DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

Archive for the ‘電磁波テロリズム’ Category

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[10、告発]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■公式のコインテルプロ・オペレーション(作戦)が終結したの後に、急進的なグループに対するコインテルプロのような戦術(策略)を展開(配置)しつづけるFBIを、幾人かの著者は告発(非難)した、どれだけかの著者はアメリカインディアン運動(AIM)がそのようなオペレーション(作戦)の標的だったことを提唱した

■少数の著者は更に進展して「連邦政府はラコタ部族の特別保留地にあるウラン鉱床の獲得(ウラン鉱床(鉱物)の資産権利(利権)を不正な手段で獲得する)をもくろんだ」また、「これはパイン・リッチ特別保留地でのアメリカインディアン運動(AIM)の活動家(行動主義者)に対する大規模な政府の陰謀(共謀/共同謀議)を動機づけた」と(断言)強く主張する
他の者たちはコインテルプロが継続すると信じます、そして類似(同様)の行為が活動家(行動主義者)グループに対して講じられている

■キャロライン・ウォイダットは、「アメリカ先住民が見せられた、陰謀(共同謀議)論のレンズを通して見た自分達(彼ら自身)の世界」で(歴史の)史実に基づく背景(状況)の内でコインテルプロは理解される(意味/本意を知る)べきであると、アメリカ先住民に関して主張した(論じた)
コインテルプロと関連したいくつかの陰謀(共同謀議)論は根拠がないとしても、継続している政府の監視と抑圧の問題(争点)はそれでもなお現実(真相)であると、他の著者は特筆する

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/21 at 18:13

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[9、コインテルプロ戦略(策略)と継続、ポスト・コインテルプロ改革、カウンターテロリズム(対テロ作戦)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■コインテルプロ戦略(策略)の継続

■コインテルプロが1971年4月に正式に終結されたとはいえ、継続しているFBIの行動は最後のコインテルプロ戦術(策略)では、ポスト(次期)・コインテルプロ改革(改良)は成功しなかったことを示している、今は亡きピューリッツァー賞受賞ジャーナリストと著者デイビッド・ハルバースタムをFBIは20年以上追跡したことを示す情報公開法(FOIA)の下、ドキュメントは公表された

※FOIA:(Freedom of Information Act)アメリカの情報公開法、一部の例外を除いて、請求に応じてすべての政府情報を公開することを義務づけている、1966年制定

■コインテルプロ戦略(策略)への復帰を許しているようなものだと言及したレーガン政府(政権)の間に、「カウンターテロリズム(対テロ作戦)」のガイドライン(マニュアル)は、(要求・条件・不足などを満たし)実行された、いくつかの急進的(徹底的/革命的)グループは、FBI密告者である又はFBIがその運動に潜入浸透していると想定し、反対派(党派的反対者)を非難(告発)する

※Counterterrorism:対テロ作戦(英語: Counter-terrorism または 英語: counterterrorism、対テロ戦略)は、テロリズムの損害を最低限にとどめることを目的とする、政府・軍隊・警察などの公的機関による行為・戦術・技術・戦略である

■合衆国司法省の監察官(検査官)の報告によれば、彼らは平和的な市民抗議(反対)を計画していたにすぎないにもかかわらず、FBIはアメリカの活動家(行動主義者)グループの調査を不道徳(不適当)に開始した

■監察官(検査官)による再調査(批評)は、(市民の)自由権グループと国会議員による民事告訴(苦情)に応じて開始された

■FBIはトーマス・マートン・センター、ピッツバーグに本拠地がある平和グループ、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)、グリーンピースUSA、環境保護活動組織を含んだグループを不適法(不道徳)に絶え間なく監視(モニター)した、そのうえ、彼らが非暴力または合法の活動(暴力または非合法の無い活動)を計画していたにもかかわらず、グリーンピース系列下の活動家(行動主義者)は不適法(不道徳)にテロリスト監視対象リストに置かれた

