DenjihaJapan

科学技術や電磁波が環境や生態にあたえる影響などに対して調査しています

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[3、コインテルプロの歴史]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■歴史

■コインテルプロは1956年に行われだし、「党閥主義(党派心)を増やし、混乱(崩壊)を引き起こし、離反に勝る」よう設計(意図)された、しかし、その計画は、社会主義労働者党(1961)の混乱(崩壊)を含め、クー・クラックス・クラン(1964)、イスラム(教の国民)、ブラックパンサー党(黒人開放)(1967)と、新生活社会の全体/反戦、地域社会、と宗教団体(1968)を含んだ政治運動にまで、まもなく拡大された

※defections:離反、従っていたものなどが、そむきはなれること「人心の―した政治」(国などを)捨て去ること、逃亡、亡命、変節、脱党、脱会
※factionalism:党閥主義(党派心)、党派(とうは)とは、指導部を戴いた、政治団体を指す
※the Communist Party U.S.A. (CPUSA):アメリカ合衆国共産党 (Communist Party of the United States of America)

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A(アメリカ合衆国共産党)

※Socialist Workers Party:社会主義労働者党(社会主義労働者党は、かつてのハンガリーの一党独裁政党)
※Black Panther Party:ブラックパンサー党(黒豹党、英: Black Panther Party, BPP)は、1960年代後半から1970年代にかけてアメリカで黒人民族主義運動・黒人解放闘争を展開していた急進的な政治組織

■上院(議員)のチャーチ委員会による後の調査は、コインテルプロは1956年に始まり、反体制グループの明らかな反対を続ける政府の力(支配力/権力)を制限する最高裁判決にともなうフラストレーション(イライラ・不満)というのが一部の理由であると述べた

※dissident:意見を異にする(人)、反体制(者)
※The Church Committee:チャーチ委員会、諜報活動に関する政府オペレーション(操作/科学的作戦研究)の検討(研究)のための合衆国上院特別委員会を意味する一般的用語、1975年にフランク・チャーチ(D-ID)上院議員により議長を務めた合衆国上院委員会のひとつ、諜報機関の合衆国上院特別委員会の先駆者(さきがけ)、委員会はウォーターゲート事件により明確な活動(特定の活動)が明らかにされたの後の中央情報局(CIA)と連邦捜査局(FBI)による違法行為のための諜報活動(非公式な諜報集会)を調査した

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81(フランク・チャーチ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BA%8B%E4%BB%B6(ウォーターゲート事件)

■議会といくつかの裁判事件は、共産主義と社会主義グループに対するコインテルプロ作戦はFBI活動の法令制限(範囲)を越え、言論と結社の自由を保障する憲法を犯したと後に結論を出した

[ 記事引用:wikipedia.org ]

広告

Written by denjihajapan

2012/12/14 at 15:02

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[2、ターゲットとコインテルプロでの支配]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■連邦捜査局の記録文書は、連邦捜査局が「不穏分子」(共産主義・社会主義組織を含む)とみなしたグループと個人をターゲット(標的)にしたコインテルプロ・リソース(財源)が85%であることを示す

■公民権運動と交わる団体と個人
・マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと南部キリスト教指導者同盟と交わるその他の者を含んでいる
・全米有色人地位向上協会と、人種平等議会と他の市民権団体
・黒人国家主義者グループ
・アメリカインディアン運動
・民主的社会(民主主義社会)の学生と気象員(過激派)を含めた、「ニューレフト(新左翼)」と判別(レッテル)した広範囲の組織(グループ)
・団体に加入していない個々の学生のデモ参加者と同様、ベトナム戦争に抗議しているほとんどすべての団体(グループ)
・全国の弁護士組合
・女性権運動と関係のある組織と個人
・プエルトリコ、アイルランド、のために独立を目指しているような国家主義(民族自決主義)団体(グループ)、オーランド・ボッシュのキューバ勢力とキューバ国家主義運動を含むキューバ亡命運動
・付け加えて(いくつかの市民権グループのメンバーだったアルバート・アインシュタインのような)注目に値するアメリカ人
※コインテルプロの公式発足以前の数年間、FBI監視下だった

※civil rights movement:公民権運動(1960年代に始まり、黒人により主に先導され、個々の黒人の市民の市民権を確立することを目指した)

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2(Dr. Martin Luther King, Jr.)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95(公民権運動)

※the National Association for the Advancement of Colored People:全米有色人地位向上協会
※Congress of Racial Equality(CORE):人種平等議会(人種的平等のためにジェームス・レオナルド。ファーマーによって1942年に作られた機関)
※civil rights:市民権
※the New Left:(集合的に)新左翼、ニューレフト(1960・70年代に激しくなった急進的左翼政治運動団体)

