DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

Archive for the ‘電磁波と生態’ Category

携帯電話によるマインドコントロール

leave a comment »

Mind Control by Cell Phone (May 7,2008)
By R. Douglas Fields
 
 
■携帯電話からの電磁信号は、あなたの脳波とふるまいを変えることができる、今はまだアルミホイルの頭部シールド(遮蔽)取り外してはいけない。病院と飛行機で携帯電話の使用禁止、彼らの電磁送信(送波)は、外部からの影響を受けやすい電子機器を妨害できるからである
 
■「脳もそのカテゴリに含まれますか?」
もちろん、全ての私達の思考・感覚・行動に、神経細胞による生体電気の生成から(問題が)発生する、(私達の)頭蓋内の複雑な神経回路に伝送される
 
※bioelectricity:生体電気
 
■神経細胞間の電気的信号は、頭皮につけた電極によりとらえられることのできる電気的波(脳波)のような脳組織の放出する電界を生成する
 
※関連リンク
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20091023/176800/(Tech On!)
http://www.imslab.co.jp/Product/eem/fdm/qs.htm(準静電界の基本特性)
※関連記事(日経マイクロデバイス11月号 Emerging Technology)
※「準静電界」で3次元積層メモリーを高密度化
3次元積層デバイスの飛躍的な高密度化を可能にする技術が登場した。かつてソニーが進めていた極秘プロジェクトの技術が基になっており「準静電界」と呼ばれる電磁界の一種を利用する。ソニー出身で2009年4月から東京大学で教鞭を取る滝口清昭氏(同大学 生産技術研究所 機械・生体系部門特任准教授)が理論的裏付けを進めベンチャ企業のQファクターが開発を進めている。
 
※関連リンク
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/publication/topics/2010/20100129press1.pdf(準静電界技術を研究するモビリティ・フィールドサイエンス)
 
■脳電(磁)図での脳波のような測定値は、脳の機能と有用性の高い医師の診断に役立つツールに強力な洞察力を提供する
 
■実際、根本的に精神(思考)の内なる作業(内的ワーキング)のための脳波です、(彼らは)生と死の間に線を引く法律に関する定義の究極のものになった
 
■健康な人の脳波は、意識と無意識で精神活動(活性)と覚醒状態が変化(変更)する。しかし、科学者は、経頭蓋磁気刺激法(TMS)による脳機能の選択的コントロールが可能な彼らの仕事において脳でただ聞くことよりも、脳波でさらに行うことができる
 
※transcranial magnetic stimulation:経頭蓋磁気刺激
※経頭蓋磁気刺激法(けいとうがいじきしげきほう、英: Transcranial magnetic stimulation)は、TMSとも略され、急激な磁場の変化によって (ファラデーの電磁誘導の法則により) 弱い電流を組織内に誘起させることで、脳内のニューロンを興奮させる非侵襲的な方法である。この方法により、最小限の不快感で脳活動を引き起こすことで、脳の回路接続の機能が調べられる。
※反復経頭蓋磁気刺激法はrTMS (Repetitive transcranial magnetic stimulation) とも略され、脳に長期的な変化を与える。多くの小規模な先行研究により、この方法が多くの神経症状 (例えば、頭痛、脳梗塞、パーキンソン症候群、ジストニア、耳鳴り) や精神医学的な症状 (例えば うつ病、幻聴) に有効な治療法であることが示されている。
■このテクニック(専門的技術)は、(人の)脳内への、妨害(JAM:周波数の近い電波を送って押し付ける)または脳の特定の回路を興奮させるのためのビーム(光線/信号電波)電磁放射の強力なパルスを使用する
 
※jam:【無線】(周波数の近い電波を送って)〈放送・通信を〉妨害する
 
■携帯電話は経頭蓋磁気刺激法(TMS)よりあまり強力ではないとはいえ、それでも問題は残っています
「電話から来る電気的信号は、(携帯電話の)伝送周波数の共振(共鳴)で脳波オペレーティングに悪影響をおよぼすことは確かですか?」「結局、電話をする人の大脳皮質は、電話アンテナからの広がる照射からちょうど数センチ離れている」
 
■二つの研究(調査)は、意義深いニュース(報道)を提供する
 
■当初、メルボルン(オーストラリア)のスウィンバーン大学、脳科学研究所のRodney Croft氏が先頭に立ち、携帯電話の信号伝送(トランスミッション)が人の脳波を変更できるかどうかテストされた。研究者たちは、(世界で最も人気のある?)携帯電話(Nokia 6110)が健康な男女120人の頭部に固定された間の脳波をモニター(監視)した
 
■ダブルブラインドの実験的設計で電話の信号伝送をコンピュータは制御(操作)した、どちらも実験主題や研究者が脳波図データが収集される間の携帯電話が信号伝送中や待機中だったかどうかを知ることでもないことを示す(意味する)
 