■2001年~2006年の間に、監察官(検査官)は「頭の痛い(やっかい/具合の悪い)」FBIの慣習を発見したと報告する
いくつかのケースで、FBIは「実質的弱者」との理由で活動家(行動主義者)グループ傘下の人々の調査を行った(指揮した)、そのうえ、FBIは「十分な根拠が伴わない(根拠に足りない)」グループのいくつかの調査を拡大し(より広範囲に拡張し)、くわえてそのファイルの活動家(行動主義者)グループに関する情報を不適法(不道徳)に保持(維持)した

■監察官(検査官)の報告は、FBI長官ロバート・ミューラー三世が調査の1つに関するずさんな(不正確な)議会証言をもたらしたのも発見した(見つけ出した)、しかし、この誤り(ずさんさ)は、FBI当局者が(彼に)話したことを当てにしている(頼る/依存する)彼だったからかもしれない(結果かもしれない)

※IG(Inspector General):監察官、検査長官、監察総監、外務省の査察使、防衛省の監察官・監理監察官、文部科学省の首席査察官
※PETA(People for the Ethical Treatment of Animals):動物の倫理的扱いを求める人々の会、1980年にアメリカバージニア州ノーフォークで創設された世界最大規模の動物の権利擁護団体

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/21 at 18:05

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[8、コインテルプロと非合法の監視(イリーガル・サーベイランス)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■非合法の監視

■チャーチ委員会の下した結論の最終報告:
■あまりに多くの人々は、またあまりに多くの行政機関により密かに見張られています(秘密に調べられています)、そしてまたあまりに多くの情報が集められています、政府は(彼らの)政治理念をベース(基底)にして市民の秘密監視にたびたび着手した、それらの信念(理念)は、敵対国の脅威(力)のための暴力的脅迫(脅威)または不法行為(違法行為)が(何一つ)無いときでさえ、(問題・危険・困難などを)引き起こした(生じさせた)、政府は、主に秘密の情報提供者を通じての操作運営しており、それだけでなく盗聴(電話/電信の盗聴・盗聴器設置)、マイクロフォン(隠しマイク、盗聴器)、不当なメール開示、割り込み、口をはさむ、押し入り、住居侵入のような他の侵入的(生活を乱し妨害する)テクニックを用いることで、アメリカ国民の私生活、見解(考え/展望)や関係についての情報の膨大な量をかき集めてさえいる(さらいとってさえいる)、それらのグループが不法な活動に関わり合っていない(という事実)にもかかわらず、潜在的に危険(危険を与える恐れがある)と思われる組織(グループ)の調査、潜在的に危険な組織と連帯(結託)している容疑をかけられた組織(グループ)でさえ何十年もの間つづけられた

■彼らの政治的見方とライフスタイルのために、グループや個人は悩まされ(困らせ、うるさがらせ、苦しめ)混乱させられた、調査は(漠然としはっきりしない・その幅広さは過度の(情報)収集を避けられなくした(必然的にした))曖昧な基準に基づいていた、匿名の者が、結婚の解消(男女を分かれさせる)、会合(ミーティング)の混乱、彼らの専門職(主に頭脳的な仕事)からの追放、死をもたらすかもしれない敵対者へ標的にされた組織をいらいらさせ(怒らせ)扇動する(挑発する)などの企てを含んだ、(道徳的に)芳しくなく残忍で暴力的な(悪意のある)策略が用いられてきた、諜報局は総裁(会長/社長)と他の高官(役員)の政治的で個人的な目的に便宜を与えた(供給した)、政府機関(またその代理)は、行政部局(管理職員)と議会での高官(役員)からの圧力に応じて過剰な行き過ぎた行為に力を注いでいる(犯している)ことが多く、彼らは目的のふさわしくない(不適当な)活動を時折始め(加入/手ほどき)、その後には、知らせる義務を持っていた公務員(役員)からそれらを隠蔽した(秘密にし、見えなくする)