※日本の新左翼(しんさよく)とは、日本での「新左翼」と呼ばれる政治思想や政治運動、政治勢力のこと
1960年代以降に欧米などの先進国と同様に、日本でも従来の日本共産党や日本社会党などを「既成左翼」と呼んで批判し、より急進的な革命や暴力革命を掲げて、直接行動や実力闘争を重視した運動を展開した諸勢力が、特に大学生などを中心に台頭した。特に安保闘争やベトナム反戦運動などに大きな影響を与えたが、70年安保以降は内部の内ゲバや爆弾闘争などのテロリズムもあり、影響力は低下した
「新左翼」とは総称であり、多数の党派や支持者を含み、その定義や範囲は立場によっても変化する
反政府、反帝国主義、反共産党、スターリン主義批判などの基本路線では一致していたが、イデオロギー的にはアナキズム、マルクス主義(レーニン主義、トロツキズム、毛沢東主義、左翼共産主義など)、構造改革派などの幅をもつ

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B7%A6%E7%BF%BC_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%29(新左翼)

■コインテルプロ・リソース(財源)の残る15%は、さして重要視せず、また「白人ヘイトグループ(クー・クラックス・クラン:KKKと全国州権党:National States Rights Partyを含む)」を腐敗させるのに費やされた

※states’ rights:(主に米国で用いられる、中央政府に委任しない)州の権利
※Ku Klux Klan (略称:KKK):クー・クラックス・クラン、アメリカの秘密結社、白人至上主義団体
※National States Rights Party:全国州権党、白人至上主義団体
※Hate crime(ヘイトクライム、憎悪犯罪)は、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する集団に対しての偏見が元で引き起こされる口頭あるいは肉体的な暴力行為を指す

※ヘイトクライムとは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する集団に対しての偏見が元で引き起こされる口頭あるいは肉体的な暴力行為を指す、1970年代の米国に発生した概念である、この概念が広く注目を集めるに至ったのは、ワイオミング州にてマシュー・シェパードという同性愛者の惨殺事件が発生し、更にはテキサス州で3名の白人至上主義者らによる一人の黒人男性の殺害事件が発生した1998年のことであった、時のアメリカ大統領ビル・クリントンによる非難声明が発されるなどして広く注目を集めたこれらの事件は、やがてヘイトクライム撲滅運動それ自体の象徴として記憶される事柄となったこの事件をきっかけに起草された、性的指向、性自認、障害を理由とした犯罪を新たにヘイトクライムに規定するマシュー・シェパード法が2007年に議会に提出され、2009年10月28日にバラク・オバマ大統領の署名で成立した

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0(ヘイトクライム)

■J・エドガー・フーバーFBI長官は、コインテルプロ支配の指示を発し、FBIエージェントにこれらの運動(動向)と彼らのリーダー(指導者)の活動を「暴露(実態調査・不快にさらす、私生活をさらす)、混乱破壊(交通や通信などの中断・途絶・不通、構造破壊)、誤った方向に向ける(対象の精力の方向、場所・道順を間違えさせる、判事が陪審員に誤った説示を与える)、信用を失わせる(評判を悪くする)、かさもなければ無力化する(殺害、破壊)」と命じている

※govern:権力を行使して国家・政治団体を指導監督する
※rule:絶対的・専制的な権力者が govern よりも直接的に完全に支配し服従を強制する
※reign:実権の有無にかかわらず元首として君臨する
※administer:行政機関が国事を管理する
※order:他人に命令する、しばしばうむを言わさず従わせることを暗示する
※command:権力(権限)のあるものが公式(正式)に命令を下す、服従することを前提とする
※direct:order や command よりは命令の意味は弱く、監督し指示を与える(しかし相手の服従を予期している)
※instruct:指示が direct よりさらに細かな点まではっきりしていることを示す
※expose:(危険・不快なものなどに)さらす、(作用・影響などに)触れさせる、受けさせる、(秘密・悪事などを)暴露する、あばく、(実態などを)明らかにする、(人の)秘密(実態など)を明らかにする、内面(私生活など)をさらす(知られる)、人目にさらす、見せる、露出する、(露出症の人が)陰部を見せる
※disrupt:(一時的に)混乱させる、(交通・通信などを)中断させる、途絶させる、不通にする、構造を壊す、(急激に)変化させる
※misdirect:(精力・才能などを)誤った方向に向ける、向け方を誤る、(場所・道順を)間違って教える、(手紙・小包などの)あて名を誤る、(判事が陪審員に)誤った説示を与える
※discredit:疑う、信用しない、信用を傷つける、評判を悪くする
※neutralize:無効にする、効力を消す、安全化する、無力にする、中和する、中立化する、(特に軍事行動などで)殺す、殲滅する、破壊する