■データは、いつ携帯電話が信号伝送中だったかを示し、人の脳でアルファ波と呼ばれる特徴的な脳波パターンの能力が意義(深さ)を後押しするものだった
 
■アルファ波活動(活性化)の増加は、携帯電話に直接下の脳組織で最も大きいものだった、電話が観測された効果(影響を認める)への責任があるケースが強くなっている
 
■脳のアルファ波
・アルファ波は、秒間8~12周期(8~12Hz)のレート(速度)で変動する
・これら脳波は人の覚醒と注意の状態を反映する
 
■アルファ波は、減少する精神的努力(労力/労働)の指し示すものと同様と一般的に考えられる(cortical idling or mind wandering)しかし、この習慣的見解(従来視点)は、おそらく簡略化しすぎである(可能性がある)
 
■Croft氏は、「例えば、アルファ波は外部と内部の入力(感覚刺激)の間での注意力の変化を実際に規制している」と主張する(論じる)
 
■その人(男女)の外界の意識を内部の考えに移行するときのアルファ波増加、それらはまた睡眠の基本的な(手がかり)脳波のサイン(署名)である
 
■携帯電話不眠症
 
■携帯電話の信号が人のアルファ波を増加するなら、これは彼らを、人のふるまいで観測できる意識の異常な状態や(彼らの)精神の働いている全てにあるどんな効果を無意識下で押し進めますか?
 
■第2の研究では、イギリスのラフバラ大学睡眠研究センターのJames Horne氏と同僚はこの疑問をテストするための実験を考案した、結果は驚くべきもだった
 
■電話をしている間、携帯電話の信号が人のふるまいを変更できただけではない、脳波パターンが混乱される効果(影響)は、電話をオフにしたずっと後まで続いた、「これは完全に予期していなかった研究結果でした」とHorne氏は私に話した
 
■(電話をオフにした後)「(私達は)脳波図のどんな効果(影響)も疑うことはなかった」
 
■私達は、携帯電話の信号が睡眠そのものにあたえる効果(影響)を研究する事に関心をいだいた。しかし、被験者が寝入るのに苦労(睡眠がじょじょに減る)したのは、睡眠研究実験の用意においてHorne氏と同僚にとって急速に明白になった
 
■Horne氏と同僚は、(彼らの)睡眠調査研究ラボで健康だが睡眠不足の男性10人の頭に取り付けられたNokia6310e携帯電話や別の人気がある基本的な電話を操作した(彼らの睡眠は夜の前に6時間制限された)
 
■(研究者は)別の夜には、リモート(遠隔の)コンピュータにより電話のスイッチがオン/オフ・また待機状態と「聞く/話す」状態が30分おきに作動する間の、男性の脳波を脳波図により監視した
 
■(医学上の)実験は、電話が通話状態に切り替えられた後の異なる脳波パターンを明らかにした、デルタ波と呼ばれる(1~4Hzの範囲)ものは電話が切られた後およそ一時間残っている
 
■これら脳波は、2段階の眠りの最も確か(信頼できる)で敏感なマーカー(この段階からなる睡眠全体のおよそ50%ほど)で、被験者では通話モードが切られた電話送信(伝送)の後2倍ほど長く起こされた
 
■被験者がその前夜睡眠不足にされたとはいえ、彼らが知らないうちに電話が作動されていた後およそ1時間睡眠することができなかった
 
■この調査研究は携帯電話の送信(伝送)がふるまいの持続的効果を伴い人の脳波に影響を及ぼすことができることを示した、これらを感じることができないHorne氏は、携帯電話が被害を与えていることの関心がいくらか必要である
 
■研究者が測定した覚醒効果は、およそカップ半分のコーヒーに相当(同等)し、人を取り巻く環境のより多くの他の要因は、夜の睡眠に、等しくまた携帯電話の伝送(送信)以上に影響を及ぼすだろう
 
■「調査研究の重要性」と彼が説明したことは、携帯電話の出力は低いとはいえ、「適切な周波数で伝送している時、それ(低出力)にもかかわらず電磁(波)放射は、精神的ふるまいに影響を与えることができる」
 
■(私達の)現代世界でのあらゆる種類の電子機器から広がる電磁散乱に誰もが取り囲まれていると考慮すれば、この事実が特に注目すべきであると彼は見出す
 
■通話モードの携帯電話は脳波活動に悪影響をおよぼす周波数にとりわけうまく調整されているかのように思われる
 
■「結果は、低レベルの放射にとらえがたい程度に感度を示す。これらの調査結果は、わずかな亀裂によりさらなる調査継続ための扉を開く。異なる線量・持続時間・または他の機器によるものかどうか、より大きな影響があるだろうか不思議なだけである」
 