■主要な(第一の)職務(義務)が法律(要求/服従)を強要するための人々を含んでいる政府の役人達(公務)は、長期間にわたって法律を犯しまたは無視し(条約/法律を犯す・権利/プライバシーを侵害する・静寂/睡眠を乱す/妨害する)法律を破る(彼らの)権利を提唱し弁護している

■チェックとバランスの憲法上のシステムは諜報活動を適切に制御(コントロール)していなかった
最近まで、行政部局(実行委員会/執行部)は、許容される活動範囲を言葉で詳細に叙述することも、諜報機関を監督管理することへの手続き(訴訟/議事手続き)を確立することも無かった
議会はその充当が置かれていた使用をめったに疑問視しせず、監督に足りる遂行に役立たなかった
たいてい国内の諜報(機関)問題は法廷に届かなかった、そしてそれらのケース(彼らが法廷に達したケース)では、司法部は彼らと(難題などに)取組むことを嫌がった(しぶしぶだった)

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/21 at 13:26

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[7、コインテルプロの方法(主な4つの手法)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■方法

■弁護士ブライアン・グリックの彼の著書「War at Home」(内戦/自国内戦争/地域内戦争であろう)によれば、FBIはコインテルプロの行われている間、4つ主だった方法(手法)を用いたとある

(1)潜入(組織/敵陣などへの潜入行動):
エージェントとインフォーマー(代理人/外交員/官庁の事務官/スパイ/捜査官/と密告者/情報提供者など)は、政治活動家の単なるスパイ行為(秘密の調査)をしていなかった、彼らの主だった目的(意図)は、信用を失わせ、混乱破壊させるためであった(評判を悪くし、交通・通信などを中断・途絶・不通にする、構造破壊)、まさに彼らの配備(存在)は、信頼を陰険な手段で傷つけ(名声/健康を)じょじょに害し、将来的に見込まれる支援者たちを突然怖がらせて(脅して)追い払うのに役立った、FBIと警察はこの(差し迫る危険・苦痛などや神に対する)恐れ(恐怖)を、本物の活動家(行動主義者)をエージェントとして、中傷し名声を汚すために巧みに利用(悪用/食い物に)した

※exploit:(使用人・労働者などを)(私的目的に)利用する、食い物にする、搾取する、(事態などを)巧みに利用する、悪用する、つけ込む

(2)外部からの心理戦:
FBIと警察は、そのほか無数の「卑劣な手段(汚い手)」を進歩的(革新的)運動の名声などを陰険な手段で傷つけ健康をじょじょに害するために用いた、彼らは、虚偽のメディア・ストーリー(メディアを媒介にした偽り/間違ったシナリオ)を策略し仕掛け、標的にされたグループ(個人を含むだろう)の名前で偽物(いんちき)のリーフレットとそのほかの出版物を出版した(ストーリー展開される情報操作であろう)、彼らは書簡(手紙、通信、往信/来信の両方、新聞などの記者の通信文、ニュース、記事)を(偽造)作り出し、匿名の手紙を送り、匿名の電話をしました、彼らは会合(ミーティング)やイベントに関する意図的(作為)な誤報(誤伝)を広め、政府職員により運営する偽りの運動グループを設置(設立)し、積極行動主義者(能動的に行動する者)にトラブルを引き起こす(原因の)ために、両親・雇用者(使用者)・家主(地主)・学校(の職員)・その他の人々を操る(操作)または暴力を振るった

※Psychological Warfare:心理戦
※dirty tricks:相手を疑うように設計された陰険なコマーシャルまたは政治的な振る舞い
※correspondence:文通(手紙による)通信、書簡(往信・来信のいずれも含む)(新聞・雑誌の記者からの)通信文、ニュース、記事