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/13 at 14:11

カテゴリー: 電磁波テロリズム

コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)

COINTELPRO(Counter Intelligence Program)
[1、コインテルプロとは]

※関連リンク
http://en.wikipedia.org/wiki/COINTELPRO(原文英語)
(これは2011年10月の記事の紹介である、2012年12月の内容とは異なる)

■COINTELPRO:コインテルプロ(Counter Intelligence Program の略語)は、監視下に置き・(地域/組織に)潜入し・失墜すること(信用を失わせる)、また政治団体(家庭/団体/自国)を崩壊(混乱破壊)させることを狙いとし、合衆国連邦捜査局(FBI)により指揮された、内密(秘密裏)で非合法な一連のプロジェクト(計画行為)である

※Counterintelligence:(敵のスパイ活動に対抗するための)対敵情報活動
※intelligence operative:諜報員
※intelligence organization:情報機関、諜報機関
※political organization:政治団体、政治結社

■コインテルプロ戦術(策略)は、心理戦(神経戦)によってターゲットを失墜させること(信用を失わせる)、メディアで虚偽の報告(間違った報道で疑念やうわさ)を植えつけること、偽造された手紙、ハラスメント(いやがらせなど)・不正(不法)な投獄、訴追されない(法で規制されない)暴力と暗殺によって誹謗中傷し徹底して敗北に追い込む(又、名声や価値を下げる)ことを含んでいた

※psychological warfare:心理戦争、神経戦
※discrediting:疑う、信用しない、評判を悪くする、信用を傷つける
※planting:思想・信仰・疑念などを、植えつける、(ひそかに・不法に、情報・うわさなどを)流す、(人を罪に陥れるための)策略、罠、(無実の人を陥れるために、その人の持ち物にまぎれこませた)おとりの品物、盗品、(犯罪グループに忍び込んだ)警察のまわし者
※smearing:(人の名声などを)汚す、傷つける、徹底的にやっつける、完敗させる、中傷、誹謗
※extralegal:法律外の、超法規的な、法の支配を受けない、法で規制されない

■コインテルプロ下の機密工作は1956~1971の間に行われた、しかし、連邦捜査局(FBI)はその発端から国内の政治団体に対して機密工作を用いている、その時に連邦捜査局(FBI)の述べた動機は「国家の安全を守ること、暴力を防ぐこと、現存社会と政治体制を維持すること」であった

※FBI:連邦捜査局、FBI(司法省に属し、特に複数の州にかかわる犯罪を取り扱う)
※日本に相当する機関:日本にはFBIに相当する機関は存在しないが、検察では各地方検察庁の特別捜査部・特別刑事部、警察では警視庁及び道府県警察本部の公安部・警備部・刑事部がFBIと類似した捜査活動に従事している

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E5%B1%80(連邦捜査局)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%82%A6%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E5%B1%80#.E3.82.B5.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.BC.E7.8A.AF.E7.BD.AA.E3.83.BB.E3.83.86.E3.83.AD.E3.83.AA.E3.82.BA.E3.83.A0.E5.AF.BE.E7.AD.96(連邦捜査局 サイバー犯罪・テロリズム対策)

[ 記事引用:wikipedia.org ]

Written by denjihajapan

2012/12/11 at 17:10

カテゴリー: 電磁波テロリズム

電磁兵器と人権

ELECTROMAGNETIC WEAPONS AND HUMAN RIGHTS (the 5th Symposium)
[5、いくつかのコメントと最終勧告]

※関連リンク
http://www.non-lethal-weapons.com/(原文英語)
http://www.slavery.org.uk/WalterPaper.htm(原文英語)

■Carole Smith氏:精神分析専門医:イギリス:Journal of Psycho-social Studies Vol.3
・「それは事実上(実質)、他者を迫害するための残虐で冷酷で非人間的なトレーニング(訓練)の1つである」
・「これら国の使用人(公務員)は、倫理的な自らの精査の訴訟手続き(道徳上の内省/自己監視の令状)から義務や法的責任の訴追をされないと思うのももっともであり、略奪者(金銭的また性的に人を食いものにする者)や犠牲者(被害者)のために非人間的である必要がある」
・「さらに驚くことに、国家組織(行政権/統治権)は冷酷な組織(機構)によるこれら兵器(武器)の武力展開(配備)に身をさらす国民(市民)を見捨てており(放棄しており)、(その懸念)利害関係は民主主義と人権がまさに正反対である」