■スウィンバーン(大学)のCroft氏は、これらの新しい調査結果からは健康上の心配があると強調する
 
■「この研究について刺激的な事は、脳機能を調節する可能性がある診断(考察)を許可し基本的なレベルの脳の働きについての何かを私達に告げることです」言い換えれば、この仕事の重要性は、脳科学者の基本的な作業の解明において、現在、彼ら自身が引き起こす電磁波を離れてスプラッシュすることができ、脳波がどのように反応するか、そして何をするかについて扱われる多くを学ぶことができるということです
 
■Mind MattersはJonah Lehrer氏によって編集され、科学記者は「The Frontal Cortex」ブログと「Proust was a Neuroscientist」の本より遅れている
 
※関連リンク
http://scienceblogs.com/cortex/(The Frontal Cortex)
http://www.amazon.com/dp/0618620109/?tag=adaptiveblue-20(Proust was a Neuroscientist)
 
[記事引用:scientificamerican.com]
 
広告

Written by denjihajapan

2010/04/22 at 00:31

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[17:概要・結論]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[17:概要・結論]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■マイクロ波テクノロジーには、内部音声信号伝送の能力がある(マイクロ波技術は、内なる音声の信号伝送の能力がある)
 
■マイクロ波内部音声兵器は検討され、兵器は基礎技術の説明とともに参照された
 
■追跡技術の利用により、精神障害(病)における現在の継続症状(徴候)を維持できます
 
■同様の手法で頻繁におこる患者の苦情以来、妄想性障害と精神障害における、それらテクノロジーの関与を除外(不可能に)するために開発された方式(方法)は強制的なものです
 
■これはエビデンス(検証結果)を無視するよりはるかに非論理的で患者に失礼なものです
 
■マイクロ波の生態効果(影響)は、統合失調症(患者)の調査(治験)の主要な裏づけとともにハイレベルに一致します
 
■統合失調症とマイクロ波被爆(照射)の両方で、認知障害と随伴陰性変動の減少を含む電気生理学的信号の数、聴覚事象関連応答の減少と増加するデルタ波の脳波(図)などがある
 
※随伴陰性変動:(contingent negative variation/CNV)は、一定間隔で一対の刺激を与え、第2刺激に対して一定の反応、例えば、ボタン押しなどをさせる予期的反応時間課題を行わせることにより第1刺激と第2刺激の間に見られるゆっくりとした陰性変動です
※Auditory event-related responses:聴覚事象関連応答
 
■驚愕反応とガルバニック(電気にかかったような)皮膚反応は、両方の状態において減少が知られる(発見された)
 
■両方の状態での神経伝達物質(ニューロトランスミッター)レベルにおいて、減少と同様であることを示したドーパミンやGABAとともに、セロトニンの減少が知られる(発見された)
※ギャバはアミノ酸の一種で、私たちの脳や脊髄に存在する「抑制系の神経伝達物質」です。通常、何か不安や恐怖があると、脳内でノルアドレナリンが分泌され、緊張や注意を促します。しかし、それが過剰に分泌され、本来なら働かなくていい神経回路までが働きだすとパニックを起こしてしまうのです。ギャバは、神経細胞の興奮を抑え、本来なら働かなくてもよい神経回路にはその刺激が伝わらないように働きかけてくれる物質なのです。つまり、「脳を癒してくれる物質」といえます。
 
■両方の状況(状態)において、大脳辺縁系は苦しめられる
 
■メラトニン減少でのホルモン変化や副腎活性化は、両方の状態に共通です
 
■免疫機能・ミトコンドリア・血管脳関門は、両方の状況(状態)において類似性の変質(変化)が報告される
 
※血液脳関門:blood-brain barrier/BBB
 
■マイクロ波は、統合失調症患者のいくつかの脳構造で陥たことが(観測により)認められた有害な組織診断(組織学)を(誘導)引き起こす
 
■マイクロ波被爆(照射)は、それら幻覚症状で顕著なものに対応する脳構造を活性化する
 
■嚢下白内障は、両方の状態とともに関連づけられた
 
■網膜症(障害)は、広範囲に規程された抗精神病薬物療法(統合失調症治療薬)やマイクロ波被爆(照射)と関連づけられる
 
■マイクロ波音声信号伝送や脳波同調は、陽性症状(兆候)のための基礎(ベース)を与える(※病因となる)
 
■マイクロ波生態効果(影響)と統合失調症の間の、ほとんど包括的(網羅的)な適合(一致)は、全ての患者に適用されるものではないだろう、しかし、陰性症状のグループとともにもっとも一致(矛盾しない/首尾一貫)している
 
■統合失調症(患者)の症状をともなうマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)は、技術的因果関係(原因)の1つ音声信号伝送と関係させる(まきこむ)必要はない
 
 
 