(3)ハラスメントは法制度(法のシステム)を通じて(法的強制力でのハラスメント):
FBIと警察は、反体制分子を(攻撃し)しつこく苦しめる(悩ませる)のに法のシステム(法の仕組み)を(地位/特権を)乱用悪用し、彼らが犯罪者であると思われるようにする、法の役人たちは、偽証された証言をあたえ、不法逮捕と不当な投獄(禁固/監禁/束縛/幽閉)のための口実として、でっちあげられた証拠(証言)を提示した
彼らは、積極行動主義者(活動家)を脅迫(暴力的な脅し/威嚇/脅迫)し、そして彼らの支持者を沈黙させる(黙らせる)ための(目的を達成するための)行動(活動)で、差別的に税法と政府規制(取締り)を適用(無理強い)し、人目を引く監視(著しく目立つ監視)、「調査」インタビュー、大陪審(起訴陪審)召喚令状を行使した

※grand jury:大陪審,起訴陪審(12~23人の市民の集まりで,ある人の容疑suspicionについて審理(告訴側の予備証拠を審理)し,起訴indictするに足るだけの十分な事実があるかどうかを決める、比較的大きな事件の場合には、容疑の起訴indictmentを決めるのは、普通は検事prosecuting attorneyの仕事である、なお英国では,grand juryは’33年に撤廃された) 、大陪審(正式起訴するための陪審であって、検察の証拠及び資料により訴えを提起するかどうかを決める)

(4)エクストラリーガル・フォース(法の支配を受けない力)と暴力:
FBIは反体制派分子を脅迫するために、反体制派分子の家を捜索する目的で非合法の進入(押し込み)を行う(実施する)ために、そして破壊行為(芸術の故意の破壊を含む)、襲撃暴行、精神物質的な打撃、暗殺を犯すために、地方警察署と連帯して陰謀を企てる、その目的(対象)は、(突然恐怖心を起こさせて)脅迫する(脅す)または排除(抹殺)して反体制派分子と彼らの運動を混乱破壊させるためであった

■FBIは黒人の闘争運動での様々な党派(党派の闘争)間の緊張(精神的/情勢的)と敵意を高めるためにもくろんだ戦術(策略)を特に発展させた
(例えば、ブラックパンサー(originally the Black Panther Party for Self-Defense was an African-American revolutionary socialist organization)、米国組織(is a Black nationalist group in the United States)、そしてブラックストーンレンジャーズ)、これはサンディエゴのブラックパンサーの党員ジョン・ハギンズ、Bunchy カーターとシルベスター・ベルの米国組織暗殺との間で、おびただしい死者をもたらした

■FBIは多くの合衆国の都市(San Diego, Los Angeles, San Francisco, Oakland, Philadelphia, Chicago)の警察署とともにブラックパンサーの街(ホーム)で繰り返される襲撃を助長するためにも陰謀(度々ほんの少しまたは全く証拠(物証/証言)の無い連邦・州・地方の法の違反(違背)を伴う(含む))を企て、ブラックパンサー党の多くのメンバーの警察殺害、最も著しい1969年12月4日のシカゴ・ブラックパンサー党首フレッド・ハンプトンの暗殺を直接的にもたらした

■彼らが危険とみなした黒人の好戦的なリーダーを排除(抹殺)するために、FBIは地方警察署とともに特定個人をターゲット(標的)にして陰謀を企てた、彼らを犯さなかった犯罪で告訴し、(反乱/暴動などを警察/権力によって)無罪を証明する証拠(疑いをはらす物証/証言)を隠し抑圧(鎮圧)し不当に投獄する、ブラックパンサー党首、エルマー・「ジェロニモ」プラットという人物は、カリフォルニア高等裁判所が彼の殺人罪有罪判決を取り消す以前の27年投獄され、結局は彼を自由にしている、法廷に出廷して、あるFBIエージェントは、FBIとロサンゼルス警察署の両者が、殺人が発生した時、彼は区域外にいたのを知っていたことから、プラットはずっとぬれぎぬを着せられていたと信じ証言した

■FBIは200以上の「黒人への違法立ち入り捜査(非合法家宅捜索)」(標的にされたグループと彼らのメンバーに対し、令状の無い人目をしのんで内密におこなう進入)を行った(実施した)

