは法制度(法のシステム)を通じて(法的強制力でのハラスメント):
FBIと警察は、反体制分子を(攻撃し)しつこく苦しめる(悩ませる)のに法のシステム(法の仕組み)を(地位/特権を)乱用悪用し、彼らが犯罪者であると思われるようにする、法の役人たちは、偽証された証言をあたえ、不法逮捕と不当な投獄(禁固/監禁/束縛/幽閉)のための口実として、でっちあげられた証拠(証言)を提示した
彼らは、積極行動主義者(活動家)を脅迫(暴力的な脅し/威嚇/脅迫)し、そして彼らの支持者を沈黙させる(黙らせる)ための(目的を達成するための)行動(活動)で、差別的に税法と政府規制(取締り)を適用(無理強い)し、人目を引く監視(著しく目立つ監視)、「調査」インタビュー、大陪審(起訴陪審)召喚令状を行使した

※grand jury:大陪審,起訴陪審(12~23人の市民の集まりで,ある人の容疑suspicionについて審理(告訴側の予備証拠を審理)し,起訴indictするに足るだけの十分な事実があるかどうかを決める、比較的大きな事件の場合には、容疑の起訴indictmentを決めるのは、普通は検事prosecuting attorneyの仕事である、なお英国では,grand juryは’33年に撤廃された) 、大陪審(正式起訴するための陪審であって、検察の証拠及び資料により訴えを提起するかどうかを決める)

(4)エクストラリーガル・フォース(法の支配を受けない力)と暴力:
FBIは反体制派分子を脅迫するために、反体制派分子の家を捜索する目的で非合法の進入(押し込み)を行う(実施する)ために、そして破壊行為(芸術の故意の破壊を含む)、襲撃暴行、精神物質的な打撃、暗殺を犯すために、地方警察署と連帯して陰謀を企てる、その目的(対象)は、(突然恐怖心を起こさせて)脅迫する(脅す)または排除(抹殺)して反体制派分子と彼らの運動を混乱破壊させるためであった

■FBIは黒人の闘争運動での様々な党派(党派の闘争)間の緊張(精神的/情勢的)と敵意を高めるためにもくろんだ戦術(策略)を特に発展させた
(例えば、ブラックパンサー(originally the Black Panther Party for Self-Defense was an African-American revolutionary socialist organization)、米国組織(is a Black nationalist group in the United States)、そしてブラックストーンレンジャーズ)、これはサンディエゴのブラックパンサーの党員ジョン・ハギンズ、Bunchy カーターとシルベスター・ベルの米国組織暗殺との間で、おびただしい死者をもたらした

■FBIは多くの合衆国の都市(San Diego, Los Angeles, San Francisco, Oakland, Philadelphia, Chicago)の警察署とともにブラックパンサーの街(ホーム)で繰り返される襲撃を助長するためにも陰謀(度々ほんの少しまたは全く証拠(物証/証言)の無い連邦・州・地方の法の違反(違背)を伴う(含む))を企て、ブラックパンサー党の多くのメンバーの警察殺害、最も著しい1969年12月4日のシカゴ・ブラックパンサー党首フレッド・ハンプトンの暗殺を直接的にもたらした

■彼らが危険とみなした黒人の好戦的なリーダーを排除(抹殺)するために、FBIは地方警察署とともに特定個人をターゲット(標的)にして陰謀を企てた、彼らを犯さなかった犯罪で告訴し、(反乱/暴動などを警察/権力によって)無罪を証明する証拠(疑いをはらす物証/証言)を隠し抑圧(鎮圧)し不当に投獄する、ブラックパンサー党首、エルマー・「ジェロニモ」プラットという人物は、カリフォルニア高等裁判所が彼の殺人罪有罪判決を取り消す以前の27年投獄され、結局は彼を自由にしている、法廷に出廷して、あるFBIエージェントは、FBIとロサンゼルス警察署の両者が、殺人が発生した時、彼は区域外にいたのを知っていたことから、プラットはずっとぬれぎぬを着せられていたと信じ証言した

■FBIは200以上の「黒人への違法立ち入り捜査(非合法家宅捜索)」(標的にされたグループと彼らのメンバーに対し、令状の無い人目をしのんで内密におこなう進入)を行った(実施した)

■1969年に、サンフランシスコのFBIの特殊捜査官はフーバー(少なくとも彼ら(パンサー党)は主に子供への朝の授乳をしていた(朝食の受給)のを明らかにする、街でのブラックパンサー党の彼の調査)を書いた、ブラックパンサー党は「革命的手段により政府をおびやかそうと努めている暴力的傾向のある組織」というフーバーの個人的見解(主観)を支持するためにエージェント(調査官/スパイ)が彼の証拠補充に直接関係した職業的野心(野望)の意味合いを含んでいるメモに、フーバーは即座に反論した

■フーバーは(彼の)政治的な敵を攻撃するために虚偽の主張(偽りの主張)を用いるのをいとわなかった
彼の書いたあるメモには:「諜報機関(対敵情報活動)の活動の目的はブラックパンサー党を混乱破壊させるためであり、これは非難(告発/義務や責任を人に負わせる)を具体化(実体化)するために、事実が存在するかどうかは重要ではない」

■とりわけ物議をかもす(特に論争の的)1965年のある出来事には、市民権活動家のヴァイオラ・リウッツォはクー・クラックス・クラン(KKK:白人至上主義団体)(彼女の乗客が若い黒人男性と気付いた後、追跡し、車中の彼女に数回発砲した)により殺された、クー・クラックス・クラン(KKK)の団員の一人は、FBI密告者ゲーリー・トーマス・ロウであると一般に知られている
その後、コインテルプロはリウッツォは共産党のメンバーで公民権運動にかかわっているアフリカ系アメリカ人と性的関係を持つために(彼女の)子供を捨てた(見捨てた)とデマを広めた(流布された)
FBI密告者のロウは、フリーダムライダースの襲撃と1960年のバーミンガム、アラバマ16番街のバプテスト(浸礼)教会爆破を含んだ、市民権時代である1960年代の最も多い暴力的な犯罪のいくつかに関与もしていた
サンディエゴの他の事例では、FBIは、前ミットマンの極右翼グループを資金調達し、武装させ、操作して、(反戦運動に関係する標的にされたグループ、活動家(積極行動主義者)と指導者を)脅迫のみならず暴力的な(行為の)秘密の軍組織と呼ばれるグループへと性質(外見)を根本的に変えている

※informant:インフォーマント、資料提供者(言語研究者の質問に答える形式で自分の母語についての文化・言語資料を提供する人)
※civil rights movement:公民権運動
※Freedom Rider:人種差別に抗議するために南部地域をバスに乗って通り抜ける人権活動家の異人種間グループの1つ

■フーバーは「(将来的に可能性のある)潜在的トラブルメーカーの特定をさだめ、彼らがポテンシャルを発揮(行動)する前に彼らを無力化する」よう先制行動を命令(指揮)した

[ 記事引用:wikipedia.org ]

広告

Written by denjihajapan

2012/12/21 @ 13:22

カテゴリー: 電磁波テロリズム