■照射(被爆)の標準規格において、機能することへの潜在的中毒効果は近い状態で存在する
 
■どのような症候群も未確定とされるが、過敏症候群はマイクロ波にくらべより低い周波数帯で報告される
 
■神経変性疾患も、より低い周波数帯の照射(被爆)・特に筋萎縮性側索硬化症(ALS)とアルツハイマーとともに関連づけられる
 
■陽性の統合失調症の症状に似せる(まねる)音声信号伝送の潜在力(潜在能力)、そして、マイクロ波生態効果(影響)をともなう他の症状の適合(一致)は、少数の患者より多く関係するであろう技術的因果関係を示す
 
■医学界は、そのような因果関係(病因)の調査拒絶において怠慢です
 
■精神医学者は、この中で言及(照合)した基本的なもののように病気に冒されつつある患者の長期にわたる訴え(苦情)を能動的に無視をした
 
■マイクロ波に関する技術的因果関係(病因)のためのエビデンス(検証結果)は、数理的一致の状態を除くことができない適合(一致)同様の統合失調症患者の症状とともに実際に包括的に相互に関係する
 
■この仮説は、他のいかなる病因の手段(方法)より多く定義される、そして病因究明と同様に不可能(無視)にするための手法(方法)開発に調査権限をあたえるべきです
 
■率直な証明(証明指導)にもかかわらず、特定の事例に関して不足しており、調査(治験)は始めなければなりません
 
■もちろん仮説は、全ての事例に関係してはいないだろう、多因子の病因(因果関係)は医療(医薬)に共通のため、言及はしばしば「統合失調症」にしようとした
 
■内部音声暴行(突然襲い掛かる内なる声)への患者の討論主題は、幻覚症状や音声は彼らに送り届けられる(信号伝送)という確信とともにパラノイア(強迫妄想と聴覚性幻聴を特徴とする)のようなものがあるだろう
 
※paranoia:(強迫妄想と聴覚性幻聴を特徴とする精神疾患) 妄想性障害, 妄想症, パラノイア, 偏執症
※internal voice assault:内部音声暴行
 
■これは、ここに記録(文書)された相互関係のいくつかまたは全てを有している熟練(非未熟)した攻撃とともに、時々おこる事例の中で最もありえるでしょう     
 
 
 
■電磁放射から保護された部屋の内外での反応(応答)などの調査は、(問題に対して)関連します
 
■実践的考察(配慮)は、MRI(磁気共鳴画像法)と脳磁気図検査のためにすでに存在する保護された施設です
 
■幻覚症状の観察(知見)・聴覚反応(応答)に関連した事象、随伴陰性変動(CNV)または選ばれた患者における脳波(図)のデルタ波の指標はマイクロ波中断(中止)のためのより直接責任を負う要因(限定要素)のようであろう
 
■現存する施設は適切に保護されているかもしれないとはいえ、保護することは、適切に本気でとりくむ決意とレーダー波に有効(効果)でなければいけない    
 
■統合失調症での嚢下白内障と網膜症の疫学的研究も、(当面の問題との)関連性があるだろう
 
■白内障の特定のタイプは、マイクロ波が引き起こしたものであると知られており、薬物治療協会外で報告された
 
■患者の信号が他のマイクロ波生態効果(影響)に関連していることは、これら症状(徴候)のいくらか同時に起こる振る舞い(態度/挙動)であるだろう
 
Acknowledgements: Thanks are given to God for inspiration, and to Dr. Paul Canner for suggestions.
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 

Written by denjihajapan

2010/02/14 at 22:21

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[16:類似性]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[16:類似性]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■東ヨーロッパの標準規格や環境配慮と神経衰弱症候群で基底とされる10µW/cm2のロシアの職業上(職務上)のマイクロ波の標準規格
 
■報告される症状は、頭痛・眩暈(めまい)・易刺激性(過敏/興奮)の増加・食欲低下・眠気・疲労感の増加・発汗・集中または記憶困難(障害)・うつ(抑制/抑圧)・情緒不安定・dermatographism・甲状腺腫脹・長期にわたる指の振戦(筋肉の収縮/緩和・ふるえ)です
 
■人の脳波のデルタ波増加で顕著な、短期記憶(機能)障害・集中力抑制(阻害)・易刺激性(過敏/興奮)・憂慮・前頭部痛・翌日の仕事を阻害するような脱力感などのアメリカの研究
 
■このシンドローム(症候群)は、多くの統合失調症患者の症状と一致します
 
■1975年、環境保護機関の測定(調査)は、1µW/cm2以上の日常的な被爆(照射)は人口の1%以下、高い被爆(照射)エリアは100-200µW/cm2と同程度に高く照射できたことを示した
 
■携帯電話は200mWパワー出力に達することができる
 
■統合失調症やこれらのレベルに劣る(低い)微弱なマイクロ波の関連性、いずれも1975からの考慮すべき(電磁)被爆変化とともに、適切に研究された慢性(的電磁)被爆ではないとはいえ、不明な点は、ここに批評されたこれら相互関係を別にすれば統合失調症への環境マイクロ波(電磁波)の結びつきです
 