■1969年に、サンフランシスコのFBIの特殊捜査官はフーバー(少なくとも彼ら(パンサー党)は主に子供への朝の授乳をしていた(朝食の受給)のを明らかにする、街でのブラックパンサー党の彼の調査)を書いた、ブラックパンサー党は「革命的手段により政府をおびやかそうと努めている暴力的傾向のある組織」というフーバーの個人的見解(主観)を支持するためにエージェント(調査官/スパイ)が彼の証拠補充に直接関係した職業的野心(野望)の意味合いを含んでいるメモに、フーバーは即座に反論した

■フーバーは(彼の)政治的な敵を攻撃するために虚偽の主張(偽りの主張)を用いるのをいとわなかった
彼の書いたあるメモには:「諜報機関(対敵情報活動)の活動の目的はブラックパンサー党を混乱破壊させるためであり、これは非難(告発/義務や責任を人に負わせる)を具体化(実体化)するために、事実が存在するかどうかは重要ではない」

■とりわけ物議をかもす(特に論争の的)1965年のある出来事には、市民権活動家のヴァイオラ・リウッツォはクー・クラックス・クラン(KKK:白人至上主義団体)(彼女の乗客が若い黒人男性と気付いた後、追跡し、車中の彼女に数回発砲した)により殺された、クー・クラックス・クラン(KKK)の団員の一人は、FBI密告者ゲーリー・トーマス・ロウであると一般に知られている
その後、コインテルプロはリウッツォは共産党のメンバーで公民権運動にかかわっているアフリカ系アメリカ人と性的関係を持つために(彼女の)子供を捨てた(見捨てた)とデマを広めた(流布された)
FBI密告者のロウは、フリーダムライダースの襲撃と1960年のバーミンガム、アラバマ16番街のバプテスト(浸礼)教会爆破を含んだ、市民権時代である1960年代の最も多い暴力的な犯罪のいくつかに関与もしていた
サンディエゴの他の事例では、FBIは、前ミットマンの極右翼グループを資金調達し、武装させ、操作して、(反戦運動に関係する標的にされたグループ、活動家(積極行動主義者)と指導者を)脅迫のみならず暴力的な(行為の)秘密の軍組織と呼ばれるグループへと性質(外見)を根本的に変えている

※informant:インフォーマント、資料提供者(言語研究者の質問に答える形式で自分の母語についての文化・言語資料を提供する人)
※civil rights movement:公民権運動
※Freedom Rider:人種差別に抗議するために南部地域をバスに乗って通り抜ける人権活動家の異人種間グループの1つ

■フーバーは「(将来的に可能性のある)潜在的トラブルメーカーの特定をさだめ、彼らがポテンシャルを発揮(行動)する前に彼らを無力化する」よう先制行動を命令(指揮)した

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/21 at 13:22

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[6、コインテルプロへの監視とエレクトロニック・サーベイランス(電子的監視)]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■監視の例(チャーチ委員会の報告書に含まれる、FDR(ルーズベルト)からニクソンまでの全ての大統領にわたる合法と非合法の両方の監視):
・ルーズベルト大統領は、彼の「国防」ポリシー(政策)と支援しているチャールズ・リンドバーグ大佐に反対しホワイトハウスに電報を送っている市民の名前をそのファイルに入れるようにFBIに依頼した
・トルーマン大統領は彼の(指名による)地位に影響をあたえる先のルーズベルト補佐官の成果の内部情報(労働組合の協定(取り決め)計画とジャーナリストたちの出版計画)を受け取った
・アイゼンはワード大統領は海外の役員(バーナード・ブルーク、エレノア・ルーズベルト夫人、ウィリアム・O・ダグラス連邦最高裁判所判事らによる)との単に政治的で社会的な交流(接触)についての報告書を受け取った
・ケネディ政権は、国会(議会)職員のFBI(連邦捜査局)盗聴(電信/電話盗聴)を行っていた(国会/議会の職員とは、3名の行政官、議案院外陳情者、ワシントン法律事務所)、合衆国司法長官のロバート・F・ケネディは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアへのFBI「傍受(盗聴)」と連邦議会(国会)議員(特に下院議員)への「盗聴器の取り付け」の勲章を受け取った、そのいずれもが政治的(政治にかかわる)本質(本性)の情報をもたらした
・ジョンソン大統領は、彼を批判する人たちと彼の1964年の対立候補(バリー・ゴールドウォーター上院議員)のスタッフのメンバーの「名前チェック」を行うようFBIに依頼した、彼は上院議事堂で彼を批判する人たちの単なる政治的情報(諜報)も頼んだ、そして、FBIのエレクトロニック・サーベイランス(電子機器の監視、電子機器を用いた情報収集/諜報活動)から、1964年の民主党の党大会(代表者会議)での政治活動の広範囲にわたる諜報(情報)レポートを受け取った
・ニクソン大統領は、最高裁に関する情報を含む国家安全保障とは無関係にホワイトハウスの単に政治的また個人的な情報のために作り出した盗聴(電話/電信など)プログラム(計画)を認可した