※exempt:(人々について)他者や他の物は対象となる義務や法的責任(税金など)から解放される、または訴追されない

■Prof. Dr. Peter Phillips et al(US Electromagnetic Weapons and Human Rights):カリフォルニア州ソノマ州立大学:Global Research:2008年7月7日
・「これは人間の身体や精神(心)が神聖で犯すことのできないものとして慎重にされるよう要請である、彼らの同意(承諾)無しに身体を侵害するのは、とてつもない(言語道断な/悪質な)人権犯罪である」

■Prof. Dr. Dean Radin(プリンストン/エジンバラ/ネバダ州の大学での高度情報通信の教授)
・「非電離電磁放射は間違いなく(確実に)個々の細胞から人間の行動(ふるまい)に至る生命システム(生態系)の影響を有する」

※advanced communication technology satellite:先進通信技術衛星

■Dr. Nick Begich:テキサス州(Earthpulse Flashpointsの編集者)(「articles in science」「politics and education」の著者)(expert witness before the EP, director of the Lay Institute of Technology)
・「これらの兵器(武器)は絶対的操作を得るために政府が欲するだろう」
・「これらは公共圏での論争である必要がある、なぜならこの技術は兵器(武器)技術または救命科学として用いることができるからである」
・「政府がこれらの事実を隠そうとしているなら、私達は大きな問題を抱えている」

■Jelena Blinnikova:物理学者:モスクワ:(2000年「The Russian Federation and the European Convention of Human Rights」のセミナー論文)
・「昨年の大部分の苦情(申し立て)は、無線電子技術により実現された、個人(その人格)に向けたテロ行為に反対する申し立てである」
・「今日、我々は生命の危機にさらされた被害者である、明日、これはあなたとあなたの子供の運命でもあるだろう」
(今日の我々の被害は、明日のあなたや子孫の運命である)

■Major I. Chernishev, Russian army, in Timothy L.Thomas, Lt-Col.:合衆国軍事学校:The Mind has no Firewall, Parameter:1998春
・「(それは)比類なき優位性を達成する(その)ような兵器(武器)をつくることが最優先(の状態)であることは完全に明らかである」

■Major-General Boris Ratnikov, Russian army, in Pravda, 08.14.2007, ロシアはゾンビへのサイコトロニクス兵器を有する(ゾンビ=ゾンビという儀式の概念による比喩)
・「数百キロメートル遠ざけれらた時でさえ頭が混乱した状態にできるジェネレーター(発生装置)」
・「彼らは人の行動(ふるまい)を操作(制御)でき、ひどく精神(心)を損ない、人を死に至らせさえする」
(drive people:駆り立て/追い立て/せざるをえなくする)
・「人々は人間への強い影響(衝撃)をあたえる、(本当に)計り知れない心因性(精神的)の脅迫を理解しなければならない」

※関連リンク
http://www.stripes.com/news/mom-ex-girlfriend-testify-in-ugbogu-case-1.87166(in Ugbogu case.‘Voices’)

■私の視点からは、この哲学的な新技術の行使(用途)は、「聖書にあるような人の堕落」に匹敵し、楽園からの追放に到達する
包括的な思考リーディングと精神(心)に影響を与える能力は人類を2つの陣営に分割する:それら少数の「神のような」人々、その人々はこれらの方法とこれら全ての使用が許されており使用でき、そしてその人々の自由であり、彼ら(被害者)の自由意志が奪われつつある
人生の様相のすべて、地球上の全ての団体(機関/法令)、それは自由に依存する、個人の自由意志は最も重大な危険にさらされ(活動に)適さなくなっている(機能を失っている)
この世紀の司法制度の大きな課題は、この技術の使用の封じ込めと悪用(乱用)の阻止に(本質的に)ある

これまで以上に、誰もがアクトン卿を思い起こすだろう:(「すべての権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する」ということ)
非常に多くの割合の犯罪、無遠慮な非殺傷兵器の恐るべき秘せられた戦争、民主主義と人権はここで今まさに起きている、道徳的なことはみなさんの監視の下にある

※Lord Acton:アクトン卿
「すべての権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する」 (Power tends to corrupt and absolute power corrupts absolutely.) という名言を残したことで(のみ)知られている。 (Letter to Mandell Creighton, April 1887)
英国の歴史家、自由主義的政治家(1834-1902)。本名はJohn Emerich Edward Dalberg Acton. 下院議員を勤めたほか、晩年はケンブリッジ大で近代史の教授を勤めた。ローマ法皇の無誤謬性という教説を批判し、キリスト教の再統一のために尽力した。

[記事引用:By Walter Madliger, Switzerland, Andreas Friedberger and Swetlana Schunin, Germany.]