■にもかかわらず、製造(捏造)されたシステムは標準規格を満たすかもしれないが、原因は増殖しており、多くの状況で標準規格を上回っただろう、特に携帯電話使用に増加している
 
■潜在的な有害(有毒)効果は 携帯電話のリポート(報告)においてや基地局近接のリスク増加、認知されたヒートシール装置による過度の被爆(照射)がある
 
■皮膚科学的電磁波過敏シンドローム(症候群)は、ロシア人により認知された神経衰弱に似たタイプと同様によく患者により報告される
 
■そのよなシンドローム(症候群)は未確定とされる(が、刺激(影響)細胞効果は、より低いロシア規格の重大な7つの体制です)
 
■統合失調症患者の神経発生仮説は現在支持されるが、これらは、それに分類される人口での神経変性過程のエビデンス(検証結果)です
 
■筋萎縮性側索硬化症(ALS)のような神経変性疾患、アルツハイマー患者とパーキンソン症(運動系障害)は電磁界被爆(照射)に関連される
 
※amyotrophic lateral sclerosis:(ASL:運動ニューロンが選択的に冒される神経変性疾患) 筋萎縮性側索硬化症
※parkinsonism:(パーキンソン病様の運動系障害を指す) パーキンソニズム, パーキンソン症
 
■筋萎縮性側索硬化症(ALS)のための、リスク増加を示しているデータは相対的に強い、一方アルツハイマー患者のデータは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のためのものよりも比較的弱い。また、パーキンソン症は、わずかな評価データとただ関連されるだけである
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/02/12 at 01:50

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[15:眼疾患]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[15:眼疾患]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■マイクロ波被爆(照射)の視覚弊害(疾患)は、眼疾患を発生させることで知られている
 
■嚢下白内障は、マイクロ波によって特に引き起こされる。
 
※subcapsular cataract:嚢下白内障
 
■以前、嚢下白内障は、(薬治(薬物治療)協会を除き、フェノチアジン(最初の抗精神病薬/1952年)は、より少ない白内障の有病率を現に持っていたことを別にすれば)みかけ上の障害人口よりも統合失調症で著しくより一般的でした
 
※phenothiazine:(化合物) フェノチアジン, フェノチアジン系化合物, フェノサイアジン, フェノチアジン系の
※ フェノチアジン系:1952年にはじめて用いられた最初の抗精神病薬であるクロルプロマジンを含む群である。代表的な薬物としてはクロルプロマジン(商品名:コントミン、ウインタミン)、レボメプロマジン(商品名:ヒルナミン、レボトミン)、チオリダジン(商品名:メレリル)、フルフェナジン(商品名:フルメジン、デポ剤としてフルデカシン)、プロペリシアジン(商品名:アパミン、ニューレプチル)、ペルフェナジン(商品名:ピーゼットシー、トリホラン、トリオミン)などがあげられる。側鎖によって細分類されることがある。
 
 
■職業被爆(職務上の照射)の少ないグループに予期されたように、統合失調症患者は一般的人口よりも全てのタイプの白内障発症率がより少ない
■しかし統合失調症(患者)の白内障はクロマプロマジン(統合失調症治療薬/フェノチアジン系)の高い薬物用量(服用)と関連付けられた
 
■マイクロ波被爆は、網膜症と実験によって(実験的に)生じる網膜障害とともに職業的(職業からおこる)に関連付けられた
 
※retinal:網膜の, (βカロチン誘導体の視物質アルデヒド体) レチナール
 
■統合失調症患者の網膜症は、チオリダジン(統合失調症治療薬)やフェノチアジン(最初の抗精神病薬/1952年)による一般性とともに関連付けられた
 
※thioridazine:(統合失調症治療薬/フェノチアジン・ピペリジン系) チオリダジン
※phenothiazine:(化合物) フェノチアジン, フェノチアジン系化合物, フェノサイアジン, フェノチアジン系の
 
■統合失調症の視覚弊害(疾患)に関連する薬物の全ては、比較的古く、一般的に入手可能で、大衆的な医療補助または患者特性(用途向け)の判断基準の優先があるだろう
 
■フェノチアジン(最初の抗精神病薬/1952年)系は、統合失調症で除外することができないとともに直接の団体で、かなり広範囲に(実用/利益)利用されていた
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/02/11 at 00:59

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[14:テクノロジック・アサルト]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[14:テクノロジック・アサルト]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■マイクロ波による前頭部のコリン(アセチルコリン前駆物質)の取り込み不足は、迷路パフォーマンス・偶然性の陰性変異・前頭前野の欠損(欠乏)をともなう前頭部の精神神経症状でより多く一致する
 
※choline:(アセチルコリン前駆物質および分解産物) コリン
※アセチルコリン(Acetylcholine,ACh)は神経伝達物質であり、副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激をある種のシナプスを通して伝える役目を果たしている。
 