※wiretap:(電信・電話を)盗聴する、(人・家などの)電話を盗聴する、電信(電話)を盗聴する
※lobbyist:ロビイスト、議案院外陳情者
※electronic surveillance:(防犯・スパイ活動のための)電子機器を用いた情報収集
※surveillance by electronic means (e.g. television):電子的な手段(テレビなど)による監視
※an information system to cope with dangers or accidents related to everyday-use consumer goods called NEISS (National Electronic Injury Surveillance System):NEISSという危害情報システム

■コインテルプロ・ドキュメント(文書)は、ベトナム戦争反対の大衆(大量)抗議行動を止めさせるためのFBIの意図(意向)のおびただしい(数の)事例を明らかにする

■任務(任務と研究課題)を成し遂げる数々のテクニック(技術)が用いられた

■「これらは、反戦勢力の間で分裂(分断/仲たがい)するのを促進すること、社会主義者の共産党弾圧(赤狩り)を元気付けること、そして大規模で平和的なデモの代わりに(として)暴力的な対立(衝突)を強く推進(後押し)することを含んだ」

※red-baiting:共産党弾圧、赤狩り

■ある1966年のコインテルプロ・オペレーション(計画)は、彼らの反戦運動に対する支援の公約(約束/誓い)から、社会主義労働党に向きを変えるための試みだった

■[必要とされる引用]
FBIは、もはやコインテルプロまたコインテルプロのようなオペレーション(作戦研究/科学的な研究)を引き受けない(着手しない)と主張する(言い張る)が、しかしながら、批判家たちはコインテルプロ精神の政府機関のプログラム(計画)は、エルサルバドル、アメリカインディアンの運動、アースファースト!(地球が優先!)、白人分離主義者の運動、反グローバル化運動の人々と結束する委員会のようなグループをターゲットにした(標的にした)と主張する(断言する)

※El Salvador:エルサルバドル(中米の共和国)(スペイン語「救世主」の意)

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/21 at 13:16

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[5、コインテルプロの範囲]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■ターゲット(標的にされる者)の範囲

■BBC(英国放送協会)のアンドリュー・マーとのインタビューで、MIT(マサチューセッツ工科大学)の言語学の教授と政治運動家ノーム・チョムスキーは、その目的やコインテルプロのターゲット(標的にされた者)の言及について会談した、「コインテルプロは、軽犯罪の2人組みによるものではなく、4つの政権下で、それを成しえた当時の、国家の政治に関する警察(高等警察)、FBI(連邦捜査局)により、断行(実行)された破壊活動プログラム(計画)だった、それは全ての新左翼を標的にしていた、女性解放運動で、黒人運動で、それは極めて広範囲だった、その行為(コインテルプロ)は政治的暗殺までに至った(政治的暗殺と同様の行為にまで至った)、私はその一部始終に目を通したい」