Written by denjihajapan

2011/05/30 at 22:00

カテゴリー: テクノロジー犯罪

電磁兵器と人権

ELECTROMAGNETIC WEAPONS AND HUMAN RIGHTS (the 5th Symposium)
[4、公式否定、法律制定と秘密外交]

※関連リンク
http://www.non-lethal-weapons.com/(原文英語)
http://www.slavery.org.uk/WalterPaper.htm(原文英語)

■何年にもわたり、政府組織(組織としての)は否定または精神改変兵器(精神変化をもたらす武器)のコメントを拒否していた(避けていた)

※mindaltering weapons:精神改変兵器(精神変化をもたらす武器)

■現在少しは風が変わっている、政府の秘密情報部はこの30年以上前の技術の存在をもう否定していない、総合大学(や単科大学)の学長もまたそれを否定しない、その存在と使用の証拠(証言/根拠)のすべてはあまりに圧倒的である

■かなり前に(昔)、国家は公式オフィス(軍備管理(制限)と軍備縮小(解除)のためのオフィス)を設立している、ここで、この技術により生み出された問題は議論されており、国際的ソリューション(国際的解決)が熱望され注視された

■間違いなく国連はこの追求で指導的役割を引き受ける必要があるが、これらの努力の多くはまだ秘密厳守で(静かに)おおい隠されている

■2001年7月31日、ロシアは「Law on Weapons(兵器(武器)に関する法令)」の第6条の1つのポイントである第7項を公表した

■兵器(武器)や装置の生産と循環(流通)の禁止により、電磁放射する(電磁信号を発する)こと、光と熱と音響放射、どれも人間を(心身/健康/感情/名声など)傷つけることは施行される

■公式宣言はこのように読む:「ロシア連邦の基本的な方向づけの維持(メンテナンス)のため – 生活の防御や市民の健康や治安(公安)の保障や安全」どのような他の理由がこの決定に悪影響をおよぼしたとしても重要ではない(市民の生活や健康や安全が連邦の維持に不可欠)

■結果的にすぐこれらの刑法の改正案が生じた、そこで第221条の兵器(武器)が強制されることの法律やジェノサイド(民族/人種/国民などに対する計画的な大量虐殺)刑法の第355条と第356条に関する新しい申し立ては施行された

※genocide:ジェノサイド (ある人種・国民などに対する計画的な)集団[大量]虐殺、大量虐殺、集団殺害、民族抹殺

■科学者とこの改正法案の立案者、Sergei J. Voroshilovは非常に広範囲な新技術の説明をするのに、2002年9月にこの改正法案のコメントは公表されていた、それは大量破壊(殺人)の兵器(武器)としての能力であった

■この改正法案は刑務所の20年間の制裁措置を提供する

■それは国家のドゥーマ(議会)により批准(裁可)されておりプーチン大統領が署名した、しかしまだ公表されていない

■ブルガリアはロシアのような兵器(武器)の同様の法を持っていると言われている

■アメリカの政府は明示的に法律を希望しなかった

■連邦政府(いくつかの州)は電子と電磁兵器(武器)の火気の新しい基準の法律の制定を結果として余儀なくされた

■2003年のミシガン州、2004年のマサチューセッツ州、2005年のメイン州、おそらく2009年のミズーリ州とカンザス州、終身刑に至るまでの制裁措置に関して

■欧州連合もこの決議(正式な意思表明)の第27条で精神変質技術を告発した

■A4-0005/99、環境(社会的/文化的/精神的な環境)に関する決議、セキュリティと外交政策、
この決議で欧州連合はアラスカのHAARP(High Frequency Active Aurora Research Project)のような広大な無線設備(ラジオ施設)を大部分とした、ノルウェーのEISCAT(European Incoherent SCATter)レーダーとノボシビルスク市とクラスノヤルスク市の類似する設備、グリーンランド、キプロス島