■脳領域のボリューム(容量)の欠損・ミトコンドリア・統合失調症患者の神経伝達物質(ニューロトランスミッター)に活性減少(不活性)の基礎を与える
 
■マイクロ波による欠損一致と、他の脳領域の脳活動の変化(シフト)は、テクノロジック・アサルト(技術的暴行)のメカニズム(仕組み)を持っているだろう(テクノロジックアサルトのメカニズムにできるだろう)
 
■知覚的処理が脳の左半球に通常は側方化されるとはいえ、ピッチ(音の高さ)識別・非言語・変性音は健康(状態)における脳の右半球を活性化する
 
■マイクロ波活性(化)は、非言語または変性音に類似のものであるだろう
 
■脳波(図)のデルタ波増加のマイクロ波メカニズムは、コーパス脳梁路疲労により提唱され、この両半球に渡る接続(半球間の結合)を利用できなくします。(固有の皮質脊髄とspinocortical路のデルタリズムの優位(支配)とともに)
 
※コーパス(corpus)とは、言語学において、自然言語処理の研究に用いるため、自然言語の文章を構造化し大規模に集積したもの。構造化では言語的な情報(品詞、統語構造など)が付与される。コンピュータ利用が進み、電子化データとなった。
※callosum:(解剖) 脳梁
※脳梁(のうりょう)とは、左右の大脳半球をつなぐ交連線維の太い束である。大脳の正中深く、すなわち大脳縦裂の底、側脳室の背側壁に位置し、左右の大脳皮質の間で情報をやり取りする経路となっている。ヒトの場合、約2億~3億5000万の神経線維を含む。
 
 
■統合失調症患者のコーパス脳梁機能傷害と脳領域の活動量(活性度)の減少は、異常な脳領域の活性化を得るかもしれません
 
■ガンマ波分布の(1つの)モデルは、デルタ波振幅と一過性の神経細胞(ニューロン)の組織化した状態の標準的開発で皮質代謝レート(率)に関連する
 
■再組織化状態は、テクノロジック・アサルト(技術的暴行)に該当するかもしれません
 
■陽性症状のマイクロ波生態効果(影響)ではあるが、陰性の統合失調症の症状と一致し、内部音声信号伝送の効果(影響)は、もっとも顕著な陽性の統合失調症の症状の(ための)基礎を与える
 
※internal voice transmission:内部音声信号伝送
 
※関連リンク
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003669203/en(差動パルス間隔・幅変調符号方式による音声信号の伝送)
(Voice Transmission by the Differential Pulse Internal and Width Modulated Code)
 
■やがて(現在)、この(症状)提示の不用意(明確な意図のない)な討議は、広範囲にわたる参考/照合などの詳細なしに、精神医学的(治療法)の偏見による妄想とされる
 
■内部音声は思考と類似であるため、おそらく指示的命令(指令)であろう、これらのテクノロジー(技術)は、それ自体により思考や進行中の行動(行為/ふるまい)を変更することが可能である(能力がある)
 
■やがて(現在)、注意(集中)力不足(欠損)や思考傷害(混乱)の陽性症状は、幻覚症状により説明される
 
■悪化(増悪)しているいずれ(両者)のこれら症状は、マイクロ波の障害(性)であろう
 
■アロギー(統合失調症の陰性症状における会話能力の低下)、情動が鈍くなる、アンヘドニア(無快感症)/非社交性、avolution/無感情、注意力(価値・美点・健康への意識障害)機能障害、幻覚症状、妄想/錯覚、陽性の思考障害(例えば、脱線、接線方向、非干渉性(意識混濁を伴う思考障害)、思考散乱など)奇怪(異様)な行動(ふるまい)、不適切な情動/発症/影響、ワーキングメモリー(脳活動のための一次記憶)、脳波同調能力(性能)
 
■マイクロ波マニピュレーション(操作)、その時に主要な陽性統合失調症患者の幻覚症状の原因説明をすることができた
 
■テクノロジック・アサルト(技術的暴行)の確信は、誇大妄想的な統合失調症の亜型(サブセット:症状の細分化/分類の患者)とともに最も一致する
 
■遺伝子(的)関連が少ないことを示すこの診断(法)のより多くの研究、後の兆候や前世紀に報告されたなかのこの(事象)の増加
 
■統合失調症(患者)は、この形態でより頻繁に報告された異常(変則)脳波とともに圧倒的に孤発性のようである
 
■最初の入院患者(承認)検証研究は統合失調症患者で辞退が指摘されたとはいえ、州ごとの診断法や「誇大妄想精神障害の適合の辞退」と、近年の批評(再調査)が統合失調症の発症率増加を示すとしても、人工統計の変化や診断上の特徴的なパターン形成は本当(正確な)の発症率の変化を疑問視する
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]
 