■チャーチ委員会によれば
According to the Church Committee:
・宣言されたこれたプログラムの目的は、「国家の安全」を守る、または暴力を防ぐためとしても、局(官庁の局/社会組織の支局)の目撃者は、ターゲットの多くが非暴力であり、大部分は国外の影響力との関係(接点)を持たなかったと認める
・実際には、彼らが暴力への可能性に相当するとして局が疑わないために(思うがために)非暴力の組織や個人が標的(ターゲット)にされた、そして、ベトナム戦争に反対した非暴力の市民が、暴力的なデモ参加者に彼らの主張に社会的地位を与えることで「支援と慰め」を与えたとして標的(ターゲット)にされた
・ターゲッティング(標的にする)のいいかげんさ(不正確さ)は、そのプログラムの対象を定義することへの局の無能により実演(証明)された

■ブラックナショナリスト(黒人国家主義者)プログラム、その管理者によれば「(あなたは)今日はブラックナショナリストだと性格付けないかもしれないが(しかし)実際はほんらい黒人で組織の重要な一員だ」を含んでいた、このように、非暴力の南部キリスト教指導者同盟は、黒人国家主義の「ヘイトグループ」としてレッテルを貼られた(判別された)、さらには、実際に標的にされた者たちは、その数々のプログラムタイトルが意味するよりずっと広範囲なグループ(組織)から選ばれた(判別された)

※Southern Christian Leadership Conference:南部キリスト教指導者同盟
※Hate crime:(ヘイトクライム:憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する集団に対しての偏見が元で引き起こされる口頭あるいは肉体的な暴力行為を指す
※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0(ヘイトクライム)

※グループごとの計画名:the titles of the programs( The Black Nationalist program )

■CPUSA(Communist Party of the United States of America:アメリカ合衆国共産党)プログラムは共産党のメンバーだけではなく、下院・非米活動調査委員会廃止のための国家委員会のスポンサー(講演者)や、伝えられるところでは共産影響下または十分な反共産主義者ではないとみなされる市民権運動主導者(人権運動主導者)をも標的にした

■社会主義労働者党プログラムは、社会主義労働者党ではない反戦デモのスポンサー(後援者/資金提供者)を含んだ
(反戦デモの共同スポンサーは、社会主義労働者党または青年社会主義連合(ユースグループ)です)

※antiwar demonstrations:反戦デモ

■ブラックナショナリスト(黒人国家主義者)プログラムは、パンサーズから、SNCC(学生全米調整委員会)、平和的な南部キリスト教指導者同盟、そして全ての黒人学生同盟と多くの他の黒人学生グループを含んだ広範囲の組織を対象にした

※SNCC:(スニック:Student National Coordinating Committee)学生全米調整委員会。前身の学生非暴力調整委員会が、非暴力主義に基づく運動方針に限界を感じ1969年に改称したもの、70年代前半に路線対立から組織が分裂して影響力を失い解散した

■新左翼のターゲットは、SDSから対外政策の討論のための大学間協議会まで、アンティオク校(「新左翼の先駆者」)から自由大学(大学の中で学生たちが興味ある問題を論じ研究する自主講座)や他の「交流」校まで、そしてアングラ新聞からタブーとされる単語をともない前兆を伝えている学生出版物の大学検閲に(学生が)抗議することまでに及んだ(標的にされた)

※free university:自由大学(大学の中で学生たちが興味ある問題を論じ研究する自主講座)
※four-letter words:タブーとされる単語(言葉)
※censorship:検閲(けんえつ)狭義には国家等の公権力が、表現物(出版物等)や言論を検査し、国家が不都合と判断したものを取り締まる行為をいう、歴史上、世界各国において検閲官などにより行政権による検閲が行われ、しばしば表現の自由が抑圧されてきた、対象となるのは出版物の他、音楽、映画、テレビ、インターネット等表現一般である、検閲は大きく分けて事前検閲と事後検閲の2種類あるが、ほとんどは事前検閲である、広義には公権力に限らず、社会的に有力な個人・団体が検閲をすることもある