※関連リンク
http://www.eiscat.se/(EISCAT)
http://polaris.nipr.ac.jp/~eiscat/(EISCAT Japan)
http://polaris.nipr.ac.jp/~eiscat/introduction.html(EISCATの概要)
http://polaris.nipr.ac.jp/~eiscat/EISCAT_outline.pdf(EISCAT_outline_PDF)
※日本は EISCAT(European Incoherent SCATter:欧州非干渉散乱)科学協会に1996年4月に加盟し、極域中間圏-熱圏-電離圏-磁気圏領域における国際共同観測・研究を積極的に推進しています、スヴァールバル諸島ロングイアビン (地理緯度:北緯78.2度、地理経度:東経16.1度)には EISCAT Svalbard Radar (ESR) が、スカンジナビア半島北部のトロムソ(ノルウェー、地理緯度:北緯69.6度、地理経度:東経 19.2度)、 キルナ(スウェーデン、地理緯度:北緯67.9度、地理経度:東経20.4度)、 ソダンキラ(フィンランド、地理緯度:北緯67.4度、地理経度:東経26.6度)には KST UHF レーダーが設置されています。さらにトロムソには VHFレーダーと電離圏加熱装置が設置されています。これらのレーダー群をEISCAT加盟国 (計7ヶ国)で運用しています

■彼らは広範囲(大規模領域)に影響をおよぼす同じタイプの技術に務めることができる

[記事引用:By Walter Madliger, Switzerland, Andreas Friedberger and Swetlana Schunin, Germany.]

Written by denjihajapan

2011/05/30 at 21:57

カテゴリー: テクノロジー犯罪

電磁兵器と人権

ELECTROMAGNETIC WEAPONS AND HUMAN RIGHTS (the 5th Symposium)
[3、指向性エネルギー兵器の効果]

※関連リンク
http://www.non-lethal-weapons.com/(原文英語)
http://www.slavery.org.uk/WalterPaper.htm(原文英語)

■これらの兵器(武器)の致死的で物理的に非常にいちじるしく(強く)無能力にする効果は慎重な検討はされず、彼らの資格(ふさわしいかどうか)もまた、大量破壊(mass destruction)兵器(武器)と同様に検討されない

■非合意の実験の生存者(生き残った者)と実験者自身のみがこれら異なる効果の見解を伝えることができる

■どんな(人体実験の)被害者の個々の経験談も、これらの手段による耐え難く(耐えられない)・恐ろしく・野蛮で残忍、非常な苦痛苦悩(拷問)と(彼らは)声をそろえただろう

■彼らは精神と身体の能力を無能(無力)にし、多くの苦痛を引き起こす「電子強制(研究)収容所や精神的奴隷(制度)」について話す

■ロシアの科学者やモスクワの政治家( J.J.Leonov from Moscow, Boris Ratnikov, or Timothy L. Thomas, Prof. Dr. M. A. Persinger, Jelena Blinnikova, Prof. Dr. Igor  Smirnov, Carole Smith, John McMurtrey, or Dr. Robert Becker )によれば、この「テクノトロニック、エレクトロニック・デリリウム(科学的、電子的精神錯乱)」は、どんな人間にも強制することができる

※delirium:譫妄(せんもう)状態、精神錯乱、うわごと

■誰かの不意なことの他は(突発的なこと以外は)、心身の個人的支配におけるコマンド(命令)である

■これは想像できるかぎりプライバシーを最大限に侵害する構成要素となり、人間は最も大切にしてきた最も貴重で価値のあるものを奪われた:自由、自由意志、二度と自らの運命の主体者(主体的)になれない、したがってもはや行動への責任もない

■これら認識にかかわる兵器(武器)は、全ての人間感覚に猛威をふるい、間違った方向に導く(堕落させる):被害者は彼らの頭の中の声(複数の声)や音響に苦しんでいる、眼を閉じた状態か寝ている状態で彼らは人工的な写真や映画のような鮮やかな夢に耐えることを余儀なくされる、又は、新聞からのような無限の文書に読むように無理強いされる、彼らは匂いや悪臭(臭覚)の幻覚(妄想)に苦しむ、(彼らの)味覚が変えられる、(彼らは)触られている感覚がある

※The victims are suffering from voices and sounds in their heads
※関連リンク
http://www.stripes.com/news/mom-ex-girlfriend-testify-in-ugbogu-case-1.87166(in Ugbogu case.‘Voices’)

■身体各所の様々な苦痛(身体的な痛み)は共通であることはもちろん、望んでいない性的興奮があり、方向感覚の喪失や眩暈(めまい)もある

※sexual arousal:性的刺激、性的興奮、性的行動の前段階として性欲が高まること
※disorientation:方向感覚の喪失、失見当識、見当識障害
※vertigo:回転性めまい、めまい、眩暈、眩暈症、めまい症

