DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[9、コインテルプロ戦略(策略)と継続、ポスト・コインテルプロ改革、カウンターテロリズム(対テロ作戦)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■コインテルプロ戦略(策略)の継続

■コインテルプロが1971年4月に正式に終結されたとはいえ、継続しているFBIの行動は最後のコインテルプロ戦術(策略)では、ポスト(次期)・コインテルプロ改革(改良)は成功しなかったことを示している、今は亡きピューリッツァー賞受賞ジャーナリストと著者デイビッド・ハルバースタムをFBIは20年以上追跡したことを示す情報公開法(FOIA)の下、ドキュメントは公表された

※FOIA:(Freedom of Information Act)アメリカの情報公開法、一部の例外を除いて、請求に応じてすべての政府情報を公開することを義務づけている、1966年制定

■コインテルプロ戦略(策略)への復帰を許しているようなものだと言及したレーガン政府(政権)の間に、「カウンターテロリズム(対テロ作戦)」のガイドライン(マニュアル)は、(要求・条件・不足などを満たし)実行された、いくつかの急進的(徹底的/革命的)グループは、FBI密告者である又はFBIがその運動に潜入浸透していると想定し、反対派(党派的反対者)を非難(告発)する

※Counterterrorism:対テロ作戦(英語: Counter-terrorism または 英語: counterterrorism、対テロ戦略)は、テロリズムの損害を最低限にとどめることを目的とする、政府・軍隊・警察などの公的機関による行為・戦術・技術・戦略である

■合衆国司法省の監察官(検査官)の報告によれば、彼らは平和的な市民抗議(反対)を計画していたにすぎないにもかかわらず、FBIはアメリカの活動家(行動主義者)グループの調査を不道徳(不適当)に開始した

■監察官(検査官)による再調査(批評)は、(市民の)自由権グループと国会議員による民事告訴(苦情)に応じて開始された

■FBIはトーマス・マートン・センター、ピッツバーグに本拠地がある平和グループ、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)、グリーンピースUSA、環境保護活動組織を含んだグループを不適法(不道徳)に絶え間なく監視(モニター)した、そのうえ、彼らが非暴力または合法の活動(暴力または非合法の無い活動)を計画していたにもかかわらず、グリーンピース系列下の活動家(行動主義者)は不適法(不道徳)にテロリスト監視対象リストに置かれた

■2001年~2006年の間に、監察官(検査官)は「頭の痛い(やっかい/具合の悪い)」FBIの慣習を発見したと報告する
いくつかのケースで、FBIは「実質的弱者」との理由で活動家(行動主義者)グループ傘下の人々の調査を行った(指揮した)、そのうえ、FBIは「十分な根拠が伴わない(根拠に足りない)」グループのいくつかの調査を拡大し(より広範囲に拡張し)、くわえてそのファイルの活動家(行動主義者)グループに関する情報を不適法(不道徳)に保持(維持)した

■監察官(検査官)の報告は、FBI長官ロバート・ミューラー三世が調査の1つに関するずさんな(不正確な)議会証言をもたらしたのも発見した(見つけ出した)、しかし、この誤り(ずさんさ)は、FBI当局者が(彼に)話したことを当てにしている(頼る/依存する)彼だったからかもしれない(結果かもしれない)

※IG(Inspector General):監察官、検査長官、監察総監、外務省の査察使、防衛省の監察官・監理監察官、文部科学省の首席査察官
※PETA(People for the Ethical Treatment of Animals):動物の倫理的扱いを求める人々の会、1980年にアメリカバージニア州ノーフォークで創設された世界最大規模の動物の権利擁護団体

[ 記事引用:wikipedia.org ]

広告

Written by denjihajapan

2012/12/21 @ 18:05

カテゴリー: 電磁波テロリズム