Written by denjihajapan

2010/02/10 at 01:40

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[13:血流量・心理療法]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[13:血流量・心理療法]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■深刻な精神障害(病)患者の研究で、精神障害や妄想疾患の相互関係とともに全体的な脳の血流量の増加が示されるが、にもかかわらず、慢性患者のおおくの研究では(脳)低灌流が示されている
 
※hypoperfusion:低灌流, 低潅流
 
※関連リンク
http://nenkai.pharm.or.jp/125/pc/ipdfview.asp?i=898(脳血流慢性低灌流ラットの記憶・意欲・情動特性とその基盤となる脳内変化)
 
■最初に増加するマイクロ波照射の誘導(引き起こされる)熱効果、しかし最終的に脳血流量は減少する。
細胞損傷と関連づけられてはいるが、
 
■特定領域の大脳血流は、幻覚症状のある間増加される、
しかし感覚的刺激(感覚上の刺激)と内因的(性)の言語イメージ療法(心理療法)は、幻覚症状の無い患者ほどではないが幻覚症状の患者の脳の局部を活性化する(反応促進する)
 
※verbal or imagery encoding
※endogenous verbal imagery
 
■特に統合失調症患者の前頭葉での脳の活性化変化は広く顕著である
 
■安静時、統合失調症患者は前頭葉の後頭部か脳全体のいずれかの相対関係で低いグルコース利用化の徴候を示す
 
■統合失調症患者の前頭前野の血流(量)は、この脳領域に特異的な処理(タスク)が行われている間は特に欠乏する(血流不足)
 
■全体的な血流量の増加を含む処理(タスク)間の統合失調症患者の脳灌流(臓器の内部に液体を流して回収する)、
または、制御するよりもより少ない優位脳半球活性とより非優位な脳半球活性の増加
 
※perfusion:(ある臓器や容器の内部に液体を流して回収すること) 灌流, 潅流, 灌流適用, パーフュージョン
※灌流(Perfusion):一般に灌流(Perfusion)とは,組織の毛細血管あるいはそれに準ずる機能血管系の血流を表わす医学用語で,必ずしも厳密な定義はない.この点,しばしば対比される組織拡散 (Diffusion)が物理学で定義される用語であることにおいて異なっている.脳の場合,従来より用いられてきた脳血流(cerebral blood flow, CBF)とほぼ同義に用いられることが多い
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/02/08 at 21:25

カテゴリー: 電磁波と生態

統合失調症と電磁波の関係(Relation between schizophrenia and electromagnetic radiation)[12:解剖学・組織学]

leave a comment »

統合失調症とのマイクロ波生態効果(影響)の適合(一致)[12:解剖学・組織学]
Microwave Bioeffect Congruence with Schizophrenia.
 
 
■解剖学と組織診断での統合失調症患者の内側側頭葉組織(構造)の縮小
海馬扁桃体コンプレックス(認知症の発症は海馬の著しい萎縮によって発症する)は、(大脳半球機能の)左側方化の調査結果と磁気共鳴画像法(MRI)研究(調査)の74%で観測される
 
※扁桃体(へんとうたい):Amygdala(はアーモンド形の神経細胞の集まりで、ヒトを含む高等脊椎動物の側頭葉内側の奥に存在する。扁桃体は情動反応の処理と記憶において主要な役割を持つことが示されており、大脳辺縁系の一部であると考えられている)
※海馬・扁桃体コンプレックス(HAC):アルツハイマー病の発症と海馬と扁桃体(HAC=hippocampus amygdala complex)の萎縮。認知症の発症は海馬の著しい萎縮によって発症する。現在のMRI画像では海馬と扁桃体を分けて計測することはその解像力では困難である。ADではまず、海馬(初期)、ついで扁桃体(中期)に破壊が進む。ADを特徴付ける後頭連合野の稼動障害によって起こる記憶と認識の障害は、初期と中期を通じて不変である。以上の理由から海馬と扁桃体の大きさを海馬・扁桃体コンプレックス(左右)(HAC)としてその大きさを測定した。
 
 
■マイクロ波は海馬と大脳皮質の両方に影響(発症)を及ぼす
 
■チャイニーズハムスターの15日間のマイクロ波照射は、海馬・視床下部・不特定の大脳皮質エリアで核濃縮のニューロン(神経細胞)を生じさせた。
 
※核濃縮指数(karyopyknotic index):患者のホルモン状態を推定するための指数.膣扁平上皮細胞由来の中間細胞と濃染核をもつ表層細胞との比率を百分率で表す
 
■視床は、前腹側核の観測での下位ニューロン数と統合失調症の研究の42%においてボリューム(容積)が減少される
 
※前腹側核 (VA) 大脳基底核の出力部である黒質網様部や淡蒼球内節からのGABA性入力を強く受ける。主に運動性の大脳皮質へと投射している。
 
■ハムスターの22日間のマイクロ波照射の光学顕微鏡と電子顕微鏡(での観測)は、細胞質空胞化と視床腹側ニューロンでの弱い泡のような細胞質とニッスル小体融解(中心性色質融解)を明らかにする
 