■睡眠妨害(断眠)または瞬間睡眠(急激な睡魔)の導入(誘導)は、精神的操作の前兆現象でもある

※sleep deprivation:断眠、睡眠妨害、睡眠遮断
※telltale signs:前兆現象

■彼らの身体のあらゆる筋肉は任意に活性化・収縮することができる(される)、筋攣縮(単収縮)または筋痙攣(けいれん)も定期的に報告されている

※muscle twitching:筋攣縮、筋れん縮、筋痙攣
※muscle cramps:筋痙攣

■全ての感情の模倣(擬態)またはクローニングは、精神(心理)操作者の好んだ活動の1つである

■主に睡眠中に特定の生活期間への記憶を消すことができ間違った記憶を植えつけられることが可能である

■もちろん、催眠術(状態)または説明のできないサブリミナル(不可解で意識にのぼらない)で届けられ引き起こされる無数の状態(コンディション)をつくり出すことが可能である、身体または精神的な疾患の兆候は、非論理的で悪魔のように非道なオペレータの強制的なふるまいには制限がない、被害者に(くっつき)年がら年中、明けても暮れても実施された

■これらのオペレータは Dr. Joseph Mengele または Sr. Thomas de Torquemada ぐらい高慢でなければならない

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AC(Joseph Mengele)
http://www.google.co.jp/search?q=Joseph+Mengele&hl=ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja:official&channel=s&biw=1024&bih=559&prmd=ivns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=xFnjTYPgEoOSuAOK-8X5Bg&ved=0CDgQsAQ(画像群)

■知らされていない者と多くの知識を持つ精神科医はもちろん、被害者を精神異常者か統合失調症(精神分裂病)と診断する

■しかし、こうも知られている、40歳未満の者は精神病者(精神異常者)といつも診断される、またそれはマインドコントロール被害者がいつも診断される諸症状の多数の精神疾患(の1つとされる)であり、医学的な言葉で述べられる状態である(医学的な言葉で話された場合の被害者の状態としても知られている)

■当然、被害者の人生は、完全に混乱に取り付かれている、遅かれ早かれめちゃくちゃであり、時にそれは価値の無い暮らし方である(生きていないに値する)

■被害者は非常に頻繁に仕事と収入・家族や友人を失う、社会的にとても人目につくかホームレスと同様になっており、多くの法律と健康問題を示す

■非常に多くの被害者の虐待(人権侵害)は、住居侵入(強盗)や自動車強盗(車上強盗)が伴い、少しも貴重品がなくとも盗難されつつある、そして、この全ての犯人は、責任をとるために呼び出されもしない

■人間の尊厳といえば:誰が被害者の健康への後難(影響)状態や社会の法律(法的な要求)を引き受けるのであろうか

■優秀な、新技術の用途(使い道)は、それが政府による非道な行為の束縛をとくのに(それが国民の怒りを解放に)必要なすべてがある、不穏で変動の国家組織に反対し、市民が技術について包容的で包括的に通知されたなら、彼らは民間人と軍事利用(用途)に対し計画されたあらゆることについて知る

■完成された拷問にかける(非常な苦痛をあたえる)技術は、現在いたるところで適用(実施)されている、それは、敵対的監視と市民への強制的な行動変容をもたらし(ているように)、自国の平和は促進されないだろう

※behavior modification:(適応行動を増加させる治療法)行動変容, 行動変容法, 行動修正

■この技術のアプリケーションは、世界人権宣言(UDHR)と欧州人権条約(ECHR)の最も根本的(重要)な原則(原理)が(公式に)述べる全てに、まったくの正反対である:この技術により犯した犯罪は刑事上の法令により起訴(告訴)される必要がある

※application:アプリケーション:ユーザーの具体的用途に適合した処理を行なうプログラム

■S.C.思考リーディング(読心術)と想定されるこの技術の性能(能力)が一般の人々に確認(認識)されつつあるなら、この情報は我々の社会へ論争をおこすほどの力を含むだろう、主要(大き)な変化はかなり急速な発生に結び付られる

※thought reading:読心術:思考リーディング

■人々から暗愚が維持されるべく(一般に隠しておくべく)継続する技術の、健康と生活の将来性を除いたら、国民の(社会的)不安も(当然のこととして)予期されるだろう

[記事引用:By Walter Madliger, Switzerland, Andreas Friedberger and Swetlana Schunin, Germany.]