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E9%96%B2(検閲)

※日本では憲法第21条第2項で禁止されており、その憲法の言う「検閲」とは「行政権が、思想内容等の表現物の発表前にその内容を審査した上、不適当と認められるものの発表を禁止すること(最大判;昭和59年12月12日)」とされている、近代以降、戦前には内務省などによって、連合国占領下では連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)によって検閲が実施された、検閲は大きく分けて事前検閲と事後検閲の2種類あるが、日本において行われたものの多くは事前検閲である、現在の日本において、検閲(行政による事前検閲)は日本国憲法によって禁止されている

大日本帝国憲法制定後
大日本帝国憲法26条では、法律の留保があるものの、通信・信書の自由・秘密が保証され、検閲を行うには法律の根拠を必要とした
「日本臣民ハ法律ニ定メタル場合ヲ除ク外信書ノ祕密ヲ侵サルヽコトナシ」— 大日本帝國憲法第26條

日本国憲法制定後
日本国憲法第21条第2項前段において検閲は明確に禁止されている
「検閲は、これをしてはならない、通信の秘密は、これを侵してはならない」— 日本国憲法第21条第2項

刑事施設における検閲
日本国憲法下において例外的に検閲が認められている刑事施設であるが、運用が恣意的だとして、しばしば訴訟が起こされている

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A4%9C%E9%96%B2(日本における検閲)

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/14 at 15:20

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[4、コインテルプロの計画]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■あばかれた計画

■その計画は、自らFBIを調査する市民の委員会と呼ぶ左翼の急進論者グループが、メディア、ペンシルバニアのFBIフィールドの事務所に押し入り、いくつかの調査書類を手に入れ、新聞(通信)社にこの情報を引き渡すことで計画をあばく1971年まで首尾よく秘密保持されていた(多くの報道機関は最初はその情報を出版するのを断った)

■その年の内に、フーバー長官は、「中央集権化されたコインテルプロは終わった、あらゆる未来のカウンターインテリジェンス・オペレーションズ(諜報機関の作戦の科学的研究)はひとつひとつ事例ごとに処理するつもりだ」と宣言した

■更にそれ以上の文書は、NBCの通信員(特派員)カール・スターン、社会主義労働者党、多くの他団体(他のグループ)によるFBIに対して提起した個々の訴訟(訴訟ごと)の最中(過程)に明らかにされた、1976年には、合衆国上院議員の諜報活動に関する政府オペレーション(操作/科学的作戦研究)の研究のための特別委員会による、より重要な調査が行われだした(一般には、アイダホ州のフランク・チャーチ上院議員が議長のため「チャーチ委員会」として述べられる)

■しかしながら、ドキュメントの何百万というページがリリースされていないままであり、多くのリリースされたドキュメントが部分的、あるいは完全に改ざんされた、特別委員会の最終の報告書によれば、コインテルプロははっきりと厳しく非難された

■用いられたテクニックの多くは、たとえ標的にされる者全てが暴力的な活動にずっと関与していたとしても耐え難いものでしょう、
しかしコインテルプロは、危険視されるグループの成長(危険な団体の成長)と危険視される着想(アイディア)の普及を妨げることは国家の安全を守り暴力を防ぐであろうとのセオリー(理屈/空論/仮説/学説/理論)で、それをはるかに超える(はるかにしのぐ)、憲法修正第一条の言論と連合の権利行使を妨げることを直接的に狙った洗練された(極めて複雑に設計された)自警団員オペレーションを行った

※vigilante:自警団員

■チャーチ委員会は、1936年から1976年をつうじ、エージェント(代理人:スパイ/調査員/捜査員など)たちは「無政府主義者(アナーキスト)や革命家」を集め追放し、次に(富/名声を)築き上げる責任を課せられた、1920年代をつうじ、第一次世界大戦にさかのぼって政治的な抑圧の目的(意図)に政府機関をつかう歴史を文書化した

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/14 at 15:07

カテゴリー: 電磁波テロリズム