※chromatolysis:ニッスル小体融解(にっするしょうたいゆうかい)
※中心性色質融解(ちゅうしんせいしきしつゆうかい、英:central chromatolysis)とは神経細胞体の膨化に伴い核やニッスル小体が辺縁部に偏在する状態。神経細胞の軸索突起が障害が与えられて時に発生する。
 
■統合失調症患者の小脳変化は、神経学的な信号・検視標本(検体)・神経画像処理研究の31%などのおびただしい研究で明らかです。
 
■萎縮(症)は、主な解剖学の知見(所見)ですが、いくつかの研究はプルキンエ細胞(小脳皮質を代表する統合的ニューロンであり、小脳からの出力信号を発する唯一の神経細胞)の損失を示す。
 
※プルキンエ細胞層:皮質の中間層に存在する神経細胞は、大型のプルキンエ細胞のみである。プルキンエ細胞は小脳皮質を代表する統合的ニューロンであり、小脳からの出力信号を発する唯一の神経細胞である。その細胞体からは樹状突起と呼ばれる突起が分子層に伸び、数百におよぶ分岐を持つ。樹状突起の伸び方は平面的であり、隣同士の樹状突起が平行に重なり合うような構造をとっている。顆粒細胞から伸びる平行線維とは直角に交わる。プルキンエ細胞はGABA作動性であり、深部小脳核および脳幹の前庭神経核と抑制性シナプスを形成する。1つのプルキンエ細胞が、およそ10万~20万本の平行線維からの興奮性刺激を受け取る。
 
■マイクロ波パルスをされるネズミのバランス能力不足(欠損)は、小脳運動の影響を提唱する
 
■前頭前野と頭頂部の脳葉のボリューム(容積)縮小は、それぞれの領域の研究の60%で報告されます
 
■いくつかのマイクロ波のレポート(報告)は、不特定の脳エリア(領域)変化によるものからです
 
■死体解剖される脳に炎症または瘢痕がないこと以来、統合失調患者の神経発作の仮説は指示されます
 
■それでも、総体変化のアポトーシス(多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死)不足による脳萎縮症とされる
(それなのに、全体を変化させるためのアポトーシス不足による脳の萎縮症とされる)
 
※apoptosis:(遺伝子にプログラムされた能動的な細胞死) アポトーシス, アポプトーシス, プログラム細胞死, 予定死
※アポトーシス (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと。
これに対し、血行不良、外傷などによる細胞内外の環境の悪化によって起こる細胞死は、ネクローシス (necrosis) または壊死(えし)と呼ばれ、これと区別される。Apoptosis の語源はギリシャ語の「apo-(離れて)」と「ptosis(下降)」に由来し、「(枯れ葉などが木から)落ちる」という意味である。
 
■Fas経路のアポトーシスを生体外(試験管など)で発生させるマイクロ波
 
■幻覚症状にある脳の代謝活性化グルコース(ブドウ糖)の取り込みと血流量は、側頭葉の規定値を超える活性化または研究の85%でコントロールと示す
 
■側頭葉の上位の回(脳回)は、研究の40%程度で活性化される。しかし、中位の回(脳回)または海馬の内側側頭部または扁桃体は、研究での視床活性化とともにしばしば活性化される
 
※gyrus回:大脳半球および小脳半球における溝と溝の間の隆起の総称。それぞれの脳回は表側に露出した部分と脳溝に隠れている部分から成る。
 
■マイクロ波パルス照射の深刻な聴覚効果は、ネズミの脳のグルコース(ブドウ糖)代謝を増加させた。
(乳頭状の大脳辺縁系構造や扁桃体と外側膝状体・内側膝状体・服側の内側視床で特に目立つ[14C] 2-deoxy-D-glucoseによる)
 
※外側膝状体 (lateral geniculate nucleus, lateral geniculate body, LG, LGN, LGB) 網膜からの視覚情報を受け取り後頭葉の一次視覚野 (V1) へ中継を行っている。 6 つの層がはっきり認められる。厳密には視床後部に属するが、視床の一部として通常扱われる。
 
■視床の一部として存在する膝状体や海馬の終端路を有する乳頭体の両者とともに非聴覚構造(組織)によるより際立った取り込みだけは注目されます、またそれは(磁気共鳴)画像処理には小さすぎるものです
 
■ネズミの血流量は側頭部の皮質や聴覚効果のための急激(深刻)なマイクロ波のパルス照射をした膝状体の側面と中間で著しく増加する
 
■従って、マイクロ波の研究では、側頭部・視床・幻覚症状のそれら扁桃体の局部において特に一致する
 
■記事引用[John J. McMurtrey,a Copyright 2002, 8/25/03]

Written by denjihajapan

2010/02/06 at 23:16

カテゴリー: 電磁波と生態