DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[8、コインテルプロと非合法の監視(イリーガル・サーベイランス)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■非合法の監視

■チャーチ委員会の下した結論の最終報告:
■あまりに多くの人々は、またあまりに多くの行政機関により密かに見張られています(秘密に調べられています)、そしてまたあまりに多くの情報が集められています、政府は(彼らの)政治理念をベース(基底)にして市民の秘密監視にたびたび着手した、それらの信念(理念)は、敵対国の脅威(力)のための暴力的脅迫(脅威)または不法行為(違法行為)が(何一つ)無いときでさえ、(問題・危険・困難などを)引き起こした(生じさせた)、政府は、主に秘密の情報提供者を通じての操作運営しており、それだけでなく盗聴(電話/電信の盗聴・盗聴器設置)、マイクロフォン(隠しマイク、盗聴器)、不当なメール開示、割り込み、口をはさむ、押し入り、住居侵入のような他の侵入的(生活を乱し妨害する)テクニックを用いることで、アメリカ国民の私生活、見解(考え/展望)や関係についての情報の膨大な量をかき集めてさえいる(さらいとってさえいる)、それらのグループが不法な活動に関わり合っていない(という事実)にもかかわらず、潜在的に危険(危険を与える恐れがある)と思われる組織(グループ)の調査、潜在的に危険な組織と連帯(結託)している容疑をかけられた組織(グループ)でさえ何十年もの間つづけられた

■彼らの政治的見方とライフスタイルのために、グループや個人は悩まされ(困らせ、うるさがらせ、苦しめ)混乱させられた、調査は(漠然としはっきりしない・その幅広さは過度の(情報)収集を避けられなくした(必然的にした))曖昧な基準に基づいていた、匿名の者が、結婚の解消(男女を分かれさせる)、会合(ミーティング)の混乱、彼らの専門職(主に頭脳的な仕事)からの追放、死をもたらすかもしれない敵対者へ標的にされた組織をいらいらさせ(怒らせ)扇動する(挑発する)などの企てを含んだ、(道徳的に)芳しくなく残忍で暴力的な(悪意のある)策略が用いられてきた、諜報局は総裁(会長/社長)と他の高官(役員)の政治的で個人的な目的に便宜を与えた(供給した)、政府機関(またその代理)は、行政部局(管理職員)と議会での高官(役員)からの圧力に応じて過剰な行き過ぎた行為に力を注いでいる(犯している)ことが多く、彼らは目的のふさわしくない(不適当な)活動を時折始め(加入/手ほどき)、その後には、知らせる義務を持っていた公務員(役員)からそれらを隠蔽した(秘密にし、見えなくする)

■主要な(第一の)職務(義務)が法律(要求/服従)を強要するための人々を含んでいる政府の役人達(公務)は、長期間にわたって法律を犯しまたは無視し(条約/法律を犯す・権利/プライバシーを侵害する・静寂/睡眠を乱す/妨害する)法律を破る(彼らの)権利を提唱し弁護している

■チェックとバランスの憲法上のシステムは諜報活動を適切に制御(コントロール)していなかった
最近まで、行政部局(実行委員会/執行部)は、許容される活動範囲を言葉で詳細に叙述することも、諜報機関を監督管理することへの手続き(訴訟/議事手続き)を確立することも無かった
議会はその充当が置かれていた使用をめったに疑問視しせず、監督に足りる遂行に役立たなかった
たいてい国内の諜報(機関)問題は法廷に届かなかった、そしてそれらのケース(彼らが法廷に達したケース)では、司法部は彼らと(難題などに)取組むことを嫌がった(しぶしぶだった)

[ 記事引用:wikipedia.org ]

広告

Written by denjihajapan

2012/12/21 @ 13:26

カテゴリー: 電磁波テロリズム