Written by denjihajapan

2011/05/30 at 21:50

カテゴリー: テクノロジー犯罪

電磁兵器と人権

ELECTROMAGNETIC WEAPONS AND HUMAN RIGHTS (the 5th Symposium)
[2、人権の普遍的宣言(世界人権宣言)とニュルンベルクコード]

※関連リンク
http://www.non-lethal-weapons.com/(原文英語)
http://www.slavery.org.uk/WalterPaper.htm(原文英語)

■国連の人権の普遍的宣言(世界人権宣言:UDHR)は、60周年を記念した、このすべての人のマグナカルタ(権利を保障する憲章)は慣習法の一部であり、(欧州評議会の全ての加盟国により批准(裁可)された、1950年の人権の欧州条約(欧州人権条約:ECHR)の中で)世界中の約80の法的拘束力のある国際および国内条約に導いた

※関連リンク
http://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=jpn(Universal Declaration of Human Rights:世界人権宣言)

※The United Nations’Universal Declaration of Human Rights:UDHR:世界人権宣言
※European Convention of Human Rights:ECHR:欧州人権条約
※Magna Carta:大憲章、マグナカルタ(1215年英国のJohn王が人民の権利と自由を保証したもの:英国憲法の基礎)権利を保障する憲章

■国際人道法(IHL:the International Humanitarian Law)も、(1949年のジュネーブ条約や1977年の(この)追加議定書(条約案)も)世界人権宣言により触発された、ジュネーブ条約は194カ国で批准されているにもかかわらず、全ての加盟国が(アメリカ、イスラエル、アフガニスタン、イラン、イラクの間で)追加議定書(条約)に批准してはいない

※IHL(International Humanitarian Law):国際人道法

■人間も含めた全ての生きている動物の精神と身体に行う、指向性エネルギー(DE)兵器、大部分はEMFと音響兵器

■多くの名称で呼ばれている:心理物理学的兵器、情報戦の武器、神経学的手段、情報操作手段、サイコトロニック(精神工学)兵器、リモートニューラルモニタリング(遠隔神経監視)の手段、認知兵器、アクティブ・ディナイアル・システム、電子戦争兵器、神経言語プログラミングの手段、行動変更のための手段、精神侵略兵器、マインドコントロールと電子ハラスメント兵器、影響技術の手段、コンピュータ化された洗脳機械、ゾンビにする機器(生ける屍にする機器)、精神的・肉体的な病気を人工的に引起す(誘発する)、敵対的監視の手段、人間を電気的に撃退する装置、大量破壊兵器

※関連リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0(Active Denial System : ADS)

■赤十字国際委員会(ICRC)によれば、これらの兵器(装置)の使用は、どうもジュネーブ条約の第3条に違反する可能性と(ロンドンの著名な者によれば)1977年の最初(第1回目)の追加議定書の第36条と第35条-第2項にもふれている(the s.c. Sirus-article.)

※ICRC(International Committee of the Red Cross):赤十字国際委員会

■拷問に反対する欧州と国連の条約は、すべての顕著な国により批准(正式に承認)されている

■この兵器の新しい分類は、(言うまでもなく)当然そのような実験(人体実験方法)に同意(承諾)していなかった、知らされていない人間で(知らせずに)実験される必要があった

■人体実験(人を対象とする実験法)への(道徳的な行為)指針のニュルンベルクコードは、慣習法と世界人権宣言の一部である

■ニュルンベルク軍事法廷による、戦争犯罪者のニュルンベルク裁判の後に一般的に採用されている、10項目のコードである

※the Nuremberg Military Tribunals:ニュルンベルク軍事法廷
※the Nuremberg Trials:ニュルンベルク裁判
※war criminals:戦争犯罪人、戦犯

■しかし、多くの国の機関は、優れた機能と新兵器の特質により(悪事に)誘われている:彼らは、完全(絶対)に音を出さず目に見えない、光または音のスピード(光速か音速)で行う、生物学的標的(ターゲット)にほとんど痕跡を残さない(と言ってもいい)、ほとんどどんな障害物でも貫通(浸透)でき、同時にそれは効果的(有効)なシールド法の開発が困難であることを証明する(効果のある遮蔽の開発が難しいことの証である)
彼らは隠れた場所(秘密の場所、隠蔽できる場所)や遠方(離れた所)から搬送(配信)することができる
唯一の民間人(一般)と電磁技術の平和利用とに入り混ぜた(一緒にされた)至上の総合監視ツールでありそれ以上でもある

■彼らは侵略者(加害者)に理想的な兵器(武器)の特徴(特性)の全てを示すが、防御にも役立てることができる

[記事引用:By Walter Madliger, Switzerland, Andreas Friedberger and Swetlana Schunin, Germany.]

Written by denjihajapan

2011/05/30 at 21:46

カテゴリー: テクノロジー犯罪